部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

今日は何の日?

2017年10月03日 | 会計室


この顔どこかで見たような・・・

みなさま、こんにちは。会計管理者の斉藤です。

10月に入りいよいよ秋本番となってきました。みなさまはどんな秋を楽しまれているのでしょうか。
ところで、今日10月3日は何の日かご存じですか。毎日いろいろな記念日がありますが、今日は「登山の日」です。数字を見ればお分かりいただけるのではないでしょうか。「10(と)」「3(ざん)」の語呂合わせで、日本アルパインガイド協会が平成3年(1991年)に制定し、平成7年(1995年)に日本記念日協会が認定しています。
今週末は三連休です。そこで、「登山の日」にちなんで、ハイキングで箕面の秋を満喫されてはいかがでしょうか。


◆多彩なハイキングコース「教学の森」を歩いてみませんか!!


5月1日と6月22日の部長ブログでご紹介しました、「箕面の森ハイキングマップ」に掲載しているオススメのコースですが、今回は残り一つのコース「みどり満喫ハイキングコース」をご紹介します。
※「箕面の森ハイキングマップ」は箕面市役所箕面営業室、阪急箕面駅前 箕面交通・観光案内所で配布しています。



◯コース2 みどり満喫ハイキングコース
阪急箕面駅発着!緑いっぱいの山道をのんびり歩く。大阪市街地が望める展望スポットもあり!



このコースは、阪急箕面駅前のロータリーから北西方向に見える「教学の森」を歩きます。コース2の案内にもあるように、いくつもの展望スポットを巡ります。
まず、青少年教学の森野外活動センター入り口をめざします。スタート地点の阪急箕面駅の西出口の横断歩道を渡って徳尾橋の信号を左に曲がります。しばらく行くと府道箕面池田線の「箕面7丁目」交差点に合流し府道を右に進みます。
途中、第一中学校や新稲の田園風景を見ながら進むと「市民体育館(スカイアリーナ)」の案内板が見えます。そのまままっすぐ進むと「教学の森野外活動センター」の案内板がすぐに見えてきます。ここを右に曲がると野外活動センター入り口に到着します。

 
 
コスモス畑の見頃はもう少し先
 

ここからは、西尾根コースを上り六個山をめざします。入り口から管理用道路を上っていくと左側に西尾根コースの上り口が見えてきます。
階段状の山道を上り、途中「六個山山頂」の案内板を確認しながら高度を上げて行きます。
やがて、尾根筋で緩やかな道になると右手に海抜256メートルの案内板とベンチがあり、すぐに野外活動センター第1キャンプ場の石垣が見えてきます。ここを過ぎて進むと東尾根へ行く道と合流しますが、六個山へは案内板に従ってまっすぐ進みます。しばらく上っていくと海抜290メートル「海の見える丘」に到着します。晴れた日には大阪港や淡路島が見えます。
ここから六個山山頂へ最後の上りが始まります。右側にシダが茂った山道を過ぎると緩やかな道が続きその先で道が二股に分かれていますが、どちらも六個山山頂に到着します。

 
西尾根コース上り口
 
 
六個山は直進
 
海の見える丘               大阪港方面
 
 


六個山山頂

六個山山頂は広場になっておりベンチもあり絶好の休憩ポイントです。また、ここには二等三角点が設置されています。

 
 

六個山からは、展望スポットを巡って「ハート広場」をめざします。ルートは広場の南側の市街地が見える方向(木で囲われた左側)に進み階段を下ります。分岐に案内板が立っており、ここを左に曲がり「東尾根コース」に進みます。ここから急な下り坂となり道の左側にロープが張られていますので気をつけて下りてください。
下り終わって進むと「中尾根コース」との分岐があり、まっすぐ「ハート広場」の方向に進みます。木々の中を進むとやがて前方が明るく広がってきます。市街地が一望できる展望スポットに到着です。

 
 
分岐を左に
 
分岐を直進
 
                         第一中学校(手前)と西小学校(奥)


展望スポットから山道を少し下ると管理用道路に合流し直進すると次の展望スポット「わくわく展望台」に到着します。ここから管理用道路をさらに進み前方に木の柵が見えてきたらハート広場に到着です。ハート広場には東屋も設置されています。

 

わくわく展望台
  

 


ハート広場

ハート広場からは、数多くあるハイキングコースのうち「こもれびコース」を歩いて「望海の丘」をめざします。
こもれびコースへは、ハート広場入り口右側の道を進みます。途中で「ささゆりコース」と「こもれびコース」の分岐に出合い、右に曲がり進むと次に「望海の丘」への分岐に出合い、ここでも右に曲がります。

