部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

あなたの“やさしさ”をお届けください!

2017年10月12日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。

平成29年第3回箕面市議会定例会での「一般質問」が
10月6日、10日、11日と3日間に亘って行われました。
健康福祉部関連では、高齢者施策を中心に、
健康長寿や介護予防・認知症対策など4件の質疑が交わされました。

今年度は、第7期箕面市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画の策定年度でもあり、ご質問内容をしっかりと受け止め、計画に盛り込むべきは盛り込んでいかなければと、身の引き締まる思いです。


さて、今年も10月から「赤い羽根」の共同募金が始まりました。
「赤い羽根」共同募金は、昭和22(1947)年に始まり、今年70年を迎えました。
当初は、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に資金支援する活動としての機能を果たし、その後、「社会福祉事業法(平成12年社会福祉法に改正)」という法律をもとに「民間の社会福祉の推進」に向けて、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。
そして70年たった今、社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として、共同募金は市民主体の運動として進められています。

        

 

共同募金の歴史

昔、スイスの小さな村で、1人の牧師が、生活に困っている人や病人、高齢者を助けるために道端の木に「与えよ、取れよ」と書いた箱をつるしておきました。
これを見た村人の中で、多少とも余裕のある人は、その箱の中にいくらかのお金を入れ、困っている人は、箱の中から必要なだけお金を取っていきました。
この「たすけあいのこころ」が共同募金のルーツ、赤い羽根募金の始まりと言われています。
日本では、大正10(1921)年に、長崎県(長崎県社会事業協会)で、日本で初めて共同募金運動が行われました。
その後、月日は流れ、第二次世界大戦後の昭和22(1947)年に、民間の社会福祉活動を資金面で支える「国民たすけあい運動」として赤い羽根共同募金が、全国的に始まりました。


共同募金の目的は?


「共同募金」は、都道府県を単位として、全国一斉に行う寄付金募集で、都道府県ごとの地域福祉の推進を図るため、社会福祉事業・更生保護事業を行う民間福祉施設・団体等の活動を資金面で支援することを目的として実施しています。


募金の期間は?


10月1日から12月31日までの3か月とされています。

        (今年の記念バッジとロゴマーク)

実施主体は?


共同募金の実施主体は、都道府県単位に組織された「共同募金会」です。
その地域の民意を公正に反映できるように、各界から選ばれた理事、評議員、配分委員会が設置されており、募金配分の申請内容を承認し、配分計画をたて、寄付金が集まった後に、配分案の決定を行います。

大阪府では、市町村ごとにも地区共同募金会を設置し、互いに協力して募金活動を進めています。

箕面市では、社会福祉協議会、・地区福祉会をはじめ、高齢・障害・母子父子・介護者・更生保護・献血・戦没者遺族・赤十字・青少年・こども会・スカウト・早起き歩こう会・保護司・民生委員・児童委員などの団体・グループや、各自治会、商店、企業、病院、保育所・幼稚園・学校や児童会、生徒会、行政機関など、実にたくさんの皆さまが、10月から募金活動を進めておられます。
関係者のご尽力に、ほんとうに頭が下がる思いです。

     (共同募金のキャラクター)

募金の使いみちは?


皆さんから寄せられた募金の使いみちは、集めた地域で使われます。
箕面市の皆さまから寄せられた募金は、大阪府内と箕面市内の翌年度の民間福祉活動を支援するために使われ、計画的に大阪府と箕面市内の身近な「福祉」のために役立てられています。
具体的には、平成28年度の赤い羽根共同募金活動では、5,675,803円が、箕面市内の社会福祉活動として、「ひとり暮らし老人愛の訪問運動事業」や、「福祉団体等活動助成」などに使われました。

共同募金の使いみちについては、「赤い羽根データーベースはねっと」で公表されています。
なお、箕面市内での共同募金の使いみちは、こちらをご覧ください。


赤い羽根共同募金は、「じぶんの町を良くするしくみ」です。
一人ひとりのやさしさが、
箕面のまちを、もっと、やさしくしてくれます。
この住むまちが好き、ずっと住み続けたい。
そんな気持ちを、ささえるしくみが赤い羽根です。

あなたのやさしさ、心遣いが、
周りのひとをつなぐきっかけとなり、
このまちをより良くしていく、
大切な一歩となります。

箕面市がもっと、もっと人にやさしい良いまちになりますように。
今年も、皆さまの暖かいご協力を、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

10月22日(日曜日)は、
第48回衆議院議員総選挙・ 最高裁判所裁判官国民審査の投票日です。
必ず投票しましょう。


 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。
 滝ノ道ゆずるは、6年連続で大阪1位を獲得しており、有名企業とコラボしたり、数々のイベントに参加したりと活躍の場を広げています。箕面市を広くPRするため、グランプリでの日本一を目指していますので、市民のみなさまの投票、応援をよろしくお願いします。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残暑?!来年度の予算編成作... | トップ | 山とみどりのフェスティバル »
最近の画像もっと見る

健康福祉部」カテゴリの最新記事