部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

-マイナンバーカードの利用-

2017年02月10日 | 総務部

 総務部の宇治野清隆です。
 この冬の寒暖の差は例年に比べ大きいように感じるのは僕だけでしょうか。インフルエンザの流行期も当分の間続きそうですが、僕は幸いにも昨年からこれまで体調を崩さずに来ています。また、杉花粉も飛び始めているようなので、体調管理に気をつけましょう。
 昨日、昼から降り始めた雪が箕面の山を覆い、水墨画のような風景になっています。
 

 前回のブログで報告していた今年、私生活で目標とする「体力増進」ですが、2月からスポーツジムに行っています。と言ってもまだ2回しか行けてませんが、ひとまず実行できました。

- 番 -
 平成27年10月にマイナンバー法が施行され、平成28年1月から利用が開始されました。既に皆さんのお手元には「マイナンバー」(個人番号)の「通知カード」が届いたと思いますが、あれから1年程が経ちます。その後、「マイナンバーカード」(個人番号カード)を申請され、所持されているかたもおられますが、箕面市民でこれまでに「マイナンバーカード」を申請され件数は、約1万7千8百件です。

 マイナンバー制度が開始されてから1年以上経ち、今更どんな制度だったか聞きづらいし、マイナンバー制度についてもう一度聞きたいかたもおられると思いますので、再度、基本的な制度内容と今後、どのような利用方法が始まるのか紹介します。

★ マイナンバー制度とはどんな制度?
 年金などの社会保障や税制度など、複数の行政機関で存在する個人の情報が同一人の情報かどうかを確認し、情報の正確な照合により行政手続きを効率化し、利便性を高め、災害対策にも活用されます。
 また、脱税や行政サービスの不正受給を防止し、本当に困っているかたに支援ができる公平・公正な社会を築くための制度です。

★ マイナンバーとは何なの?
 正式には「個人番号」と言います。12桁の番号で国民一人ひとりに個別に指定されたその人だけの番号で、平成27年10月以降に全住民に「通知カード」として郵送通知されています。

★ 「通知カード」と「マイナンバーカード」はどう違うの?
 「通知カード」は、住民票のある方全員に12桁の「マイナンバー」を通知するもので、有効期限は有りませんが身分証明書にはならないので、このカードで行政手続きをする場合は、このカードと別に運転免許証やパスポートなど、本人を確認するものが必要となります。

 

 「マイナンバーカード」は、申請をしないと交付されません。
 申請の手続きは、郵送された「通知カード」の下部に交付申請書が付いていて、顔写真を同封して申請書を郵送すると交付されます。なお、インターネットでの申請も可能です。

 「マイナンバーカード」は、顔写真付きの身分証明書にもなるので、本人が行政手続きをする場合は、このカードだけで手続きができます。
 なお、有効期限が10年(20歳未満は5年)となっていますので、有効期限毎に更新が必要となります。

★ 何に利用できるの?
 利用は、法律で制限されていてます。

★ 今後、この制度でどんなサービスが利用できるの?
 「マイナンバーカード」には、「ICチップ」が標準搭載されていて、この中に新たに必要なシステムを入れることで様々なサービスが考えられます。
 箕面市では、平成29年1月からマイナンバーカードを利用して全国のコンビニエンスストアで住民票の写し、印鑑登録証明書と課税証明書の3種類の証明書を短時間で取得でき、発行手数料も市役所の窓口交付より1件につき100円安い、200円で取得できます。
 

   詳しくは、 http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/point/
 今年の7月以降には、市役所などの行政機関にも市民が利用できるシステム端末機が設置される予定です。
 インターネットで自分の必要とする情報の受け取りや利用状況を確認することができるマイナポータルというサービスが開始されます。
 多くの自治体でも近い将来、図書館カードや健康保険証、予防接種情報の提供など多くの機能の利用拡大が想定されています。

★ 注意すべき点は何かある?
 先に述べたように、マイナンバーの利用範囲やデータ管理は法律で厳しく規定されています。
 国や税務署、市役所などから電話で「マイナンバー」(個人番号)や口座番号、暗証番号、所得、資産の状況、家族構成や年金・保険の情報を聞いたりすることはありません。
 また、マイナンバー制度での金銭やキャッシュカード、ATMの操作を要求することも一切ありませんので、不正な勧誘や詐欺にはくれぐれも注意してください。

 「マイナンバーカード」をまだお持ちでないかたは、この機会にぜひ申請をしてください。

 箕面市のマイナンバー制度に関する情報は下記のホームページでご案内しています。
 http://www.city.minoh.lg.jp/kurashi/mynumber/index.html

 「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーサー・ビジットはじまる... | トップ | ご利用お待ちしています!「... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む