ユニバーサルフロンティア理論

GUTこと大統一理論を上回る現代最高の物理理論を公開したいと思う!こう、ご期待・・。

ゲーデル命題をとやかく言っているうちにカリーパラドクスを解決したと思われまして

2017年07月15日 | 新論理学
カリー命題は「この命題が正しければA」の形ですよね?

これをゲーデル命題風に術語文Xに置き換えますとX「Xが正しければA」になりますが、

その否定形は¬X「Xが正しければ¬A」ですわな・・。

X∧¬Xが無矛盾になって              注) いまのところ、ここが非自明ですけど

「Xが正しければAなのがXであって、Xが正しければ¬AなのはXじゃない」

と意訳されますw

前半部から「Xが正しければA」が帰結されまして

場合分けをすればXが真の場合にはAが真と言えます。

さらに、

¬Xが正しい場合には後半部から「Xが正しければ¬A」ですが

¬Xが正しい場合なのでAの真偽は不明だということになります!



これって世界初のカリーパラドクスの解決ですよね?
ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色交換だけでなくスピン交換... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。