部長ブログ@箕面市役所

箕面市役所の部長が、市のホットな話題を語ります!
市の動きや仕事紹介、副市長、教育委員会委員などのつぶやきも。

さあ、新年度にむけて!

2017年03月28日 | 市政統括

みなさん、こんにちは。市政統括監の藤迫です。

平成29年第1回定例会も本日をもって閉会となります。昨日は、平成29年度箕面市一般会計予算など予算関係議案19件、箕面市税条例等改正の件など条例関係議案13件、財産取得の件など2件、箕面市副市長の選任について同意を求める件など人事案件6件、その他2件、計42件の重要議案を可決いただき、平成29年度に向けて動き始めることになります。

また、来年度に向けての人事異動内示も3月22日にあり、異動対象になった職員もそうでない職員も市役所の中ではざわざわ動き始め、こちらも、いよいよ平成29年度に向けて具体的に動き出しました。

 

さて、私ですが、誠にお恥ずかしい話なのですが、人事異動内示が終了し、市役所全体や自分の所管である市政統括の来年度の動きが見え始めてきたことから、ちょっとほっとしたのか、そもそも月曜日くらいから悪かった体調が急激に悪化しました。がまんしきれずその日の夕方に病院に行くと、なんと「インフルエンザa型」と診断され、25日土曜日まで出勤停止となりました。この年度末の忙しい中、また、議会の真最中に職場のみんなにはご迷惑をかけました。不幸中の幸いは本会議を欠席することは免れたことです。

萱野小学校での3年半の間は、冬になるとこのインフルエンザには悩まされました。子どもたちには、ことあるごとに注意を呼び掛け、また、学級閉鎖、学年閉鎖など、学校行事との狭間で頭が痛い場面が続いたのを懐かしく思います。そんな緊張感の中では、自分自身がインフルエンザに罹患する暇はなかったのでしょう。病院の先生の話では、この時期になって、また、インフルエンザが流行っているようです。皆さんも気をつけてください。

その出勤停止期間中に、本市でも、子どもたちの学力支援などで協力をいただいているNPOあっとすくーるの法人設立5周年記念シンポジウが行われました。あっとすくーるさんには、萱野小学校時代にもお世話になりましたので、参加する予定にしていました。そして、その取り組みを、部長ブログで紹介することも事前に了解を得ていましたが、自宅療養のため参加はかないませんでした。しかし、今回のテーマと直接関係する教育委員会事務局の職員が、参加し、写真を撮ってきてくれましたので、少しだけ紹介します。
今回のテーマは、「どんな家に生まれても、子どもたちが豊かな未来を描ける地域を創る」で、このテーマに対して、行政・民間それぞれの立場のパネリストとともに参加者全員で一緒に考えるという企画です。倉田市長と、実際に現場で子どもたちの支援を行っている団体の方たちのシンポジウムでは、必要な情報共有のあり方や相互の信頼関係づくりなどについて議論がなされたとのことです。今後、行政と民間団体が協力関係を深め、取り組んでいくべき分野だと痛感しました。

 

さて、冒頭で述べた昨日の本会議の採決状況ですが、その中には、私の「箕面市教育委員会教育長の任命について同意を求める件」も含まれていました。議会の皆様から同意をいただき、改めてその重責に身が引き締まる思いです。一人の力は小さくても、みんなで力をあわせれば、時として信じられない力を発揮できます。皆様の期待に応えられるよう精いっぱいがんばりますのでよろしくお願いします。

 

「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

市立病院の経営改革

2017年03月27日 | 市立病院事務局

皆様こんにちは。箕面市立病院事務局の稲野です。

桜の開花情報がチラホラ聞こえる季節になりました。いよいよ3月も残りあと5日、来週からは4月です。別れと出会いの季節。お世話になった先輩方や同僚を見送り、新しい仲間を迎えます。皆さんそれぞれに幸多かれと祈りつつ・・・。
私は箕面市立病院で2年目を迎えます。引き続き、よろしくお願いいたします。

(チラホラ咲き出した街なかの桜)

