Butzmetz LingerieZ Blog

Butzmetz社長による徒然音楽日記。

音楽ネタその962: Led Zeppelin -part xxxxxxx

2017-04-25 00:50:20 | Weblog

ぼんやりフランスの大統領選挙や北朝鮮の不穏な動きに関するニュースを見ていてふと思った。どうやらフランスは、今のところ極端な保護主義的な候補が勝つことはなさそうだという分析がなされているみたいだけど、そう言われながらトランプは当選してしまった。それに、北朝鮮なんていう国家は、いうなれば究極の保護主義・国粋主義・排他主義だと思うし、他への寛容を拒絶するがごとき風潮が世界の一つの主流になりつつある感じはかなり危険だよね。

そうはいっても、なんか悲観的かもしれないけど、これまでの常識が通用しなくなる新たなパラダイム・シフトが既に起きつつあるのかもしれないな。かつてはその手のパラダイム・シフトを起こす大きなきっかけになったのが戦争だった。今もそうかもしれないけど、これからは例えば戦争+アルファみたいなカタストロフィがそれなのかも、なんて勝手に想像する。戦前・戦中の日本人は天皇陛下のこと現人神と信じて疑わなかったんだよね、確か?わからんけどさ、今から5-7年もすれば「グローバリズム?なんすかそれ?」みたいなことが、それをリードしてきたアメリカやイギリスで当たり前になったりするかもしれないよね。杞憂なのかな?

なんか非合理的に思えるのは、パン・グローバリズムとかパン・ダイバーシティなんていう価値観をこれまで世界中に浸透させてきたように思われる人たち、もっといえばアングロ・サクソンが急遽こういった価値観を否定しはじめたように見えること。今更なんだよ、そのご都合主義、なんて思うのは私だけかな。ま、例えば国としてのアメリカが是とする価値観と、個々で見るアメリカ人の価値観は必ずしも一致しないわけだし、アメリカを中国やフランス、日本と置き換えても恐らく一緒。うん、多分国家レベルの話と、個別の交流では全然違うんだけど、そのうち個別の話が大きな逆流に飲み込まれてしまうように思えてならん。パン・グローバリズムがかろうじて維持されるのが、東京でオリンピックが開催される頃まで、と仮定したらどうだろう。今の欧米みたいに移民をベースにする外からの血を完全に拒絶するような流れが定着するとしたら?

私は大阪生まれだから、コリアン・コミュニティが小さい頃から割と当たり前に身の回りに存在していたし、イヤなこともあればそうでもないこともあれば、という、それこそ「ぼんやりとしたバランス」の中でなんとなく生きて来れた印象はあるんだよね。それが崩壊するとしたら?

・・・やめた、なんとかなるさ。あんまネガティブなこと考えるのやめよ(笑)。

というわけで今宵の音楽ネタ。ヨーロッパを二分する議論の一因となっているキーワード「移民」に無理やり引っ掛けた(笑)Led Zeppelinの"The Immigrant Song"(https://www.youtube.com/watch?v=66ChMPV0LTg). このバンド、もちろん歴史に残る存在で最高だし、Robert Plantはすんばらしい歌唱力に象徴的なセックス・シンボルだったと思うけど作詞能力はかなり「?」。この曲も正直大して意味ないんだけどね(笑)。

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽ネタその961(訃報): Allan Holdsworth -part xxxx

2017-04-17 21:42:01 | Weblog

またもや久しぶりの日記。なんだかんだ仕事はバタバタと忙しいが、土日はなんとか休めている。さて、この日曜日のこと、ちょい楽器関連の小物を買うべく御茶ノ水に赴いた。とりあえず用事を済ませて、クルマで信号待ちをしていた時のこと。御茶ノ水の東京医科歯科大学病院とか順天堂大病院があるあのT字路ね。

いきなり白バイ2台に黒塗りのクルマ数台をパトカーが護衛している列に当たる。どうみてもVIPの護衛だな、と思ってまじまじと見ていたところ、白バイ2台・最初の黒塗りが通り過ぎて2台目の黒塗りになんと天皇陛下が乗っておられるのを発見!うお!「生」天皇陛下、初めて見たぞ!

