物欲 日記

買ってきたモノへの、泣き、小言、妄想、言い訳など。
PC関連が中心ですが、家電やその他のカテゴリーもあります。

2016 3Q TVアニメ総括 その2

2016年12月31日 20時41分55秒 | アニメ

2016 3Q TVアニメ総括 その2

★★★★★
5)ユーリ!!! on ICE:
 
今期は九州シリーズが2本ありましたね。長崎県は佐世保市のウィッチーズ(佐世保は以前「坂道のアポロン」もありましたね)、そしてユーリは佐賀県唐津市がモデル。唐津城、なぜか行ったことがあります。卓球にしろフィギアにしろ、タイムリーというか、アニメ側が合わせたのか。さて、腐女子が騒いだらしいですが、実態はどうだったのでしょう。この程度では何ということはないのでは?フィギュアのダンスシーンをアニメでやるのは大変でしょうね。お疲れ様でした。

 
6)ガーリッシュ ナンバー:

最初は、なんじゃこりゃと思ったけど、見進めるにつけ、だんだん良くなってきた。サブキャラの物語もそれなりにあったし。業界デフォルメモノですが、関係者の方、どうですかね?
私の中の業界物順位は「シロバコ>ガーリッシュ>>NEW GAME>声優」なので、結構評価高いです。シロバコのスピンオフ的な作品として見てはだめでしょうか?
どうでもいいけど、勝ったな、ガハハハ!
 
 
7)うどんの国の金色毛鞠:

子どもと動物を合わせて出してくるのは、卑怯だと思う。それだけではない、ちゃんとしたほのぼの系。短編のがおがお君は、不要なのですが。続きが見たい。
 
 
7)3月のライオン:
録画リストに入れ忘れていて、11月中ごろからあわてて見ています。暗いですね。NHKには合わないような、でも、NHKだからこそ放送できるのか。将棋ものなのに将棋の駒の動きが主役でないところが良いです。
→正月に、見逃していた回を見ることができたので、評価やり直しです。その結果、「その1」に移動しました。(2017/1/4追記)


★★★★
8)ブレイブウィッチーズ:

ストライクウィッチーズってのは、見ていません。原作も読んでません。でも、結構楽しめました。(パンツ丸見えでびっくりしましたが、あれはズボンなのですね・・。)スケジュール遅れで1週間後ろ倒しになったようです。
 
 
9)DRIFTERS:
先期やっていた「ベルセルク」を思い出すようなイメージです。全然違うけど。数回見てやめようかと思いましたが、我慢して見ていたらだんだんおもしろさがわかってきました。本当に次があるのか?
 
 
10)亜人(第2クール):
次の期待を持たせる終わり方でした。頑張ってほしい。
 
 
11)終末のイゼッタ:

魔女の戦争もの。第二次世界大戦の欧州がベースと分かる設定ですね。リアルな戦争をアニメで見るのは少々抵抗がありますが、実際には気にせず見てしまいます。

 

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 3Q TVアニメ総括 その1 | トップ | 2016 3Q TVアニメ総括 その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。