部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

青少年弁論大会とEnglish Expression Contestを行いました。

2017年11月24日 | 子ども未来創造局

こんにちは。子ども未来創造局長の千葉亜紀子です。

11月は、2日続けて、中学生による2つのスピーチコンテストを行いました。

11月11日 第36回箕面市青少年弁論大会

箕面市、箕面市教育委員会、箕面ライオンズクラブの主催で、11月11日土曜日、第36回箕面市青少年弁論大会を開催しました。
市内の公立中学校から13名、アサンプション国際中学校から3名が参加し、将来の夢や、今、気になっている時事問題など、表情豊かに語ってくれました。
審査員は、山元行博代表教育委員、箕面ライオンズクラブの足立進会長、箕面市青少年を守る会の西野俊治会長、箕面市PTA連絡協議会の横山紀江さん。また、特別審査員には関西テレビアナウンサーの関純子さん。5名のかたに審査いただきました。
最優秀賞1名と優秀賞3名には足立会長のほうから、特別審査員賞1名には関アナウンサーのほうから、賞状とトロフィーの授与をしていただきました。
また、参加賞贈呈は、箕面ライオンズクラブの稲垣千秋市民教育委員長とマスコットの「ミライ」くんから行ってもらいました。

最優秀賞の生徒の弁論テーマは「命」。おばさんの出産に立ち会って、医療に携わることが天職(英語でcalling)だと感じたとの内容でした。
会場の参加者も、うなずきながら、すばらしい弁論をきいておられました。

弁論を行った中学生のみなさん、おつかれさまでした。
審査員としてご協力いただいたかたがた、参加された保護者の皆様、ありがとうございました。
また、この日、箕面東高校写真部のみなさんが、写真撮影に協力してくれました。ありがとうございました。



11月12日 第3回箕面市中学生English Expression Contest

11月12日日曜日、同じく箕面文化交流センターで第3回箕面市中学生English Expression Contestを開催しました。
市内の公立中学校から一般部門で各学年8名の24名、海外経験部門には4名が参加しました。
こちらの審査員は、アサンプション国際中学校高等学校の江川昭夫校長、丹澤直己教育委員、大阪商業大学専任講師の吹原顕子さん、加えて、現在市内の学校で英語を教えているネイティブの英語指導助手ALTが参加しました。
英語で箕面の観光案内をしたり、がんばっているスポーツの話をしたり、楽しかった体育祭の話をしたり。
海外経験部門の中には、AIが発達した日本の未来において人間の労働はどのように変化するのだろうか、といった日本語でも難しい話題にチャレンジする生徒もありました。
私たちスタッフの大人たちには、英語の聞き取りや単語の難しさについていけない部分もありましたが、審査員の吹原先生から、すばらしい講評をいただき、生徒たちのがんばりを再認識した次第です。
世界各地から来て、今、箕面の子どもたちに英語を教えてくれているALTたちの指導の成果も今回改めて感じたところです。

審査員の皆様、保護者の皆様、ご参加ありがとうございました。


箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「SG第32回THE GRAND PRIX」... | トップ | 箕面の特産ゆず、収穫はじまる! »
最近の画像もっと見る

子ども未来創造局」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事