部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

地味に支える 私たちは間接部門

2017年04月21日 | 監査委員事務局・公平委員会事務局

みなさん、こんにちは。
監査委員事務局長 兼 公平委員会事務局長の稲野文雄です。
部長ブログ初登場です。
日頃は堅苦しくみられるので、せめてブログは軽くして、
ときにはクスッと笑ってもらえるようにしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

 

春らんまん、爽やかな季節になってきました。
市役所別館前の八重桜が青空に映えてきれいです。


間接の中の間接

さて、「管理部門」という言葉をご存知でしょうか。
人事、会計、財政、契約、法制などの部署をいいます。
民間企業ではこれを「間接部門」ということが多いようですね。
営業、開発、製造などの売上・利益を上げる部署が「直接」、
それを支える総務、人事、経理などの部署が「間接」。
市役所では管理部門に対する「事業原課」「原課(部)」があります。

私は管理部門の「管理」に以前から違和感を覚えてきました。
「管理する側」に対して「管理される側」があるので、
上下関係にあるかのような印象を持ってしまいますから。
しかし、実際の管理部門の業務は「縁の下の力持ち」。
事業原課を支える地味な役割なので、「間接部門」の方がしっくりきます。
窓口や市内現地で市民や事業者のみなさんと直接対応して
さまざまな事業を行うのが「直接部門」。
これもまた「誰に向かって仕事してるのか」がはっきりするので
自分の感性に合います。

私が所管する監査委員事務局は、2名の監査委員の指揮のもとで
監査委員が行う監査の補助をすることが役目です。
監査は、直接部門はもとより、総務部などの間接部門も対象にして、
事務が適正・効率的に行われているかなどをチェックするので、
もっと間接になります。


「カンセツ技」、見せます

そんな私たち監査委員事務局の4月最初のお仕事といえば、
前年度に行った定期監査の結果報告。
今回も監査委員が市長に結果報告書(→こちら)を提出しました。
各部局の事務事業について指摘したり検討を求めたりする内容です。
間接部門がくりだす「間接技」というところでしょうか。

実際の格闘技の関節技は、体格差や体力に劣っていても有効な技の
ようですね。きめられると痛いしギブアップもあります。
とはいえ、監査結果を出して各部局がギブアップされると困ります。
指摘事項をふまえ、事務を改善したり、より合理的で有効性の高い
事業の展開につながることが本旨なのですから。
その点、こちらが心配しなくても各部局は大丈夫だと思います。


地味にスゴイと言われるように

昨年10月から12月のクールに「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」
というドラマ(日本テレビ)がありました。
雑誌社の華やかな編集部を希望したのに地味な校閲部に配属になった
石原さとみさん扮する新入社員の河野悦子が活躍するドラマです。
ご覧になった方も多いと思います。
監査委員事務局はというと、地味は地味でもスゴイとは言われません。

私が1年前に当事務局に配属されたとき、ここは難しいと思いました。
全部局が監査対象ですから、その事務内容がわからないといけません。
契約などの正しい取扱い(ルール)を理解していないと指摘ができません。
さらに、専門的な手法を学ばないと監査委員の監査の質に影響し・・・
結局、監査対象部局を間接的に支える力をつける必要があると思います。
自分でこう書いていて、あらためて勉強の必要性を感じています。
いつの日か対象部局の職員からスゴイと言われるようでありたいですね。


ただいま準備中

定期監査を報告した後は、北大阪、大阪府、近畿、全国の各市の監査委員で
構成する連絡組織の総会・研修会が続きます。
これらの会は、研修の講義で勉強できる場であり、他市の取組の情報を得られる
いい機会でもあります。
このうち近畿地区の総会・研修会を本市が開催することになっており、
5月26日にメイプルホールで行います。300人以上来場する予定です。
(構成市の監査委員だけの会合で、市民のみなさんは入場できません。)

     (上の写真は昨年度に神戸市で行われた総会の様子)

現在、当事務局が他部署や北大阪他6市の監査事務局から協力を得ながら
会長の和歌山市さんとともに着々と開催準備を進めています。
開催当日のお昼どき、箕面駅前付近をクールビズの小グループがぞろぞろいたら、
それはきっと総会出席者。
仕事とはいえ、せっかく本市に来ていただくからには、
少しでも箕面の良さを感じていただけたらと思い、箕面営業室に相談しています。


まちで見つけた1枚

牧落駅付近の道端で色鮮やかに咲く花を見つけました。
駅を利用する人や通学する子どもたちなど通行人の目を和ませています。

「市民自主管理活動支援制度」の小さな立札があります。
市民の方が花の世話をされているようですね。
いつもありがとうございます。
まちのたたずまいが良くなり、まちの魅力がアップするように思います。
そんな活動をしている方たちが「地味にスゴイ」のではないでしょうか。

 

 
箕面市では、201741日(土曜日)から2017731日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら♯7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はじめまして 三代目 地域... | トップ | 今年度も上下水道の調査・工... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む