自由空間

日本で初めての喘息、気管支炎などに効果のある呼吸法
を紹介しています。喘息やさまざまな話を自由にしていけたらいいです。

本来の場所に戻す大切さー加筆あり

2014-06-30 21:27:54 | Weblog
今日、呼吸法を受講した方が「口呼吸の方が楽だ・・・」と仰っていました。

長く口呼吸を習慣にされていますと、習慣化した癖を元に戻すのは大変な努力が必要になります。

口呼吸を日常的にするのは、人間だけです。他の哺乳類は、死に際に口呼吸をします。

(犬は激しく疾走した時など体温、発汗調整を舌で行う関係上、口呼吸をします)


本来は、幼い時から鼻呼吸を自然にしている事が正常で在り、望ましい事です。

常に口呼吸をしていると、口の周りの筋肉が緩み、歯列不正、不整合や受け口などの症状を誘発しやすくなります。

何故、歯列不正、不整合や受け口などの歯や、顔の骨格に不都合が出るのでしょうか?

話は鼻呼吸から別の話に飛びます。

知り合いの子供は、股関節形成不全で生まれました。先生からはこんな酷いの見たことない!、歩けないよ・・・とまで言われたそうです。

足の太もも(大腿骨)の上端の丸い骨が無い、頭が骨盤のくぼみ(寛骨臼)は、板の様でした。

受け側も、ハマる側も未発達だたのです。

股関節形成不全、いわゆる脱臼は、日本人とアフリカ人に発症が多いようです。整形外科の先生が仰っておりました。

現在は、オムツの変化から、激減しているそうです。

股関節の形成不全も、10か月~5歳の幼い間に(大腿骨)と(寛骨臼)を所定の正しい位置に合わせて刺激を与えると、

骨のスイッチが入り、骨の形成が誘発されます。知り合いの子も見る見る、窪みが出来はじめました。

凄く興味深い現象で、レントゲンを見るたびに変化したことに驚いたと話していました。


歯も同じ原理です。幼い時期に口をポカンと開け、上顎と下あごが合さらない、習慣的な口呼吸は、あごの骨、歯の上下の

正しい発育に、多大な影響を与えます。正常な状態にもどす事が大切です。

鼻呼吸が早ければ早いほど、歯列不正、不整合や受け口は無くなります。


股関節の形成不全等の場合、10か月~5歳ぐらいの幼い間に、有るべき所定の場所に骨を戻すと良い。

顎の骨の場合、顔の骨の形成は60パーセントまで生後4年で出来上がり、90%までは12歳ごろまでに出来上がり、

下あごは18歳ごろまで成長は続きます。ゆえには、鼻呼吸とそれに伴う舌の位置が重要になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州の大雨

