部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

国宝級の至宝(中尊寺経(紺紙金銀字交書一切経))を特別公開!!900年の時を超えて、再び黄金の輝きを取り戻した貴重な至宝をぜひにご覧ください。

2016年10月12日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは。子ども未来創造局担当部長(生涯学習担当)・人権文化部長の浜田です。

お出かけには絶好の季節到来。郷土資料館では、中尊寺経の特別公開を開催しています。
また、これから行われる催しを中心にお伝えしますので、こぞって参加ください。


◆国宝級の至宝(中尊寺経(紺紙金銀字交書一切経))を特別公開!!
郷土資料館では、瀧安寺が所蔵する中尊寺経(紺紙金銀字交書一切経)の一部修復が完了したことを受け、特別公開を行っています。

箕面の至宝 瀧安寺所蔵『中尊寺経』特別公開を10月7日(金曜日)から12月11日(日曜日)まで開催しています。国宝級の至宝をまじかに、ゆっくり見るチャンスです。
また、修復の経過資料や修復道具など普段目にしない資料も展示しています。
この機会にこの貴重な箕面の文化財を直にご覧ください。

 

「中尊寺経」は、箕面山瀧安寺に古くから伝わるものです。そもそも奥州藤原氏が岩手県平泉の「中尊寺」に奉納した写経のひとつで、中でも「紺紙金銀字交書一切経」は1126年に藤原清衡が奉納されたものと言われています。
「紺紙金銀字交書一切経」はその名のとおり、紺色の紙に銀で罫線が引かれ、一行おきに金字と銀字で交互に写経され、表紙の見返りには金銀の鮮やかな仏画が描かれている、豪華絢爛なもので、当時の奥州藤原氏の繁栄を偲ばせます。
今回は、箕面山瀧安寺が所蔵する5巻のうち、修復が完了した2巻を特別公開します。900年の時を超えて、再び黄金の輝きを取り戻した貴重な至宝をぜひにご覧ください。

写真上部が修復前、下部が修復後 

◆「第28回生涯学習センターまつり 『まなび・つどい・ふれあいまつり』にお出かけください。
第28回 まなび・つどい・ふれあいまつり」が10月22日(土曜日)・23日(日曜日)の両日、中央生涯学習センター・メイプルホールで行われます。
このまつりは、中央生涯学習センターが開館した翌年の平成元年から毎年行われており、今年で28回目を数える生涯学習センターのお祭りです。
中央生涯学習センター利用者協議会を中心として、東生涯学習センター及び西南公民館の利用者グループが参加し、日々の活動の成果である作品の展示、ステージ発表等を行っています。
例年、展示は力作揃い、ステージもなかなか見応えのある催しとなっています。ぜひお出かけください。

 

昨年度は、「颯爽BBC」さんの、はつらつとしたオープニングパフォーマンスでまつりはスタート

 
メイプルホール大ホールでは、日頃の練習の成果発表が行われます。

    

また、1階ロビー、2階、3階の各部屋を利用して、普段の活動で作成された作品の展示・即売、模擬店、お茶席などが行われます。


  
(模擬店の様子)

  

例年、楽しい催しになっています。ぜひ見に来てください。また、この催しが日頃こういった活動に馴染みのない皆さんが何かを始めるきっかけになればと思います。

◆であい ちがい たのしい! 多民族フェスティバル2016が開催されます。秋の一日、他国の文化を味わいましょう。
少し先になりますが、11月12日(土曜日)に小野原公園を中心に「多民族フェスティバル2016」が開催されます!

箕面市には、現在、96か国・地域の外国人市民約2,500人が住んでいます。(平成28年(2016年)9月末現在)「多民族フェスティバル」は、この多国籍・多文化・多世代な人たちが多く暮らす箕面で、ひとつの「まつり」を共に作り上げることを通して、人と人がつながろう!という思いで、平成18年度(2006年度)から箕面市国際交流協会によって開催されています。

例年、ステージパフォーマンスや民族衣装のファッションショー、世界の屋台村など盛りだくさんで、秋の一日をたのしく過ごせる内容です。ぜひお出かけください。

一昨年は、開会宣言の後、迫力あるベトナムの獅子舞でスタート


大人気の屋台村では、約20の団体さんが参加しベトナムのバインミーやフォー、ロシアのブリヤーキニ、ブラジルソーセージなどなどが味わえます。また、箕面市と国際協力及び友好都市提携を締結しているメキシコやニュージーランドのビールやワインも販売されます!

