スタッフ 制作日記

芸術監督西本智実とイルミナート
による舞台の制作日記です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バレエ「ロミオとジュリエット」

2017年04月21日 | 演奏会
いよいよ西本智実xイルミナートバレエの第3弾の制作が始まりました!
 
積水ハウスPresents
芸術監督・指揮 西本智実
プロコフィエフ作曲「ロミオとジュリエット」全2幕 (字幕付き)
9月9日(土)16:30~
9月10日(日)14:00~
新国立劇場オペラパレス
 
チケットは明日4月22日~各プレイガイドにて一般発売です。
 
先日、マエストロ西本智実と字幕台本の垣花理恵子氏との打ち合わせ、
テレビインタビュー、舞台スタッフとの打ち合わせなど行われました。
 
イルミナートが結成される前から西本はプロコフィエフ作曲
「ロミオとジュリエット」をコンサート形式で演出・指揮をし、絶賛を博し再演を重ねてきました。

 

 西本いわく、
ロミオとジュリエットの魅力はシェイクスピアの作品の中でもギリシャ神話の要素が
強く反映された作品。
今回グランドバレエとして創る時もギリシャ古典発祥作品として登場人物を色付けています。
芸術監督としての西本は、あらゆるセクションに指示と総括していく日々が2月から始まっておりましたが、いよいよ現場でのリハーサルに向けて各セクションスタッフたちも動き始めてきました。

  

              この後も、舞台が創られていく制作過程をご案内して参りますので、どうぞお楽しみに!
 
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴァチカン国際音楽祭2016 ... | トップ |   
最近の画像もっと見る