2014-06-27 17:04:26 | Weblog
九州に凄まじい雨が降っています。

山沿いにお住まいの方は、十分にお気お付け下さい。

下に、大雨や、積雪等の影響を受けやすい地域の地図を載せました。

国土交通省の深層崩壊に関する全国マップ

http://www.mlit.go.jp/common/000121614.pdf

地球の気候変動の激変は、予測できない大雨、雹、大雪、突風、大風・・・・等が起きます。

今日は、山梨もこれから天気が下るのでしょう・・・凄く頭が痛くて、重いです。

関東も大雨かもしれません。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感染症

2014-06-25 08:54:33 | Weblog
アフリカのエボラ出血熱の事は、去年の末からササヤカれていました。

拡大が止まらないようです。

ポツリ、ポツリと発症していて、今年の3月から爆発的な感染に至ったのでしょう。

アフリカ方面にビジネスや旅行で行かれる方は注意してください。

中国の労働者や軍人もアフリカには多く入植しているので、中国の方も注意した方が良いと思います。


エボラ出血熱の死者350人に、「制御不能」 西アフリカ

http://www.cnn.co.jp/world/35049821-2.html

現時点で現地入りして治療に当たっている援助団体は国境なき医師団のみ。

3月の発生以来、300人以上を派遣し、40トンあまりの物資を送り込んできた。

しかしそうした対策は既に限界に達し、「もはや新たな流行が発生した場所にチームを派遣できなくなった」と説明。

流行を食い止めるためには、地元政府や支援団体などの大規模な動員が必要だと呼びかけている。

WHOは7月2~3日に衛生当局による高官級協議を開き、現地への物資輸送や専門家の派遣について話し合う。

エボラウイルスのワクチンや治療法は存在しない。しかし初期段階で手当てを受ければ命を落とさずに済むこともある。

致死率は通常90%に達するが、今回の場合は60%程度にとどまっている

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨウ素 ー加筆あり

2014-06-21 22:05:22 | Weblog
昨日のビタミンDの記事で「・・・・確かに紫外線は怖いのですが、紫外線はおもしろいですよ~!ヨードもギリシャ語で紫を表します。」と

書きました。正確には、ヨウ素は53 ヨウ素 Iodine I ギリシャ語ですみれ色を意味する「iodes」です。

ギリシャ語で、ギリシャ語のioeides(紫色をしたもの)が由来のようです。

今日7月4日ですが、ギリシャ語のioeidesが気になり調べました。

ギリシャ語のioeidesとは色もなのですが、ヨウ化自体を示すものなのです。以下サイト参照

http://en.wikipedia.org/wiki/Iodide

ヘブライ語アルファベットでは、10番目の文字 「ヨード」(Y)を指しています。

モット正確に私が何を言いたかったと言うと、紫外線とかヨウ素など、紫色の存在が興味深い特性を持っている事の面白さです。

平田先生に御縁が出来て、ヨウ素の勉強をした時に、「ヨードはギリシャ語ですみれ色」と言うのを見てうれしくなりました。

私は花が大好きなのですけれど、中でもすみれの花が特に好きなのです。

パンジーではないのよ。                
実家には、私が若い時に集めたすみれの花が、5種類ほど未だに咲いています。

すみれは清楚な花ですが、様々な種類があります。道端に咲くのを見つけるとドキドキします。



ヨウ素は要(カナメ)素という意味もあるかもしれません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説より
http://kotobank.jp/word/%E3%83%A8%E3%82%A6%E7%B4%A0

微量ミネラルの一種。交感神経を刺激して糖質・脂質・たんぱく質の代謝を促す甲状腺ホルモンの構成成分。

海藻類、魚介類、肉類などに多く含まれる。体内にあるヨウ素の3分の2は甲状腺に蓄積され、残りは血液などに存在して

基礎代謝の活性化や発育の促進など重要な役割を担うほか、健康な皮膚・髪・爪の構成、余分な体脂肪の燃焼、心臓の働

きの強化などの作用をもつ。◇「ヨード」ともいう

アルピコ株式会社さんヨウ素のことが詳しく載っています。


日本人は海藻などを世界で一番食べる国なのでこのニュースはおもしろいです。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304357604579587074237077590
米国小児科学会(AAP)は26日、妊婦と授乳中の女性は子供の脳の健全な発達に非常に重要だが日常の食事では十分な摂取が難しいヨウ素を

含む妊婦用サプリメントを取るべきだとする研究結果を明らかにした。

ヨウ素の摂取は過去数十年減少している。報告によると、妊婦の約3分の1は軽度のヨウ素不足になっている。米甲状腺学会などは以前から

ヨウ素を取ることを推奨しているが、AAPが妊娠中のヨウ素サプリメントについて見解を示したのはこれが初めて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビタミンEが肺機能を悪化させる?ビタミンD濃度が低いと死亡?

2014-06-20 14:38:43 | Weblog
このニュースは、喘息などのアレルギーの事に関わる仕事をしていますので、非常に気になります。

私が思う事ですが、「菜種(キャノーラ)油やコーン油、大豆油」と言う事が原因でしょうか?

