ユニバーサルフロンティア理論

GUTこと大統一理論を上回る現代最高の物理理論を公開したいと思う!こう、ご期待・・。

ダークマター候補を模索していくうちにユニバーサルフロンティア理論に固有のあの粒子に行き着いた

2017年03月15日 | 究極理論
最初にSIMPの記事を読んだときにね、なんかユニバーサルフロンティア理論からパクったのかなと思ってね、ちょっと身構えたw

おまけに僕はパイ中間子そのものだと踏んでいたからね、あちゃこりゃやられたかもしらんと思ったりもしたよ。まず思い出したのがT反N・N反N・N反Tの3重項そのものでして、その次にそれらが憑依したクォーコニウム3重項、それがパイ中間子と違って壊れにくいということでもあればということ。その次に、そんなだったら荷電粒子がちょっと困るということなどから、あっそうだと思いついたのが、3重項が一か所に寄り集まった謎の粒子クリスタルスノウを思い出しましたよ。クリスタルスノウはバリオンの芯になる成分なので崩壊しないという性質を持たせてもイイ、というかその方がありがたいので、まー、万事好都合ということ。

ゆえに当方の見解としたら「イータ中間子とよく似ていて崩壊しないクリスタルスノウがダークマターの候補だと思う」ということ!

クリスタルスノウは初期宇宙のバリオン形成期に大量に生産され、3クォークと共に封じ込めの内部に入るのだが、単体で残った大量のクリスタルスノウは無電荷で中くらいの質量を持ち崩壊しないという性質を持っており、ダークマター候補にぴったりであると判定されました。SIMPもイイけど、これもイイだろ、てなノリで決定しちゃいました。おかげで、懸念だったダークマター粒子が設定できないという恨みをついに晴らすことができるようになり、より強く大きくユニバーサルフロンティア理論は羽ばたくのだー、ってこと。


もう掛け値なしに凄いでしょ、ふたつのポチをクリックして応援お願いします、それと心情的支援もどうぞよろしく・・。
ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユニバーサルフロンティア理... | トップ | 素粒子標準模型は学問から天... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。