ユニバーサルフロンティア理論

GUTこと大統一理論を上回る現代最高の物理理論を公開したいと思う!こう、ご期待・・。

なお、それらの結果は質量公式から始めたモノでなく、理論上の裏付けがあって初めて得られた結論だったのです

2017年04月19日 | 究極理論
ヒッグス粒子質量は、tクォークとbクォークの質量和にW粒子質量の半分を足して、そこからZ粒子質量を引いた残りである・・。

この公式は現在までに知られている重い素粒子すべてが関与した簡単な数式ですから、この式を先に算出してあとで理論に持ち込んだと思われるかもしれないが、実際にはそうではなく、この式はユニバーサルフロンティア理論からの当然の帰結だったのです。小林=益川模型のペンギン過程と、そこに出現してくるW粒子をユニバーサルフロンティア理論のMユニバース粒子に置き換えて、その両者のファインマン図を両にらみしながら湯川時間を一致させるように計算すると、えいやっと出てくる式だったのです。

つまり、この質量公式はユニバーサルフロンティア理論の正しさを裏付ける意味でもっとも重要な公式だということになります!

まー、権威側の学者さんなんぞに言わせますと、数値の一致がイイから純粋に近似公式として理屈なしに欲しいと、いい加減な理論による裏付けは必要が無いと、そうとだけおっしゃられるかも分かりませんが、ちょっと待ってくれそれは違う、この式はユニバーサルフロンティア理論が無ければ導かれないんだ、と叫びたくなります。さらに大切なことは不確定と揺らぎに関する哲学がスピンを介して使われていることです。仮想的に出現する粒子もしくは粒子群のエネルギーをΔEとし、その出現時間を湯川時間としてΔtとすれば、次の式が成り立つことが期待できます。

ΔE・Δt=h/2πもしくはh/4π(分母は仮想粒子もしくは粒子群のスピンと一致する)

この式は時空が潜在的に持っている揺らぎによる真空エネルギーの絶対値がスピンによって変化するというinovationを有していまして、ひいては不確定とスピンには決定的な関係があるという説につながると思います。不確定の原因こそはスピンそのことだったのではないでしょうか、私にはそう思われてなりません。このようにユニバーサルフロンティア理論が持っている視点は、日本の技術系がときおり見せてくれる度肝を抜くような発明と同じようなinovationであり、権威側の秀才ごときが束になって掛かってきても不可能であるような結論だったのですw



技術系の才能との折り合いがついたところで、さっそくですが応援よろしくお願いいたします、下のポチをぽちっとクリックしてください。



ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グラショウにとって加速器実... | トップ | 大統一理論だけでなく、電弱... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。