以前から遺伝子組み換え植物のタンパク質や、油が引き起こす弊害が懸念されていました。

この以下の記事はアレルギーの話ですが、ビタミンEは妊娠衣関わる非常に重要なビタミンです。

スペインのコルドバ大学が、男性でもビタミンEを摂取すると

精子が元気になり、妊娠率が上がる事を突き止めました。

ビタミンEはギリシャ語で「トコフェロール」と言います。

トコ=子供を産む

フェロール=力を与える と言う意味があります。


以下から記事です。
健康に気を配って食材や調味料を厳選している人に、注意してほしいニュースが米国から届いた。

”ヘルシー”とされている食用油に含まれるビタミンEの摂取で、喘息など肺機能を低下させる症状を招く可能性があるというものだ

米国ノースウェスタン大学の研究によると、菜種(キャノーラ)油やコーン油、大豆油に含まれるビタミンE(γトコフェロール)

の摂取量が増えるほど、肺機能が悪化するのだという。γトコフェロールの摂取が多いほど…

研究では、4500人を対象に20年の間に4回肺機能検査を、そして15年間に血液検査を3回行った。

それによると、血漿に含まれるγトコフェロール量が多いと、肺機能が10〜17%落ちることがわかった。

研究を主導した、アレルギー免疫を専門とするJoan Cook-Mills氏は「10%の肺機能低下というと、喘息状態と同じ」と話す。

しかし、同じビタミンEでもαトコフェロールを含むオリーブオイルやひまわり油は肺に好影響です。良かったです。

αトコフェロールを多く含むオリーブオイルやヒマワリ油では、まったく逆、つまり肺機能に好影響を与えることがこれまでの研究でわかっている。

米国では、40年ほど前からバターやラードに代わってキャノーラ油やコーン油が頻繁に使用されるようになった。

米国人の血漿に含まれるγトコフェロール量は、オリーブオイルなどを多く消費するヨーロッパの国々の人の4倍以上になったという。

米国の喘息罹患率が上昇中
連邦防疫センターのデータによると、米国で喘息を患う人の数は増え続けていて、2010年の喘息罹患率は8.4%にまで上昇。

Cook-Mills氏は「もし使用する油をαトコフェロールを多く含むタイプに変えたら、米国だけでも450万人の肺機能疾患を改善することができる」

と話している。http://irorio.jp/karenmatsushima/20140530/138175/


ビタミンEの説明が大変興味深かったので載せます。
ビタミンEは、フリーラジカルを消失させることにより自らがビタミンEラジカルとなり、フリーラジカルによる脂質の連鎖的酸化を阻止する。
発生したビタミンEラジカルは、ビタミンCなどの抗酸化物質によりビタミンEに再生される[2]。
放射線の照射により赤血球の溶血反応が発生するが、これは放射線による活性酸素の生成により脂質過酸化反応による膜の破壊によるものである。
ビタミンEの投与により、放射線による赤血球の溶血や細胞小器官であるミトコンドリア、ミクロゾーム、リボゾームの脂質過酸化反応が顕著に
抑制された。SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)も同様の効果を示した[3



これは、運動が腸内細菌にも良い影響を与えると言う記事です。

軽い運動は、腸を活性化します。呼吸でも同じで、腹式呼吸は腸を動かし、二酸化炭素の濃度がセロトニンを分泌させる事になります。


以下から記事です。
英アバディーン大学のジョージナ・ホールド博士らの調べで、運動により腸内細菌の種類が増え、その結果免疫力がアップし、

長い目で見た健康効果が期待できることがわかった。

博士は「腸内細菌を増やし、活動を活発にするには何を食べるかがもちろん大事」と述べ、また「寿命が伸び、長く健康を保つには、

腸内細菌と呼ばれる常在菌を無視するわけにはいかない」としている。

運動すると腸内細菌の種類が増える。博士らは40人のプロのラグビー選手から血液と糞便サンプルを採取。

46人の健康だが運動はしていない男性のものと、腸内細菌の種類を比較した。

するとアスリートは筋肉や組織の損傷に関係する特異的酵素の値が高く、一方で炎症マーカーは低く、腸内細菌の種類が豊富という結果に。

アスリートの腸内に特に多く存在していたのが、肥満のリスク軽減に関係している腸内細菌だった。
http://irorio.jp/sousuke/20140611/141574/