 
                          分岐を右に
                
 
分岐を右に

コース名のとおり木漏れ日の中を進み大きな「ホオノキ」の横を通過すると、「桜谷コース」と「望海の丘」の分岐に出合います。こもれびコースは、「桜谷コース」の案内板に従ってまっすぐ進みます。
シダやヒノキ、モウソウチクの竹やぶの山道を進むと「桜谷コース」と「ささゆりコース」の分岐となりますが、ここでも「桜谷コース」の案内板に従ってまっすぐ進みスギ林の中を下って行くと、次の「松騒コース」と「桜谷コース」の分岐で左に曲がり階段を上ったところが四つ角になっています。「望海の丘」の案内に従って右に曲がり180メートルで到着します。

 

ホオノキ

 
分岐を直進

  
 
分岐を直進


杉林

 
分岐を左、階段を上る

 
分岐を右に

 
望海の丘到着



展望スポットもここで終わりです。東屋から20メートルほど下ると「松騒コース」に合流し、ここを左に曲がり「松騒コース」、「桜谷コース」を進み箕面公園の入り口となる滝道の「一の橋」へ向かいます。
一の橋からは箕面名物「もみじの天ぷら」などを販売している土産物店などを通ってゴール地点の阪急箕面駅に到着します。
四季折々に素晴らしい景色を見せてくれる箕面の森を楽しんでください。

 
左に曲がる

 
 
桜谷コースに合流

 
柵のついた橋が見えると桜谷コースも終わり


桜広場

 
階段を下りると一の橋          右は滝道

観光情報は、こちらをご覧ください。


◆宝くじの起源といわれる「箕面富(みのおのとみ)」で「福」を授かる



多くのかたが一度は当たりたいと考えたことがある「宝くじ」。その起源となる「富くじ」を始めたのが、阪急箕面駅から箕面大滝へ向かう滝道にある瀧安寺だということをご存知でしょうか。



「富くじ」は江戸時代に流行ったもので、興行主が番号入りの富札(とみふだ) を発売し、別に用意した同じ番号の木札を箱に入れ、期日に箱の小穴から錐(きり)で木札を突いて当たりを決め、「福」を授けるもので、幕府から許可を得た寺社が、主に修復費を得るために興行主になることが多くありました。

 
入堂                      富箱


富突き

 
木札                    大福御守

金銭が当たるわけではなく、「福」を授かるもので、瀧安寺の富くじ「箕面富」 は身体健勝、家内安全、商売繁盛に強いご利益があることから、「福富」とも呼ばれ、その名声は広く響き渡っていました。

江戸時代、他の寺社や民間では金銭が当たる富くじが氾濫し、幕府より「人心を乱す」として再三にわたって富くじ禁止令が出されましたが、「箕面富」については、起源も古く、金銭に関係しない「福富」であるということで禁止されることはありませんでした。しかし、明治初期に諸事情により中止となってしまいました。

そんな「箕面富」 が約140年の時を経て、古式に則った形で復活し、毎年、10月10日に行われています。強い御利益があることから、当時日本全国から大勢の人が押しかけるほど人気を集めていた「箕面富」。
見事「福」を授かることができるかどうか、一年に一度のチャンスが間もなくやってきます。ぜひ一度ご参加ください。

★今年は、特別拝観があります★
瀧安寺に秘蔵されている未公開の皇室関係の掛け軸の一部を、箕面富参加のかた(ミニ大福御守を購入のかた)のみ、特別に拝観いただけます。
 
◯箕面山瀧安寺 辨財天秋祭り「箕面富」
日時 10月10日(火曜日) 
    午前9時    ミニ大福御守(1,000円)を販売開始
              (午前10時55分受付終了)
        午前10時40分 奉納 筑前琵琶「箕面富」
    午前11時    箕面富開始
場所 箕面山瀧安寺
参加方法 瀧安寺にてミニ大福御守(1,000円)を購入のかたのみ「箕面富」に参加いただけます。(見学は自由)

問い合わせ先 箕面山瀧安寺 電話072・721・3003

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

滝ノ道ゆずるは、6年連続で大阪1位を獲得しており、有名企業とコラボしたり、数々のイベントに参加したりと活躍の場を広げています。箕面市を広くPRするため、グランプリでの日本一を目指していますので、市民のみなさまの投票、応援をよろしくお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ゆずる完熟堆肥」大好評発... | トップ | 秋ボートレース!イベント盛... »
最近の画像もっと見る

会計室」カテゴリの最新記事