物欲 日記

買ってきたモノへの、泣き、小言、妄想、言い訳など。
PC関連が中心ですが、家電やその他のカテゴリーもあります。

2016 2Q TVアニメ総括 その1

2016年10月01日 10時39分47秒 | アニメ

2016 2Q TVアニメ総括 その1
セカンド・クォーターということで、2016年7月~9月のアニメを振り返ります
採点基準は「自分が好きかどうか」。
 
★★★★★+(★5個の上)
1)Re:ゼロから始める異世界生活
 
 

91daysと、どっちが上か・・で迷ったけど、やはりゼロかな。
現代風の、一見やる気なさそうな青年が、何回死んでも思うところに向かっていく姿勢は、感動を呼びます。普通?の青年が、不思議な世界の異能者を、どんどん味方につけていく。そして、大きな仕事を達成する。努力・友情・勝利とは、少し違う世界。ところで、途中でレムと仲良しになって、最終回ではエミリアたん?ずっとこの世界にとどまるのだろうか・・。
 
2)91days

 
(ネタバレ)素晴らしい、大人のアニメ!久しぶりの「人がどんどん死んでいく」系!昔でいえば「ノワール」「ブラックラグーン」、最近では「GANGSTA.」であろうか。
 
主人公アヴィリオの復讐劇であり、どこまで殺すのか、ネロまで殺すのか、あるいは達成できずに死ぬのかなど、いろんな見かたはあったと思います。
 
最終回にアヴィリオがネロに向かって言った「だったら、あの時、自分を殺しておけば・・」は、いつかどこかで言うと思ったなぁ。復讐の連鎖。
 
浜辺のシーンでは、結局ネロがアヴィリオを撃ったけど、その前にアヴィリオが助けられたシーンがあったので・・ですが、撃ってくれとばかりに背中を向けて歩くアヴィリオに対し、急所を外して撃つネロって、ステキ。この先、敵対勢力に追い詰められていくネロは、アヴィリオをそこに巻き込ませたくなく、あえて自分の敵に保護させようとしたのか。でも、砂浜の足跡とか、後は想像にお任せしますって演出でしょ。なのに、なぜその前にアヴィリオが助かった場面があるのかしら。そんなことよりも、ネロってなぜアヴィリオがそんなに好きだったのかしら?

この物語の展開は、色々な見方ができると思うけど、私が想定(妄想)した中で、一番悲惨なものは「結局ネロはアヴィリオを、アヴィリオはネロを殺すことができず、男の友情(ちょっと違うなぁ、腐れ縁?)を目と目で確かめあっている時に、二人とも後ろから撃たれて死んでしまう。」嗚呼、こんなオチだったら「グルァぁぁぁ、最後まで見て失敗した(だまされた)・・」と思いつつ、 「最高!!」と感動にうちふるえていたと思う。
 
画像として選んだのは11話のタイトル「すべてがむだごと」。最終回では誰かが口にしていた。なんか、すごい言い回しです。「すべてがむだごと」。何人も人が死んでいるのに。死んでいるからこそか。
 
この手の(表現は悪いけど)「人がどんどん死んでいく」系を、またお願いします。(「ハードボイルド」という言葉を使うのは、少しおこがましいような気がする。)
 
ところで、7.5回目の上期総集編ってなんだ??「シロバコ」によると、総集編は制作が間に合わない時に、やむを得ずやるものらしいが。最初から総集編をやる計画だったら7.5回とかには、しないと思うのだけど??
 
   
この2本を2016 2Q の5★+として、ここに敬意を表するものであります。
  

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MR-JX48LZ-RW1 冷蔵庫 | トップ | 2016 2Q TVアニメ総括 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。