ま、クルマで通り過ぎちゃったので、時間にすればわずか数秒のことだったし(笑)、横顔をチラ見した程度だったけどね。でも、よくよく考えると、我が国の象徴でいらっしゃる天皇陛下に拝謁賜る機会って、それこそ政治家にでもなるとか、叙勲されるとか、そんなときしかないと思うし、私にゃぜーんぜん縁がなさそうな世界。いやぁ、貴重な体験でした(笑)。

さて、FacebookにRIP messageがあふれているので便乗。孤高のギタリストAllan Holdsworthが亡くなったらしい。享年70歳とのことで、とても残念。死因はよくわからないけど、唯一無二の音世界を構築したことは必ずしも経済的成功にはつながらなかった印象。知る人ぞ知る存在でしかなかったところ、Eddie Van Halenのサポートを受けてアルバムを発表したことにより脚光を浴びる。

でも、お世辞にも「売れた」という感じはないよね。あまりに独特すぎて、大衆性からかけ離れてしまったのかな、なんて勝手に想像する。Facebookにも、任意でクラウドファンディングが立ち上がっており、彼の奥方のために葬式代を募っているのを見つけたりした。偉大な音楽家だったと思うけど、葬式代も出せないのか、と思うと少し寂しい。

でもフォロワーはたくさんいて、それこそ今のアメリカのBerklee School of Musicのギター科出てるような人たちの弾き方は、皆と言っていいほどこの人の奏法やヴォイシングを研究しまくった形跡があるように思うのは私だけかな。

映像を一発。私がまだ高校生だった頃に初来日しているんだけど、どうしても見たくて、受験生だったにもかかわらず、親に泣きを入れて見に行ったライブから"Tokyo Dream"(https://www.youtube.com/watch?v=KjXskKsUy9c). キーボードが全く使われていないアンサンブルなのにこの幻想的な雰囲気と、まるでサックスのような滑らかで未知のフレージング。すごすぎる。

R.I.P, Allan.

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽ネタその960: Ritchie Blackmore -part xxxxxx

2017-04-05 00:21:19 | Weblog

またまた久しぶりの日記。2017年もあっという間に4月突入。相変わらずドタバタと忙しいが、プライベートはそれなりに遊べてる(笑)。この土曜日は、古い音楽仲間が店主をしているレストランから、たまたま空きがあるということでお誘いを受け、NHと共に人生初の屋形船に乗船(コボちゃん, thanks!)。あいにく土曜日はちと肌寒く、勝鬨橋から浅草橋、そして再び勝鬨橋という短い船旅中、3分咲きくらいの桜を愛でる余裕もなく(笑)、ひたすら酒と天ぷら。まあ面白かったね。本来であれば最短でも半年くらい前からじゃないと予約できないみたいだし、次はいつのことやら。

明けて月曜日。普通に仕事だったんだけど、つい最近転職された大学時代の大先輩にお誘いいただき(つかさ師匠、あざっす!)、"下北沢Music Island O"というライブハウスにジャムセッションに赴く。正直、平日の通勤電車にギターとか持って行くのは結構面倒なんだけど、興味もあったし出向いてみた。オープンマイクという建付けだったけど、なかなかどうして、出演者は恐らく私みたいな仕事帰りのリーマンがそれなりにいたように思うが、割と皆さんお上手。私もギターとクロマティック・ハーモニカで数曲参戦。最後は先輩とこの曲で締め、Deep Purpleの"Smoke on the Water"(https://www.youtube.com/watch?v=s1sAkZF7SCQ). 私が初めて覚えたロック・ギター・チューン。これを超えるギター・リフはないのだ(断言ww)。いわゆる第3期Purpleのあまりに有名なライブCalifornia Jamから。やっぱリッチー最高(笑)。

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽ネタその959: Cream -part xxxxx

2017-03-27 22:55:51 | Weblog

Yahoo!ニュースだったか、国会ってのは運営コストが1日3億円くらいかかるそうだ。当然血税ですわな、出所は。そのカネが森友学園だかの疑惑に延々費やされるこの現状。まあ解明しなきゃならんのだと思うよ。しかしさー、なんかこう不毛感が漂うように感じているの私だけなのかな。安倍さん夫婦も脇が甘いと思うし、中途半端な野党の群れも情けなく感じるし。日本万歳。