さて、今回は、平成28年度の振り返りとして、市立病院の経営改革について、ご紹介いたします。

○市立病院の経営改革
箕面市立病院には、「独立採算」を旨とする地方公営企業法が適用されています。つまり、上下水道事業(市によっては電気・ガス・交通事業なども)と同様に、その事業から得た収益をもって費用に充てることが基本となっています。病院の設置目的は「市民や患者さまの健康維持や病気治療」ですが、公営企業としての「経営」を併せて推進する必要があります。

そのため、「箕面市立病院改革プラン」を策定し、平成21年度(2009年度)から、最先端の医療や医療スタッフの増員など、「攻めの経営改革」に取り組んできました。その結果、平成25年度(2013年度)には、それまで毎年10億円程度あった赤字がほぼゼロになるほど、成果を挙げてきました。平成28年度(2016年度)には、一般財源(市民の税金)からの繰入金もゼロにできました。

平成26年度(2014年度)からは、計画策定当初には想定していなかった消費税率や公営企業会計制度の見直しなど、社会的要因によって、プランの計画値を下回りましたが、これを除けば、ほぼ計画どおりの改革が達成できていました。

 

 

○病床稼働率の低下と経営悪化
しかし、近年、その経営状況がたいへん厳しくなっています。その大きな原因は、入院平均日数の短縮にあります。入院日数の短縮は、早期回復を実現した医療体制と医療技術の成果であり、患者さまの体への負担を軽減し、医療費削減にもつながるため、たいへん望ましいことではあるものの、病院経営の視点からすると、その分、病床が空くことになるため、マイナスとなります。新規入院の患者数は増加しているものの、その増加率が入院日数の短縮率にまでは追いついておらず、病床稼働率が低下し、収支悪化を招いている訳です。

 

入院日数の短縮は、医療の進歩や医療スタッフの頑張りによるところもありますが、国の政策誘導によるところがその大きな要因となっています。いわゆる団塊の世代が75歳を迎え、国民の約30パーセントが65歳以上の高齢者となる2025年に向けて、国が医療費を抑制するための政策を打ち出しています。超高齢化と少子化の時代を迎え、医療・介護・年金制度が国家財政の最重要課題となっている中、避けて通れない問題でもあります。

その仕組みが「DPC制度」と呼ばれる医療費の会計方式です。厚生労働省は、急性期の入院医療に係る診療報酬を「包括評価」として、さまざまなインセンティブを盛り込み、早期退院を促しています。また、入院患者を減らし、地域や在宅へシフトするようにしています。
(DPC制度については、次回に詳しく説明することにいたします。)


○新・市立病院改革プランの策定
このような状況から、平成29年度(2017年度)病院予算は、約4.4億円の赤字となりました。この対策として、現在、「新・市立病院改革プラン」の策定に着手し、さまざまな経営改革に取り組むこととしています。

新プランの概要としては、病床稼働率の大幅な上昇が見込めないことを前提として、従来の目標である稼働率95%を見直し、当面は90%、最終的に92.5%の稼働率でも収支均衡が図れるよう、より高度な診療を行うことで収益を確保することなどを改革の基本としています。5年後の平成34年(2022年)には黒字化を達成できるよう全力で取り組んでまいります。

 


また、市立病院の直面する課題として、施設のリニューアルがあります。昭和56年(1981年)7月にオープンした市立病院は築36年を経過し、大阪府内の公立病院で最古の施設となっています。24時間365日稼働し続ける施設・設備の深刻な老朽化や、日進月歩で進化する医療技術への対応が急務となっています。これらの課題を解決するため、現在、現地又は移転での建て替えと、現施設の大規模なリニューアルの3手法について、事業費も含めた調査検討を重ねています。


これらの詳細は、去る2月20日開催の箕面市議会本会議で倉田市長が説明した「平成29年度(2017年度)施政及び予算編成方針」や、3月3日と6日に実施された「市議会各会派からの代表質問に対する市長答弁」で詳しくご覧になることができます。