ビタミンD不足による病気は、骨や歯の発達障害だけではないようです。

ビタミンDは、太陽の紫外線を当てると体内で作られるビタミンです。気になるのは、今、子供のクル病が増えています。

http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/10/1017.html

私も子供が小さい時は、子供を裸にして10分ほど日光浴をさせました。この頃太陽光線が強いので、紫外線対策に重点が置かれ、

バランスが崩れているのでしょうか?確かに紫外線は怖いのですが、紫外線はおもしろいですよ~!ヨードもギリシャ語で紫を表します。
(正確にはヨウ素は53 ヨウ素 Iodine I ギリシャ語ですみれ色を意味する「iodes」 )

太陽光発電にも紫のヨードが必要なんですよ。どこかの日本企業が紫外線により、放射能を無効にする方法を発見しましたよね。

話がそれはじめましたので、戻します。


以下からが記事です。
ビタミンD不足による病気としては、骨や歯の発育不良や骨粗しょう症などが知られているが、このほど新たな事実がわかった。

なんと、ビタミンDが不足すると早死にするリスクが高いというのだ。

カルフォルニア大学サンディエゴ校の研究者らが、これまでに行われた32の調査を分析する形で14カ国56万人超の血中ビタミンDレベルと

死亡率を調べた。ビタミンD濃度が低いとリスク2倍それによると、ビタミンDの代表的指標となる「25ヒドロキシビタミンD」の濃度

が低い人は、一定以上の濃度の人に比べ早死にするリスクが2倍になることがわかった。

また、早死にのリスクが高いとされた人の血中ビタミンDのレベルは30ng/ml以下だった。

一般に健康を維持するためには30ng/mlを維持するのは望ましいとされている。「摂取量を増やしても過剰にはならない」

http://irorio.jp/karenmatsushima/20140620/142874/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喘息・アレルギー体質にしたくなかったら

2014-06-16 13:38:32 | Weblog
子供を、喘息・アレルギー体質にしたくなかったら、生後1歳未満のうちに、ホコリ、ダニ、猫のフケやゴキブリの糞

などの複数のアレルゲンやバクテリアにさらされていた方が、抵抗力が付くと言う仮説が有りましたが、どうやら本当の様です。

米メリーランド州ボルチモアにある、ジョン・ホプキンス児童センターが、新たにこの説を裏付ける研究結果を

アレルギー臨床免疫学ジャーナルに発表した。

        