というわけで、今宵の音楽ネタはBritish Rock史上燦然と輝くトリオCreamから"Politician"(https://www.youtube.com/watch?v=kG3eqZmFO20). あえての歌詞付きで。権力に魅入られたトップエリートたちってのは、ある種滑稽だよね。

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽ネタその958:野口五郎

2017-03-20 23:52:18 | Weblog

この3連休はのんびり。1日NHと遊んだくらいで、あとはかなり「ちんたら」。どちらかと言えば夜遊び系で(笑)、天気の良さをあんま満喫しなかったけど。それはともかく。

適当にYouTube surfして見つけた懐かしい映像。ギターを弾く野口五郎。私が中学生くらいの頃、Charとか高中正義の全盛期に数曲ギターを強調した曲を出したことがあったんだよね、この人。しかもかなり巧い。映像はかなりベタなタイトルだけど(笑)「女になって出直せよ」(https://www.youtube.com/watch?v=oxsMDly-zVw)。正直、今聞くと楽曲そのものは割と苦笑モンだけど(笑)、彼のギターソロはかなりグイグイ来てるね。

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽ネタその957: The Beatles - part xxxx

2017-03-13 01:56:43 | Weblog

この土曜日は初出演のライブハウス、世田谷区船橋にある"Gokigenya Garage"にButzmetzで出演させてもらった。このGokigenya=ゴキゲンヤという屋号は私にとって思い出深いもの。大学生後半時代に後輩クンとルームシェアして住んでいた桜上水でお好み焼きの屋台をやっていた大阪は西成出身のギタリストがいわばゴキゲンヤの生みの親。この方は私のギターの師匠でもある(って、向こうはそう思ってないかもしらんけどww)。

当時はお好み焼きをつまみに焼酎のお湯割りを飲みながら、Wes Montgomeryとかのソロ演奏を私が譜面に起こして論評してもらったりしていたのだ。屋台だから冬場はクソ寒かったりしたんだけど(笑)、音楽談義であっという間に夜が明けたりしたもんだったね。当時は若かったし、オールしたって全然苦じゃなかったし(笑)。で、未だにその近辺に住んでいて、今はアレンジャー・プロデューサーなど音楽家として生計を立てている当時のルームシェアメイト君にお誘いいただいてライブが実現と相成った(S君、ほんとありがとね)。

感想。ハコは音響も良くてやりやすかったし、S君とほんと30年ぶりくらいに音楽で交流できたのは素直に嬉しかった。S君が仕切っていた対バンの皆さんも素敵だったし。唯一難を言えば場所(笑)。桜上水、上北沢、八幡山、経堂からほどよく離れた微妙な場所。多分地元の人にはアクセスしやすいかもしらんけど、私やButzmetzのメンバーにはキツイかな(笑)。ま、楽しかったし、年1-2回とかなら全然ありかも。

さてその折にも披露したネタ。最近割とよく見ているYouTubeの番組"Studio Jam"からのパクリで(笑)、The Beatlesの"Come Together"からMiles Davisの"So What"(https://www.youtube.com/watch?v=-tDTX1J9hss). 本当は管楽器や鍵盤交えてやりたかったけど、トモダチ少ないバンドにつき実際はギタートリオでやらせていただきましたよ(笑)。

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽ネタその956: Brian Setzer Orchestra -part xxx

2017-02-28 00:04:44 | Weblog

なんだかんだ忙しい日々が続く。割と不本意だけど、土日出勤も多少増えつつあるし。まあ休みはそれなりに取れてるからいいけど、なんか仕事を含めた生活全体にbreakthroughが欲しいところだな。

それはともかく今宵の音楽ネタ、適当なYouTube surfによるものでBrian Setzer Orchestra. Vo. & GのBrian Setzerが中心になって結成されたビッグバンド。ビッグバンドって大体が生楽器の集合体でダイナミクスに満ち溢れているんだけど、こういうゴージャスな感じ、最高だよね。またBrianの歌とギターもゴキゲン。この人、ほんと巧いんだよな。映像はBrianがその昔組んでいたロカビリーの革命的バンドStray Catsのヒット曲から"Rock this town"(https://www.youtube.com/watch?v=VFvl3aMiAE0). 原曲もクールなんだけど、ビッグバンド用のアレンジも秀逸。いえーい、あがるぜー!

