部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

1月は行く!!

2017年01月31日 | 市政統括

みなさんこんにちは。市政統括監の藤迫です。

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。」
毎年この時期になると、「うまいこと言ったものだ」と感心させられる言葉です。今年も例に漏れず、そのことを実感しています。
幸運に恵まれ、1月4日に新年初登場したこの部長ブログも、あっという間に、本日、1月2回目のブログとなりました。そして、明日からはもう2月。なんだかそわそわするのは私だけなのでしょうか。
市役所はこの時期、新年度に向けてめまぐるしく動いています。事業の評価を行い、何が良くて何が課題として残ったのか。それらを解決するために残りの2ヶ月で何をしなければならないのか。また、継続して、あるいは新規に、来年度どう取り組むべきなのかを議論します。そして今、それらを予算に反映する作業の大詰めです。


また、2月に入るとすぐに、平成29年第1回定例会が開かれます。「平成29年度施政及び予算編成方針」に対する各会派の代表質問や当初予算等に対する質疑が行われます。日程はこちらでご確認のうえ、時間が許せば傍聴していただきたいと思います。
 

さて、そんな中、今週末に2つの行事に参加しました。どちらの行事も私が萱野小校長時代にお世話になった方々が登場しており、とても懐かしかったので今回はこの部長ブログで少し紹介したいと思います。

 

【箕面市人権啓発推進協議会(わっと)新年互礼会】

28日(土曜日)、らいとぴあ21で開催されました。この協議会は、昭和53年(1978年)11月25日に設立されました。その設立趣旨にはこのように書かれています。「ひとりの人間として尊重され平和に暮らしたい、差別のない豊かな社会を築きたいと願う気持ちは人類共通であり、その願いを実現するためには基本的人権の尊重を実践していくことがなによりも必要となってきます。そのために、私達が手をとりあって基本的人権を擁護し、みんなで人権意識の啓発啓蒙活動を行い、明るい町づくりをめざすことを目的に、ここに箕面市人権啓発推進協議会を設立するものです。」と。この基本理念は本当に大切なことだと思います。


 この互礼会の開会を飾ったのが、「おはなしサークルたんぽぽ」のみなさんによる「きつねのホイティ」の読み語りでした。歌あり踊りあり、とっても楽しく、心が温まり、ほんわかした気持ちになりました。

おはなしサークルたんぽぽの皆さんには毎月1回、休み時間に萱野小学校でおはなし会を開いてもらっていました。子どもたちだけでなく私も楽しみにしており、校長3年間の参加率は90%を超えているでしょう。今後も萱野小学校の子どもたちのためによろしくお願いします。

 

大人も子どもも笑顔はとても素晴らしいです。でも、差別は人々から笑顔を奪ってしまいます。とても残念なことですが、今なお、いろいろな差別事象が生じています。とても憤りを感じます。差別は絶対に許されません。すべての人々が、今もこれからもずっ~と、心が温まり、ほんわかした気持ちになり続けるような社会をみんなで力を合わせて作りましょう。 

 

【第55回箕面市PTA大会(研究交流大会)】

29日(日曜日)に箕面駅前サンプラザの箕面文化・交流センター8階大会議室で行われました。保護者の皆さんや校長先生など学校園の教育関係者がたくさん参加され、会場内は熱気にあふれていました。今回のテーマは「親子関係が劇的に変わる」と題して、助産師の谷口陽子さんが講師をつとめられました。谷口さんは、「みのおママの学校」の代表で、助産師が中心になって、子育てに悩みを持つママたちを支援する活動をされておられます。本日は、この学校アドバイザーの山口育子先生にもお話をいただきました。アドラー心理学に基づく子育て法を学んだり、ワークショップなどの交流により自身の経験を共有するなど、参加された皆さんは貴重な時間を過ごし、満足して帰られたことでしょう。
「過去は関係ない。今、あなたが変われば、子どもも変わる。」という言葉は、子育てに悩んでこられた方には、心に響く、勇気づけられた言葉だと思います。

 

この谷口さん。実は萱野小学校の保護者でもあります。人権総合学習の授業で「いのちのはじまり」や「いのちの大切さ」をいろいろと工夫をして子どもたちに伝えてくれています。子どもたちはこの授業が大好きです。きらきらと瞳を輝かせて話を聞いています。ほかの授業よりもたくさん質問も投げかけられます。子どもたちにとって「いのちのはじまり」はとても神秘的なものであり、かつ、自分事として捉えやすいからかもしれません。そのような感覚を通して自分の命も他の人の命もとても大切なものであるということをしっかりわかってほしいと思っています。

箕面市でも実は今、助産師さんのお力を借り、連携して何か子育て支援ができないか検討を始めています。谷口さんをはじめ助産師の皆さん、その節はよろしくお願いします。

 

「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インフルエンザにご注意を | トップ | 箕面市主催の次回開催は2月7... »
最近の画像もっと見る

市政統括」カテゴリの最新記事