【市民医療講座のお知らせ(予告)】

○医師・医療スタッフと滝道を歩こう~術後の快適ウォーキング
日時 平成29年5月13日(土曜日)午前10時~正午
内容 足や背骨などの整形外科手術を受けられたかたや、現在リハビリ中のかたを対象に、家庭でもできるストレッチ方法や歩くときの体の動かしかたの注意点などを、医師・医療スタッフが滝道を一緒にウォーキングしながら、わかりやすくお伝えします。

○きこえにくいかな?と思ったら~聴こえのしくみと難聴
日時 平成29年5月27日(土曜日)午後2時~4時
場所 箕面市立病院リハビリテーション棟4階 いろはホール
内容 当院耳鼻咽喉科主任部長が、聴こえのしくみや、難聴の種類に応じた対処法(治療や日常生活の注意点)などをお伝えします。

*いずれの講座も、詳細が確定しましたら、市広報紙「もみじだより」や箕面市立病院ホームページでご案内いたします。ぜひご参加ください。

 

 

「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

春!! 別れと出会い! そして涙と笑顔!!

2017年03月24日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは、子ども未来創造局  担当部長の木村です。

3月も今日を含めて、後8日、いよいよ新年度ですね。

4月は、入園・入所・入学・就職など、それぞれ新しいステージの始まり、それぞれ新しいステージで頑張ってほしいものです。

 

私のこの1年間を振り返ると、子どもさんを時間単位でお預かりする「ちょこっと保育 あそびー」の開始や、大阪弁護士会のご協力のもと開始した「ひとり親家庭を対象とした無料法律相談」、社会的問題となっている「保育所の待機児童対策や保育の安全・安心への取り組み」、今年度新たに設置した子ども成長見守り室による「貧困の連鎖根絶に向けた取り組み」などなど、本当にたくさんの方のお力添えも頂きながら、子育て日本一に向けて、少しだけかもしれませんが前に進むことができたかなと思っています。

ただ、真の子育てしやすさ日本一に向けて、まだまだ、取り組むべき課題が、たくさんあります。

私も、この1年間を振り返りつつ、「子ども達が笑顔で、そして子育てしているすべての方が、楽しく・安心して子育てできるまち」をめざして、気持ちを新たに4月を迎えたいと思います。

 

小学校でも元気で楽しく過ごしてね!

3月21日には、公立4園で卒園式を行いました。
各園の式には、たくさんの来賓のかた、地域でお世話になっている皆様、地域の小中学校の先生がたなどがお祝いに来てくださりました。
本年度は、公立幼稚園4園で152人の子ども達が、また、明日、3月25日に行われる公立保育所の修了式では、4所で95人の子ども達が、小学校に巣立っていきます。

私は、今年度、幼稚園は「なか幼稚園」の卒園式に、明日の保育所は「東保育所」にお祝いに行きます。

幼稚園の卒園式では、初めての集団生活への不安から、保護者の方を見たりそわそわして落ち着かなかった入園式から、家庭で暖かく育まれ、そして、2年間の園生活で本当に成長した姿を見せてくれました。

卒園証書を受け取った子ども達が、将来の夢や幼稚園で楽しかったことなどを発表するのですが、将来の夢は、「花屋さんになりたい」「サッカー選手」「ケーキ屋さん」などの夢に加え、「お母さん毎日おいしいお弁当を作ってくれてありがとう」など、保護者のかたへの感謝の言葉をみんな元気に発表してくれました。
残念ながら、昔定番だった「幼稚園の先生になります」とか「保育所の先生になります」が、今年は聞けなかったので、保育士不足に悩む私にとっては、少し残念でした。
新年度の園長・所長会議で、この状況の背景は何なのか、分析を行いたいと考えています。


卒園児入場  少し緊張してます


園長先生から卒園証書を受け取ります

 
将来への思いを元気よく

 

 

また、市立ひがし幼稚園から、昨年4月に運営を移管した学校法人ひじり学園「認定こども園 ひじりひがし幼稚園」で初めての卒園式が、3月19日に開催されましたので、お祝いに行かせていただきました。
ひじりひがし幼稚園から、最後の市立ひがし幼稚園児として入園した28人の年長さんが、巣立っていきました。