乳幼児の内からある程度のバクテリア(細菌)にさらされていた方が抵抗力がつくという説は「衛生仮説(Hygiene Hypothesis)」と呼ばれ、

よく言われてきたが、ホコリやチリ、ダニ、猫のフケやゴキブリの糞などの複数のアレルゲンやバクテリアにさらされていた方が、

喘息やアレルギーになりづらくなるという。その効果は生後1歳未満の方が顕著に表れるそうだ。

この研究結果は、先進国で見られる過剰なまでの消毒対策や、抗生物質や抗菌剤の多用は子供の細菌への接触を減らしてしまい、

正常な細胞にまで過剰に反応する「自己免疫疾患」に陥りやすいとことを意味している。

そして、これまで俗説でしかなかった汚い場所で暮らすとアレルギーに強くなるなどといった「衛生仮説」をサポートする結果となった。


しかし、「中国東北部(東北部はウイグル自治区への核実験のチリ)から来る、PM2・5は注意しましょうね」

この所、変な咳が止まら無い方が多く見受けられます。PM2・5は、気管支障害の根源だと私は思っています。

また、極端な解釈をされる方がいますので、付け加えますが、幼児を不衛生な環境に放置するのはいけません。

一般的な、常識範囲内で掃除された環境下で子供さんの育児をしてください。

http://blog.goo.ne.jp/buteyko/e/bb463f66db7b90bbc2598bb23fce065f川崎病の原因

情報元
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52165726.html

情報源http://www.thedailybeast.com/articles/2014/06/06/more-germs-less-asthma-study-shows-babies-exposed-to-bacteria-and-dander-at-less-risk.html
http://www.sciencemag.org/content/336/6080/489.abstract
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駒ヶ岳の御サル様

2014-06-14 14:37:29 | Weblog
南アルプスのエコパーク登録の事を書きましたら、

急に、駒ヶ岳で遭遇したサルの事を思い出しました。

昔、駒ケ岳神社に用事があり、山道を車を運転していました。


私の車以外、人も車もいませんでした。少し心細くなり、トロトロと車を走らせていると、

道の左手の山から白い大きな物が、車の前方2メートルぐらいの所に、サット飛び出してきました。

トロトロ走っていましたので、急ブレーキで止まり、その日本サルをひかずにすみました。

おサルもビックリしたお顔で私を見ていました。

でも、もっとビックリしたのは私の方です。

私の方を見た御サルの顔が、鶏の鶏冠の様にシミ一つ無い、きれいな赤で、体は灰色の毛などが混じっていない、真っ白い毛でした。

オ手テが、少し赤みが掛かった茶い色でした。凄く見事で美しい御サルでした。

直ぐに右手の山に消えていきました。私の心に浮かんだのは「駒ヶ岳の神様だ」でした。

その御サル様の後は、サル一匹通らず、シーンとしていました。やはり一匹狼、いやいや一匹猿でした。

サルに寿命は様々ですが、ニホンザルはオスが25年ほど、メスが35年ほどだそうです。

未だ生きていると思うと嬉しいですし、彼が生きている間、自然環境が激変しない事を願わずにはいられません。

白い動物は、自然の中で目立ち過ぎ、狙われ安いし、遺伝子上も育ち難い、仲間外れになりやすい・・・いろいろなリスクが有ります。

そのリスクを乗り越え、あれほど大きく成長するのは、さぞかし多くの困難が有ったと思います。

   
    この写真より顔はもっと赤く毛がもっと白かっかたです


甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)は、南アルプス国立公園内の赤石山脈(南アルプス)北端の山梨県北杜市と

長野県伊那市にまたがる標高2,967 mの山である。峻険な山容をもち、半ば独立峰のような姿勢で屹立する

日本アルプス屈指の名峰で、日本百名山[1]、新日本百名山[2]、新・花の百名山[3]、山梨百名山[4]、日本百景に選定されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南アルプス

2014-06-11 21:51:31 | Weblog
南アルプス市からは、6月初旬まで、白い山が三方向に見えます。

南に富士山、西に南アルプス、北に八ヶ岳です。

今日はなぜアルプスか?と言うと、「南アルプス」(山梨県、長野県、静岡県にまたがっている)が、

今年の6月に、スウェーデンにて開催されるユネスコMAB計画国際調整理事会において、登録・拡張の可否が決定される予定だそうです。

今日、6月12日未明ユネスコエコパーク登録が決定しました。


この「ユネスコエコパーク登録」に決まると日本では5件目らしいです。

富士山が世界遺産に登録されたし、南アルプスがユネスコエコパークに登録されることで、

山梨県民の自然保護への関心が高まる事を期待しています。


文部科学省
http://www.mext.go.jp/unesco/001/2013/1339323.htm

【我が国のユネスコエコパーク登録状況】

・1980(昭和55)年 「志賀高原」、「白山」、「大台ヶ原・大峰山」及び「屋久島」の4件の登録

・2012(平成24)年 「綾」の登録

人間と生物圏(MAB)計画とは、生物多様性の保護を目的に、自然及び天然資源の持続可能な利用と保護に関する科学的研究を行う


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太る・・・かも?