 


その他、ワールドマーケットでは、タイの子どもたちの手づくり手芸品やケニアのシングルマザーが手づくりしたバッグやアクセサリーなども販売されます。
また、踊りなどのステージも繰り広げられます。

 

箕面市国際交流協会が、平成25年に多文化交流センターの指定管理者として小野原西に移転したことをきっかけに、一昨年から小野原公園で実施している多民族フェスティバルですが、色々な国々の文化を知ってもらうだけでなく、地域との繋がりも大切にしているイベントです。
日頃、箕面市国際交流協会で活躍いただいている団体だけでなく、開催を重ねるごとに小野原地域の団体や事業者さんも多く参加いただいており、地域の皆さんと一緒に作りあげているフェスティバルとなっています。

日時:平成28年(2016年) 11月12日(土曜日)午前10時から午後4時(雨天の場合は多文化交流センターで開催)
会場:小野原公園(箕面市小野原西5丁目)及び近隣地
入場料:無料(但し、料理屋台、フリーマーケット、一部プログラム等は有料)
主催:(公財)箕面市国際交流協会
共催:箕面市・箕面市教育委員会
運営:多民族フェスティバル2016実行委員会

今年も食から、舞踊、民族楽器の演奏など愉しい催しがあります。是非に会場に来て、見て、味わってください。ぜひ、たくさんの皆さんのご来場をお待ちしています!

 

その他、箕面市立多文化交流センターでは、秋の多文化ボランティア・セミナーやシリーズ世界市民「African Wire and Beads Art」などが開催されます。
秋の多文化ボランティア・セミナー
10月15日(土曜日)午後2時から午後4時
シリーズ世界市民「African Wire and Beads Art」
魅力いっぱいのアフリカンワイヤー&ビーズアートとリサイクルアートクルアートの作品と写真での紹介
10月16日(日曜日)午後2時から午後3時30分

いずれも、多文化交流センター 072-727-6912へ問い合わせてください。


◆文化芸術活動も盛んです。ダンスワークショップ レッスン生と元タカラジェンヌによる夢の舞台をご紹介
市民が輝く!箕面市メイプル文化財団の市民協働事業が、文化芸術の秋を迎え、ますます盛り上がっています。
舞台発表が間近に迫った「ダンスワークショップレッスン生と元タカラジェンヌによる夢の舞台」について、ご紹介します。

〇夢のつづき・・・・。Stage Of Dreams~元タカラジェンヌと舞台へvol.2~

元タカラジェンヌ6人による華やかな歌とダンスの競演!ダンスワークショップレッスン生の舞台発表とともに、エンターテインメントな世界がメイプルホールに広がります。

2014年に始まった「ダンスワークショップレッスン生と元タカラジェンヌによる夢の舞台」の第2弾「夢のつづき・・・・。Stage Of Dreams~元タカラジェンヌと舞台へvol.2~」も本番まで残すところ約3週間となり、ダンスワークショップレッスン生はもちろん、熱心にご指導いただく元タカラジェンヌの先生方もますます力が入っています。レッスン生の皆さんは、待機の時間も休まず、それぞれパート別に猛練習。やればやるほど、手応えがあると同時に新たな課題も見える、そんなダンスの魅力を感じながら、一生懸命、取り組んでいらっしゃいます。


今回来ていただく元タカラジェンヌ6名の方々は彩ひろみさん・樹里咲穂さん・朝峰ひかりさん・花城アリアさん・初花美咲さん・銀華水さんです。
彩さんはタッキー816「きかせてペット自慢」にご出演、樹里さんは箕面出身、花城さんは以前箕面の一日署長をしていただき、箕面にご縁のある方が集まっていただいています。
9月にはグリーンホールホワイエで彩ひろみさん・朝峰ひかりさん・花城アリアさん・真汐いづるさん・音楽監督の佐伯準一さんが音合わせにこられました。

 

