スタッフ 制作日記

芸術監督西本智実とイルミナート
による舞台の制作日記です

ストゥーパ〜新卒塔婆小町〜お稽古

2017年07月17日 | リハーサル
 
 
 
昨日はストゥーパ〜新卒塔婆小町〜のお稽古。
 
日本を代表する大女優佐久間良子さん、新進気鋭の若手俳優木村了さん、
そしてイルミナートバレエメンバー玄玲奈さんによる立ち稽古です。
 
マエストロ西本智実が書いた台本が、
生身の人間の感情となり、言葉となってゆく様は、
台本とは別次元に移行する過程を目の当たりにし、
まさに“舞台は生きもの”であることを実感する出来事!
 
台詞の細やかな背景をマエストロ西本智実が説明し、
仕草や立ち位置もその場で決めて行きます。
顔の傾け方一つとっても、ほんの少しの違いで意味合いが変わってきます。
 
そして俳優陣の声色や息遣い、身体の熱が、
登場人物が生きている人間であることを、
強烈に訴え掛けてきます。
 
演出をはじめ、
同時に照明や衣装、小道具等々もマエストロ西本のもとに決められてゆきます。
まさに西本智実総合プロデュース・指揮の舞台、世界初演です!
 
昨日はドラマ部門のお稽古でしたが、
音楽部門も着々と準備が進められています。
先日のテレビ朝日の「白の美術館」で
ほんの少し紹介された洋楽器で和楽器の演奏をする試みも、
今後本格的に始動です!
 
マエストロ西本智実が総合プロデュース・台本・指揮を務める
 INNOVASION OPERA  ストゥーパ〜新卒塔婆小町〜
世界初演は10月1日  オーバード・ホールにて。
 
オーバード・ホールHP
 
今後の展開が楽しみです。
 
そして今日7月17日23:00〜23:30 BS朝日「白の美術館」では、
取り組みへの様子も放送される予定です。
 
番組HP
 
是非ご覧下さい!
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いったいいつそんな時間が? | トップ |   
最近の画像もっと見る