部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

シニア世代の憩いと健康づくりの場が充実!

2017年04月14日 | 健康福祉部

こんにちは。健康福祉部の大橋です。
4月に入り、多くのかたが進学や就職人生の新たなスタートを切られたことでしょう。
市役所でも、新人職員が配属され、人事異動もあり新たな体制で新年度をスタートしました。

みのおライフプラザでは、1階アトリウムでのラジオ体操で1日のスタートを切っています。
このラジオ体操、当初は職員数人で始めましたが、今ではご近所にお住いの方々も参加してくださり、毎朝30人を超す賑わいとなっています。

     

“春眠暁を覚えず”ではないですが、春の眠り心地良さに、つい寝過ごしてしまいそうになりますが、朝一番体を動かし、シャキッとして1日をスタートさせるのは気持ちの良いものです。
ちなみに、ラジオ体操は市内21カ所で行われていますので、皆さんも参加し、1日をスタートしてみませんか。(各地域のラジオ体操会場と時間はこちらをご覧ください。)


新たな高齢者の「通いの場」がスタート!

市内で特別養護老人ホームなどの介護保険サービスを行っている社会福祉法人の「ひじり福祉会」と「翠明社」の2法人が、新たな高齢者の憩いの場を整備されました。

「ミュージックセラピーハウス」
    (場所:稲6-11-20 問い合わせ:072-726-7700)

社会福祉法人 ひじり福祉会では、特別養護老人ホーム 紅葉の郷内に「ミュージックセラピーハウス」を立ち上げられました。

         

このハウスでは、ミュージックセラピーを目的として歌声喫茶やコンサート、大型スクリーンとサラウンドスピーカーによる映画鑑賞会やカラオケなど、音楽を通じた介護予防事業を展開されます。
また、1階ロビーには音響設備を充実され、コンサートを開催されています。(お話によると理事長がギター、理事長の奥様がピアノでセッションされるとか。)

   
急な訪問にもかかわらず、安達理事長さんと奥様にご案内いただき、丁寧なご説明、本当に感謝です。

「てりは包(つつむ)カフェ」
   (場所:桜井1-13-22 問い合わせ:072-725-7029)
社会福祉法人 翠明社では、北部・西南高齢者くらしサポート(箕面市北部・西南地域包括支援センター)内に高齢者の方々が寛いで過ごすことができる「居場所」として、また高齢者の暮らしに役立つ地域の情報が「行き交う場所」として、地域に包まれるカフェ、ひとりひとりを包むカフェをコンセプトに、「てりは包(つつむ)カフェ」立ち上げられました。

         

カフェコーナーでは、コーヒーや紅茶など温かい飲み物やお菓子が楽しめ、展示スペースでは、絵画や手芸品の作品展示が行えます。
また、サークル活動や会議などにも利用できるとのことです。(ただし、有料です。)

   


稲ふれあいセンターがリニューアル!
稲ふれあいセンターでは、昨年度、大阪大学医学部のご協力の下、パワープレートを設置し、運動習慣のない高齢者の方々を対象に、介護予防の実証研究を行いました。
実証研究の結果、パワープレートによる体幹機能や下肢機能の向上効果が得られました。
そこで、健康増進室にパワープレートを2台設置しました。

         

パワープレートとは、規則正しい3次元振動で体を刺激し、筋肉や神経、骨や関節に作用する加速度トレーニングマシンのことです。
スクワットやランニングなど体にしんどいことをせずとも、パワープレートに正しく乗るだけでトレーニング効果が得られます。

パワープレートに乗り、いろいろなポーズを30秒間とることで、筋肉は筋線維が太く大きくなり、ストレッチ効果があり、神経を刺激することで、筋肉を効率よく使えるようになり、姿勢を保つバランス能力が向上するそうです。
また、骨に刺激を与えることで、骨を作る細胞が活発になり、骨量が増えるそうです。

パワープレートのご利用は、利用登録制となっていますので、健康福祉部高齢福祉室までお問い合わせください。(問い合わせ先072-727-9521)

さらに、大阪ガスグループ小さな灯運動様からご寄贈いただいた健康器具(リカンベントバイクとステップウェル)と、ゲーム感覚で反射神経や動体視力を鍛える機械などを設置するとともに、運動がしやすいよう壁に鏡を整備するなど施設・設備の充実を行いました。

   

また、2階ロビーを活用し、書棚を設置し、寛ぎながら読書したり、健康教室や交流サロンの開催ができる空間を整備しました。

   

新たに整備・リニューアルされたこれらの施設は、国の「介護予防・生活拠点整備及び開設準備支援事業」を活用して行われました。
シニア世代の皆様にご活用いただき、介護予防や健康増進はもとより、仲間づくりの場としてご活用いただければ幸いです。


感 謝 !

大阪ガスグループでは、企業の社会貢献活動として、"小さな灯”運動を1981年から取り組まれており、社員自らが企画し、活動を続けられています。
この度、大阪ガスグループ小さな灯運動様から、箕面市に対し、シニア世代の健康増進に活用してほしいと、健康器具(リカンベントバイクとステップウェル)をご寄贈頂きました。

   

早速、リニューアルした稲ふれあいセンターの機能訓練室に設置させていただきました。
大阪ガスグループの取組に敬意を表しますとともに、心から感謝申し上げます。


 

 

 

箕面市では、201741日(土曜日)から2017731日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 進学などで引っ越しをされた... | トップ | 公園等の美化活動に参加しま... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む