年齢、お住まい、学校、職場などバラバラな、本来なら知り合うことがなかった市民の方々が、ダンスが好きという共通の思いを胸に1年間一緒に練習を続けて、来月6日の晴れ舞台に望みます。
今回もゲストとして、箕面を中心に活躍しているジャズダンスグループのミルキーウェイさんをお迎えします。またダンスに欠かせない音楽では、プロの生バンドによるダイナミックな演奏を披露いただきます。元タカラジェンヌの方々も、在学中は同じ舞台に立ったことはない面々が、この箕面での舞台をご縁として、2年ぶりに集まってくださいました。
素晴らしいメンバーがあつまるメイプルホールの舞台。この機会をお楽しみください。
歌あり、踊りあり、音楽あり、トークあり。盛りだくさんな内容でお贈りする、元タカラジェンヌと公募市民による「夢のつづき」にご期待ください。


日 時:平成28年(2016年)11月6日(日)開演14:30(開場14:00)
会 場:箕面市立メイプルホール 大ホール
料 金:一般 3,500円/会員・団体2,500円
高校生・大学生 2,000円/会員・団体1,800円
中学生以下 1,500円/会員・団体1,300円
〈全自由席〉
チケット販売所:箕面市立メイプルホール
グリーンホール(箕面市立市民会館)
箕面市立箕面文化・交流センター
箕面市立東生涯学習センター
箕面市立西南公民館
ローソンチケット【Lコード:54831】
お問い合わせ:(公財)箕面市メイプル文化財団 メイプルホール内 072-721-2123
リンク先 http://event.minoh-bunka.com/article/176207095.html


◆かやのお宝人権まつり(「食」をとおした であい・つながり・げんきがたくさん!)
10月30日(日曜日)らいとぴあ21ほかで、「かやのお宝人権まつり」が行われます。
「食」をとおした であい・つながり・げんきがたくさん!
入場は無料です。元気をもらいにお出かけください。

 

また、10月23日(日曜日)には、プレイベントとして、ドキュメンタリー「いただきます」が上映されます。

問合せは、らいとぴあ21 電話 072-722-7400 まで

10月8日(土曜日)からの3連休に行われたイベントについてお知らせします。来年も行う予定ですので、来年はぜひに参加ください。

◆今や恒例となりつつある、オクトーバーフェストが行われました。
10月8日(土曜日)・9日(日曜日)は、キューズモールふれあいパークで、オクトーバーフェストが開催されました。大阪大学の学生たちによるパフォーマンス。また、ミニSLやボールプール、スパーボールすくいなど子どもやファミリー向けのイベントも充実していました。
この取り組みは、大阪大学の学生さんたちの「阪大生と地域の皆さんとのふれ合い創造の場を開きたい」との思いをカタチとしたものです。

ちなみに本家本元の「オクトーバーフェスト」は、毎年秋にドイツ・ミュンヘンで開催され、200年以上の歴史を持つ世界最大のビール祭りです。こちらのオクトーバーフェストは規模は少し小さいですが、箕面ビールなど各種ビールも用意されおり、ビール好きにも好評なイベントです。


来年もよろしくお願いします。


◆多くの皆さんが参加して「第49回市民スポーツカーニバルふれあいフェスティバル」が開催されました。
10月10日(月曜日・体育の日)に第49回目となる市民スポーツカーニバルふれあいフェスティバルが開催され、多くの市民が参加されました。

子どもたちはスポーツバイクに、サッカーに良い汗をかいていました。

 

また、健康や体力が気になる大人たちは、新体力測定で一喜一憂。
健康づくりのため身体を動かすきっかけとなれば幸いです。


閉会式の後は皆さんお待ちかねのお楽しみ抽選会


箕面市では「健康」をキーワードに身体を動かしてもらう取り組みを進めています。地域でのラジオ体操や週末滝道健康ウォーキングを始め、スポーツ施設ではいろいろな教室やつどいなどを実施しています。気軽に参加できますので、一度体験してください。

「ゆるキャラ(R)グランプリ2016」が7月22日(金曜日)から10月24日(月曜日)まで開催されています。市では10月24日(月曜日)までの間「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

滝ノ道ゆずるは、5年連続で大阪1位を獲得しており、各企業とコラボしたり、数々のイベントに参加したりと活躍の場を広げています。箕面市を全国的にPRするため、今年こそ日本一を目指します。市民のみなさんの投票をよろしくお願いします。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の選挙を振り返る | トップ | 平成27年度決算-箕面市の財... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む