ユニバーサルフロンティア理論

GUTこと大統一理論を上回る現代最高の物理理論を公開したいと思う!こう、ご期待・・。

素粒子をT反転させたらCP反転と同じことで反粒子になるとは誰が言ったことだろうか

2017年02月24日 | 究極理論
正エネルギーの素粒子を時間逆行させたら見かけ上は負エネルギーに見えると予言できます!

負エネルギーの素粒子、すなわち騾馬粒子を時間逆行させれば、見かけ上は正エネルギーとして観測されると思います。それが反粒子の正体であると存じました。CPT対称とはローレンツ対称であることと同値ですけど、それが重力の存在によって自発的に破れている現状の宇宙では、CPT=Eよりエネルギー対称性も自発的に破れております。素粒子の負エネルギー状態はクーパー対の片割れにしか見られないと存じます。つまり単独の騾馬粒子といった物は現実の宇宙では存在できないのですよ。そのことは重力がリーマン幾何学で描かれていて負重力が想定できないことと相応していると考えられるでしょう・・。

宇宙というのはつくづく合理的によくできている物だと感心せざるを得ませんよねw(美しい)

反粒子は負エネルギーで時間逆行しているというのはたぶん本当なのでしょう。しかし素粒子が時間反転した姿が反粒子という訳ではないようですよ。もし、ファインマンがそのみょうちきりんな自然観の最初の人だったとしたら、その責任は重大だと思います。負エネルギーの騾馬粒子が時間反転したら反粒子になるのです、素粒子の時間反転じゃありません!

量子インフレーションの間はTとCPとが自発的に1破れているという憶測もございまして、

CPTが対称ならばTが自発的に1破れておればCPも自発的に1破れます。すなわち反アトムはございません。時間逆行はクーパー対の片割れにしかなく、単独で時間を逆行している反粒子は存在しなくなります。それが、量子インフレーションが終わってビッグバン宇宙に移行した際に、反粒子なしから始められる元となるでしょう。インフレーションとビッグバンとでは対称性の在り方が異なっていた、というのが、ユニバーサルフロンティア理論による見解ですw

ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CPTE恒等から導かれる新... | トップ | 宇宙の神羅万象はCP自発破... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

究極理論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。