卒園式では、市立時代に、引き継ぎにも入ってくださった担任の先生が、安達園長ももらい泣きしてしまうほど、卒業証書授与時の子どもさんの名前を呼ぶときから、式の最後まで、号泣状態で、この1年間本当に一人ひとりの子ども達を大切に育ててくれた思いが、参加者全員に伝わりました。民間移管に携わった私も、当時のことを思い出しながら、子ども達の巣立つ姿に少し涙ぐんでしまいました。

卒園・修了したみんな、小学校に行っても元気で、たくさんの友達をつくって、しっかり遊んで、勉強してね・・・
小学校の先生方、子ども達をよろしくお願いします。

また、今までお世話になった地域のみなさま 引き続き 子ども達のことよろしくお願いいたします。

 

待機児童解消に向けて!

本市では、待機児童解消に向け、485人分の保育所整備を進めています。
私が、当時の子ども部に配属される1年前の平成22年度の保育所の定員は、1,325人でした。その後、待機児童の急増への対応として、第二総合運動場のプール跡地や森町などに保育園を誘致し、平成26年度末には、655人増の定員1,980人となりましたが、保育ニーズの高まりから、待機児童数をなくすまでには至っていません。

平成27年6月に策定した「第三次箕面市子どもプラン」において、将来の就学前人口の推計等も行い、平成31年度末までのできるだけ早い時期に、485人分の定員を更に整備することで、年間を通じて、いつでも保育所に入所できる通年の待機児童ゼロが達成できると推計しました。

その実現に向けて、平成27年度以降、4回の保育所運営法人の公募を行い、現在、4ヶ所280人分の保育園の整備が決定しています。
この公募以外に、民営化園である箕面保育園が、本年4月1日から、乳児を対象に20人の定員拡大と、市立病院敷地内で乳児を対象とした箕面保育園分園(みのおっこ保育園)を定員30名で開園していただきます。
この50人分を加えると、485人の目標に対し、330人分が決定したことになります。


「みのおっこ保育園」 市立病院北端 紅葉夢保育園の入口にあります

 

 
まだ、工事中ですが、箕面保育園増築棟

整備の決定した園は、
①本年4月1日に、牧落2丁目(大通庵公園西側)に、「あい保育園牧落」(運営法人株式会社アイグラン)定員90人(0~5歳児対象)がオープン

 
広い駐車場

 
2階の幼児室はパーティションで区切られ行事の時はホールになります

 


清潔なキッチン おいしい給食が作られることでしょう

②同じく、本年4月1日に、彩都地域に、「こぐまの森箕面彩都園」(運営法人株式会社ワークプロジェクト)定員30人(0~2歳児対象)がオープン


彩都のマンションの1階で開園します


目の前には広い公園・園内にも園庭があります



空をイメージした綺麗な天井

 
柱にも一工夫     寝るのはこのベットで、夏は涼しく・冬も暖かいそうです


この園にも清潔なキッチン


かわいいトイレもあります

※4月整備の保育園の他にも
③本年10月1日に、彩都地域に、株式会社セリオが、定員80人(0~5歳児対象)
④平成30年4月1日に、今宮地区に、同じく株式会社セリオが、定員80人(0~5歳児対象)       
で、それぞれオープンする予定です。

485人分の整備に向け、2月22日から3月22日にかけて第5次の法人募集を行った結果数社の応募があり、今後、学識経験者や地域のかた、財務の専門家などで構成する選定委員会で、提出された書類の審査、法人からのプレゼンテーションや委員からの質疑、応募のあった法人が現に運営している保育園の視察など、本市の子ども達を安心して預けれる法人かどうかを見極めていただき、その意見を教育委員会議で再度議論いただき、丁寧に運営法人を決定していきたいと考えています。

 

 

「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度の消防体制

2017年03月23日 | 消防本部・署

 消防本部の美谷(みや)です。

 平成28年度も残すところあと1週間となりました。
 今年度の消防本部では、豊能町との消防統合で試行錯誤の中、職員全員がそれぞれ気配りの中で過ごした1年でした。
 なんとか、職員間の意思疎通も出来つつあり、更に活気ある職場づくりに向けて取り組む決意をしているところです。

