部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

- これからの暑さ、適切に対応しましょう -

2017年06月30日 | 総務部

 総務部の宇治野清隆です。
 6月も今日で終わり、平成29年(2017年)も半年過ぎました。
 今年、大阪府北部では梅雨に入ってから晴れの日が続き、あまり雨が降らず水不足が心配な状況でした。今週半ばから梅雨らしい天候となっていますが、それでも雨量は少ない状況です。



(今朝の天気図) 

 今日は未明から激しい雷雨になりました。今朝の天気図は梅雨前線が近畿地方にかかっています。これから7月中旬にかけて梅雨の後半となり、局地的な豪雨にも注意が必要です。

(雨中のアジサイの花)

- 涼 -
 夏期になると市役所庁舎内にも冷房が入ります。室内温度は環境省の推奨する摂氏28度になるように、庁舎管理担当者が定期的に室内温度を確認しています。



(本庁地下の設備室の室温管理)


 これも地球温暖化防止対策の一つとして、エネルギー(二酸化炭素)の排出量削減の一環で、官公庁や企業のオフィスなどで行われています。そこで、企業や官公庁の事務職員はノーネクタイで開襟シャツ、上着の着用をしない、「クールビズ」(Cool Biz)を推進しています。

 この「クールビズ」はいつ頃から始まったか覚えていますか。これは平成17年(2005年)に当時の小泉総理大臣が「夏場の軽装による冷房の節約」を提言されたことから始まりました。

 次に「クールビズ」という言葉ですが、これは英語の「Cool」と「Business」を併せて短縮した言葉で、当時の新語・流行語大賞のトップテンに選ばれています。

 今年で13年目となる「クールビズ」、夏の暑さは13年前と比べると厳しくなっていると感じませんか。環境省が想定する「クールビズ」の期間は当初6月1日~9月30日でしたが、平成23年(2011年)に発生した東日本大震災での原子力発電所の事故による電力不足を考慮し、官公庁などでは5月1日から10月31日に期間が延長され今年も続けられています。
 また、環境省は、6月1日から9月30日の間にスーパークールビズと称して更に軽装する期間と設定しています。


(クールビズとスーパークールビズの服装のガイドライン)

 関西広域連合でも同様の期間で「クールビズ」を実施しており、箕面市役所の「クールビズ」期間も5月1日から10月31日としています。「クールビズ」は単にネクタイを外すだけでなく、クール(涼しく、カッコよく)にしたいものですね。 

 「クールビズ」でも真夏に外出から庁舎に入った直後は涼しく感じるのですが、しばらくすると暑くなります。
 ある雑誌の記事に、政府関係会議の席で「設定温度の摂氏28度には科学的知見があるのか」との質問があったそうですが、その答えは「根拠はある。クールビズを始めた当時のオフィスの室温が26度で、ネクタイの有無で体感温度が2度変わるとの研究結果を元にしている」との説明があったそうです。


◆ 温熱環境を一定にできる人工気候室での実験で、室内温度26度、27度、28度の時に「軽装」の被験者による温熱感申告と同温度条件での「スーツ」の被験者による申告を比較(グラフは被験者申告の平均値)したものです。実験の結果、26度下での「スーツ」の被験者と28度下での「軽装」の被験者の温熱感はほぼ同じとなったとのことです。

 環境省では、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」及び労働安全衛生法の「事務所衛生基準規則」で定められた室温設定の範囲(17度以上28度以下)に基づいて、“冷房時の室温28度”を呼び掛けているとのことです。

 官公庁やビジネスオフィスなどでは、環境省の推奨する室内温度に設定するようしていますが、近年は異常な高温となることもあります。人によって感じる温度は異なります。

 「28度」という数値はあくまで目安で、必ず「28度」でなければいけないということではなく、冷房時の外気温や湿度、「西日が入る」などの立地や空調施設の種類などの建物の状況、室内にいる方の体調等を考慮しながら、無理のない範囲で冷やし過ぎない室温管理の取り組みをお願いするものです。
 特に高齢者や赤ちゃんのいるご家庭では、適度にエアコンを使い、室温にかかわらず快適な環境を保つことが大切です。

(COOL CHOICEのイメージキャラクター)

 今年、環境省では低炭素型の「製品」、「サービス」、「ライフスタイル」など、地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を関係省庁や様々な企業・団体・自治体等と連携しながら推進しています。上のイメージキャラクター、結構思い切ったイメージですね。

 これからの季節、特にこまめに水分補給をして、くれぐれも熱中症にならないように注意し、少しでも快適にこの夏を乗り切りましょう。


 
箕面市では、2017年4月1日(土曜日)から2017年7月31日(月曜日)まで、「病気やけが、何かあったら#7119救急安心センターおおさかへ!」を統一キャンペーンとして実施中です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北摂地区7市3町で、図書館の... | トップ | 集い、交わり、楽しむシニア... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む