ダサクな日々

小部屋の中に たくさんいろんな物 つまってる

新ビル

2017-03-20 23:06:34 | 日記

世界はいつもと変わらない

私にとても優しく

そして とても厳しい

2016.5.14



休日に
建て替えをして 生まれ変わったビルへ
行ってきたのだけども

この前まで すっごい工事やっていて
ついこの間オープンした感覚だったけども

新装開店から 一周年記念 だった

そうか もう1年たっていたんだ
そうだよなー すっごい工事をやっている時に
その前を通ったのは 2年前だ
それから1年経ってオープンして
さらに1年経ったんだ

時間は知らない所でも
ぐんぐん進んでいるのですね

んで
新しいビルには 新しいお店が
オシャレに かわいく たくさんありまして
キュンキュン しました
あれも これも かわいーの

いろんな物が いろんな色で 並んで
 
お金さえ出せば いつでも なんでも手に入る
そういう豊かな世界だなー とか思いました

いい悪いは別にして
豊かな世界は 幸せだよなー て思うよなー
「カムイ伝」読んだときさ すごく辛かったもん

身分が作られちゃって
百姓は自分で作ったものも 自分で食べられず
すごく苦しい生活でさ 理不尽で 惨めで 自由が無く
とにかく貧しい生活なわけで
今も理不尽で惨めな事たくさんあるけど
豊かだもん
 
底辺層の給料で暮らしている自分でも
そこそこ欲しいものは買えて
雨露しのぐ家に住めて 明日のご飯の
心配することなく 生活出来てさ
幸せな事です

そいで 本屋さんもあちこち
覗いたのだけども
最近の本屋さんて 小物とか文房具が充実しているじゃない?
ポチ袋とか メモ用紙的なものが
細々と たくさんあってさ

いちいちかわいいの!!
もう まいっちゃうよねっ

本屋さんでの本業の本は これ読んでみたい と思うものが
何冊かあって
図書館にあったら借りよう!と思ったのですが
題名も著者名も
ほとんど忘れてやんの
ダメだがーーん 

忘れちまった悲しみに
今日もフツーに日が暮れる…
           ━中原中也━

アップ撮りが↓好き(私が)

君らは たいがい可愛く撮れるから
いいなぁ



  「そういうもの」
    悲しみを越えたら
    苦しみを越えたら
    きっと幸せがくる?

    悲しくても
    苦しくても
    ふと
    そこに幸せはある

    空は青く
    雲は白く
    風はそよぐ
    星は輝き
    月は満ち欠け
    日は昇る 

    自分の悲しみは自分で食べて
    自分の苦しみは自分で食べて
    いつの間にか過ぎ去っていく

2001-2003

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幻の本屋さん | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。