 さらに次年度である平成29年4月からは、年々変化する消防需要に対応するため、箕面市域の消防・救急体制を強化すべく、救助隊の本署配置と救急車の5台運用を開始いたします。

 

 
◆新名神高速道路に対する対応 

 NEXCO西日本によりますと、新名神高速道路は、平成29年秋頃に高槻JCT~川西ICの一部開通を、平成29年度末に神戸JCTまでの開通を努力目標として計画されています。

   箕面IC上空写真   〈NEXCO西日本のホームページより〉

 高速道路での災害対応は、インターチェンジからの進入に限定されることから、ICの所在する消防本部が次のICまでを管轄することになっており、本市は、箕面ICから茨木ICまでの上り区間と川西ICまでの下り区間を管轄することになります。
 高速道路での事故には、まず直近の豊能消防署から第1出動し、規模に応じて箕面消防署からも増強隊が出動する計画です。
 特に、高速道路上での事故は、大規模になりやすく、本市だけでは対応できない場合は、ICごとの近隣消防本部と協定を結び連携して対応いたします。

 本市の消防特別救助隊は、現在西分署に2隊配置していますが、市街地での救助事案に加え、北部地域の新名神高速道での災害に迅速に対応するため、よりアクセスの近い本署(箕面5丁目)に配置変換し、全地域の救助事案に対応いたします。
 西分署には、訓練塔などの救助訓練施設がありますので、従来どおり各種訓練は西分署にて実施いたします。

 高速道路での事故発生率は、もちろん道路状況によりますが、全国の高速道路の距離で発生率を出すと、1年間に1kmあたり、1.2件の発生となります。
 箕面市の管轄区間に当てはめると、年間17件程度となりますが、近年では、道路構造の改良や道路標識の安全対策などにより、発生率は減少傾向にあるそうです。
 このように、少なからず発生する高速道路での災害を想定し、近隣消防との合同訓練を計画しており、開通前に関係機関との連携を確認し万全を期していきたいと考えています。

  

 
 
◆救急件数の増加

 昨年(平成28年中)の箕面市の火災件数は、12件で、5年連続20件未満(58年前の水準)を達成していますが、逆に、救急出動件数は、平成27年に6千件の大台に突入し6,063件、平成28年中は、6,435件(+372件)で、今日現在でも120件前後の増加で推移しています。
 また、箕面市東部地域の人口増に伴う救急需要に対応するため、東分署に警防隊1隊を移し、救急車を1台増車し、人員体制は維持しながら、箕面市域救急車5台で救急事案に対応していきます。
 
 今後の箕面市の人口推計と高齢化率を加味した救急出動件数は、平成37年には7,000件を突破する見込みです。
 また、現在の市域の人口重心も、小野原や彩都地区の人口定着により、東側にシフトしていきます。
 突然の救急事案に対応するために、消防力の強化は必須で、まずは現行人員体制で、東部方面の救急事案に対応すべく、救急車の増強を行います。
 救急車の運用は、消火隊と救急隊との兼務で対応するため、当然ながら5台の救急車が全て出てしまうと、消防車(消火隊)は少なくなってしまいます。

 幸い、地域の皆さんの防火意識が高く、火災件数も少なく抑えられていますが、今後、北大阪急行線延伸など新たな消防需要をしっかりと見定めながら更なる消防力の強化を図っていきたいと考えています。
 

 

◆最新鋭の高規格救急車配備

 平成29年度から配備します、最新式の救急車を紹介します。
 平成28年度予算にて購入整備し、試験運行を経て4月から東分署に増強配備する高規格救急車です。

1.車両本体   トヨタ高規格救急車 “ハイメディック”

〔高規格救急車とは?〕
 救急救命士による高度な処置が行える資機材を積載し、傷病者収容部分及び収納庫を拡大し、救急患者に走行時の振動を与えないよう、緩衝装置のついた防振架台等の装備を備えた救急車。
 