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽ネタその955: The Mahavishunu Orchestra

2017-02-20 23:57:20 | Weblog

またまた久しぶりの日記。相変わらず忙しいんだけど、この土日は仕事と遊びを兼ねて福岡へ。

ホントは会社主催のイベントで土日フルだったんだけど、私のプレゼンのパートがあって、それも日曜日のみ、わずか10分程度(笑)。このプレゼン、去年から巻き込まれて、私も担当することになったんだけど、前回行った折は日帰り。なんかもったいないなと思っていたところにNHから提案があり、前々日に一緒に前乗りして福岡を満喫しようと相成った。これまで福岡には仕事で何度か行ったことがあるんだけど、空港が市街地から近いこともあり、何かと便利すぎることもあって、大抵日帰りだったんだよね。なので、数日福岡に留まったのは初めて。

感想。もう最高だね(笑)。何がってね、とにかく飯がうまい。ごまさば、イカの活造り、屋台ラーメン、明太子、芋焼酎、何から何まで「うまかぁ」。ちなみに屋台にはちと差があって、中洲近辺の屋台村は割と最低で、「食ったらさっさと出てけ」みたいな感じ。それに比べて、天神付近にある屋台は「イキフン(=雰囲気ねw)」最高(笑)。私が行ったのは「あほたれーの」という老舗で、大将とそのお姉さんとの会話、むっちゃ楽しめたね。うーむ、大阪出身の私だけど、「食いだおれ」の称号は今や福岡かもしらんぞ。そういや、知人・友人で福岡に住んだことがある人、福岡を出て東京とかに転勤すると大抵「帰りたい」って言ってるような気がするけど、わかる気がする。

さてさて今宵の音楽ネタ。福岡とは全然関係ないけど(笑)、バカテク・ギタリストJohn McLaughlinが率いたThe Mahavishunu Orchestraで"Vital Transformation"(https://www.youtube.com/watch?v=abRHzzvI3G0). これ、ネタバレだけど、そのうちButzmetzでやるかも。

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽ネタその954: Eric Clapton & Sheryl Crow

2017-02-07 01:50:58 | Weblog

相変わらずそれなりに忙しいんだけど、去年の後半くらいから私の課題はpeople management. 要はスタッフの管理ね。なんだかんだ意識の中で「大変だけど自分で全部やった方が早い」というテーゼと「そうはいっても一人でできることは限られてるから任せていかないと」というアンチテーゼのせめぎ合い。普通に考えりゃ、ここでいうアンチテーゼが勝ちそうなもんだけど、そうもいかんのだな。任せてといて「まあ当たらずと言えども遠からず」の答えを出してくれる人もそれなりにいるけど、そうじゃないのも結構いるからめんどくさい。うーん、何言ってるかわかりにくいねぇ(笑)。

ああ、癒しが欲しい。こういうときはレイドバックな音楽だ。御大Eric Claptonが姉御Sheryl Crowと"Cross Road Concert"で共演した折の音源"Tulsa Time"(https://www.youtube.com/watch?v=zUbzhcDEfl8). 神様Claptonは言わずもがななんだけど、私はこのSheryl Crow大好きなんだよね。私より年上のオバサマだけど、「いいオンナ」だよ、こいつ。Bonnie Raittじゃないけど、タバコと夜が似合いそうなオンナ。こういう姉御に喝を入れてもらいたいもんだね。「あんたさぁ、オトコだろ?!シャキッとしなよ!!」的な(笑)。ゴキゲン。

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽ネタその953: Jim Hall & Pat Metheny

2017-02-02 00:20:36 | Weblog

またまた久しぶりの日記。早くも2月に突入した2017年、まあ大体1月・2月・3月はあっという間に過ぎるという感じではあるものの早いですな。さて今度の土曜日は恐らく1年ぶりくらいの高円寺ペンギンハウスでのライブ!皆さん是非!

というわけで、でもないけど(笑)、軽く音楽ネタ。巨匠同士のデュオ、Jim Hall & Pat Methenyによるスウィング・ワルツ・スタイルの"All the Things You Are"(https://www.youtube.com/watch?v=wuaD9yG4Fdw). 美しいねぇ。

 

-Butzmetz社長-

http://www.butzmetz.com/

https://www.facebook.com/butzmetz/?ref=bookmarks

http://www.myspace.com/butzmetzlingeriez

コメント
この記事をはてなブックマークに追加