2014-06-08 14:13:02 | Weblog
私は、ここ2年半ほどで10キロも太りました。

中年太りもあるのでしょうが、さすがに本気でダイエットしないといけない気がします。

沃化脂乳液を、ガン患者さんが飲むとよい量(1日、300ml)を3年間は自分も実践して飲み続けて見ようと思っていました。

飲み始めて、今月で1年6か月になります。去年の健康診断と個人で受けた血液検査二つとも異常はなく、血液中にヨード過多が出る事もありませんでした。

体の細胞の調子が良くなるためか、沃化脂乳液を飲んでいる知り合いや兄弟も半数が太りました。半数の人は体重に変わりありませんでした。

個人の体質もありますし、他の要因が原因で太るかも?と思っているのですが。

9月に行われる町の総合健康診断と、自分個人で血液検査を10月に受けてからは、一般的な予防する摂取量に変更しようと思います。

健康な方がヨウ化脂乳液を使用して、がん発生を予防する場合、「コーヒーや紅茶にヨウ化脂乳液を10から20ml加え、

日常的に飲用する」と言う方法です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯の再生

2014-06-02 17:51:23 | Weblog
この所、様々な分野で発見が相次いでいます。

ハーバード大学では、歯の欠損部分にレーザー光線を照射すると歯が再生することを発見したそうです。

レーダーは弱すぎてもダメ、強すぎてもダメなようです。

http://irorio.jp/karenmatsushima/20140511/133553/

ビューテイコ呼吸法に興味を持って下さる方に、歯医者さんがいます。

そのような流れから、私も歯科関係のニュースがやたらと気になります。

歯科のお医者は子供の歯の治療をしていて、非常に多くのお子が口呼吸をしている事に危機感を感じるそうです。

確かに、お口の中を治療している時に口呼吸したら、いくら吸引器をしても歯の削りカスをのどに詰まらせないか心配になりますね。

周りを見渡しても口呼吸の子供は増えています。5歳くらいでもほぼ全ての呼吸を口でしているお子さんもいます。

赤ちゃんの時からオシャブリをさせると自然に鼻呼吸になります。

しかし、オシャブリは前歯が形成不全になると言う意見もあります。

私個人の意見としては、オシャブリでの歯の形成不全は心配ないと思います。

アメリカでオシャブリは、赤ちゃんの眠っていて突然死んでしまう(SIDS)のリスクを減らせると言う研究もあります。

アゴの発達が未熟な赤ちゃんの場合、舌がオシャブリに吸い付いて、舌の根部分が息道をふさぐのを防ぐ可能性はあります。

http://allabout.co.jp/gm/gc/198314/

米国:就寝時のおしゃぶり使用で突然死予防!

米国の非営利民間団体と米国立小児保健発育研究所(NICHD)のチームが発表した論文によれば、

最近4年間にカリフォルニア州で突然死した乳児185人と、そうでない312人のデータを比較。

SIDSを引き起こしやすいリスクとしては、窒息の可能性のあるうつぶせ寝や、母親の喫煙などが知られているが、

同じようなリスク環境でも赤ちゃんが就寝時におしゃぶりを使っていることで突然死を防げていることが明らかになった。

その理由としては、主に寝具や柔らかなぬいぐるみなど赤ちゃんの窒息を引き起こしやすいものが顔にかかっても、

おしゃぶりの付属パーツが顔への密着を防いでいることなどが挙げられている。これを受けて米国小児科学会は、

SIDS予防におしゃぶりを推奨すると発表した。

米国はもともとおしゃぶりに寛容な文化で、自分で立ってしゃべっているような3歳児や4歳児までもがおしゃぶりをくわえて街中を歩いているほど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加