2.主要諸元   2.7リッターガソリンエンジン  4輪駆動  8人定員

3.購入価格   総額約3,265万円

4.各部紹介

・運転席には、緊急車両の各種スイッチ類や無線設備、消防活動支援システム(AVM)、搬送先の病院検索や他市応援に活用するカーナビなどが装備されています。

・後部座席は、まさしく動くオペ室です。 救急救命士が活動しやすい空間と各種医療機器が配置されています。

・右側側面ドア内には、酸素ボンベや収納スペースが確保されています。

・左側側面乗降口にも、所狭しと収納スペースを確保しています。

 

《救急車積載の高度な救急医療を提供する資機材を紹介します。》

・患者監視装置(救急モニター)・人工呼吸器

・半自動除細動器(救急隊が使用するAED)

・電動式吸引器

・オゾン発生器(殺菌装置)

・加湿流量計(酸素吸入)

・血圧計
  

以上のように、最新の救急資機材を搭載し、助かる命を助けるために工夫された救急車です。 どんな災害現場でも対応できるように、車両も救急隊員も技術を磨いてスタンバイしています。

※大変高価な装備であり、緊急時に充分活躍できるように態勢を整えていますので、限りある救急車の有効利用にご協力をお願いします。    

 

 

【火災救急発生状況】平成29年1月1日からの箕面市と豊能町の合計値です。

  3月23日(木曜日) 午前9時00分現在
  ◇火災      7件 (昨年同時期比較   +3件)
  ◇救急  1,737件 (昨年同時期比較 +121件)
 

「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度の「水質検査計画」を策定しました

2017年03月22日 | 上下水道局

こんにちは、上下水道局の川添です。春分の日も過ぎ、だんだんと春が近づいて来ていると思われる今日この頃です。


梅
先日の連休は天気も良く晴れていました。“健康のために”と、少し家の近くを散歩しているときに公園で見た梅の木です。

平成29年度の「水質検査計画」を策定しました

皆さまにより安全で良質な水道水をお届けするために、水質検査計画を策定し、それに基づいて水質検査を実施しています。
計画には水質検査の地点・項目・頻度などを定めています。


【市の水道水はどこから来ている?】
本市の自己水源は箕面川と市内にある深井戸で、それぞれ箕面浄水場と桜ヶ丘浄水場で浄水処理をしています。
また、淀川を水源とする大阪広域水道企業団から、坊島受水場など市内8か所で受水しています。

箕面浄水場
箕面浄水場

 

  桜ヶ丘浄水場
  桜ヶ丘浄水場

【どこで検査を行っている?】
本市は標高差が大きいため、配水系統がおおむね15に分かれており、系統ごとに配水管末の給水栓(蛇口)の水を検査しています。
また、浄水処理が適正であることを確認するため、原水(浄水処理前の水)、浄水場・受水場の出口の水についても検査を行っています。


【どんな検査をどのくらい行っている?】
色、濁り、消毒の残留効果に関する検査は、各配水管末の給水栓に設置した自動水質測定装置(給水モニター)で常時監視あるいは1日1回巡視にて実施しています。
水質基準項目(51項目)の検査は、原則として法令で定められた回数を実施し、一部の項目についてはさらに安全を期するため定められた回数以上実施しています。
また、農薬などの水質管理目標設定項目や、その他必要な項目についても検査を実施しています。 

 

給水モニター給水モニター

機器を用いた水質検査の一例

  
皆さまにお届けしている水道水は常に水質基準を十分に満たしていますが、今後も安全で良質な水道水をお届けするために、毎年計画の見直しを行い、水質管理の徹底に努めてまいります。
なお、計画の詳細はこちら(水質検査計画のPDFデータ)でご覧いただけます。

 

引越シーズンです

もう3月も下旬です。引越シーズン真っ盛りとなり、引っ越しされる方々は各種手続き等に奔走される事と思いますが、上下水道の開閉栓手続きについても、よろしくお願いしたいと思います。
前回のブログでもお願いしましたが、手続き等はこちらの水道の開閉栓のページで確認していただけます。

 

「自転車事故ゼロ」をめざして「ながら運転」をなくすために、箕面市では2017年3月31日(金曜日)までの間「絶対ダメ!ながら運転 自転車を安全に乗りましょう!」を統一キャンペーンとして展開します。
 


この記事をはてなブックマークに追加