自由空間

日本で初めての喘息、気管支炎などに効果のある呼吸法
を紹介しています。喘息やさまざまな話を自由にしていけたらいいです。

呼吸で活性酸素を無くそう!(1)

2006-08-10 23:14:06 | Weblog
ページにどんな呼吸法ですか?と問い合わせが良くあります。
このビューテイコ呼吸法はロシアの科学者が40年以上に渡り
人間の呼吸を研究した結果から考案された呼吸器患者のため
の呼吸法です。アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス・・・
様々な国で実践され、呼吸気の病気以外にも多くの効果が認
められています。ビューテイコはこの学者の名前です。

皆さんは酸素バー、酸素水などの流行を見て、酸素は細胞にも
体にもどんどん入り良い影響を与えてくれると思っていませんか?

過ぎたるは及ばざるが如し・・・人体はビタミンやカルシューム、
酸素も必要以上のものは排泄されます。

取り入れるには、取り入れ方があります。ビューテイコ氏は喘息時
の患者の酸素のpHを研究し喘息患者の多くが血液のpHが偏る事を
発見しました。
その偏りを正常に戻すために呼吸法を考案しました。喘息発作や
気管支炎では呼吸が速くなり、必要以上に呼吸量が増すことにより
血液中の二酸化炭素量と酸素量のバランスが崩れ、つづいて血液の
pHバランスに影響することが判っているからです。

酸素をいくら取っても、細胞が酸素を吸収出来ないpHに成ってし
まうのです。

正常とされる動脈中の血中pHは7.35~7.45で維持されていますが、
呼吸亢進(過呼吸)の状態になります。すると必要以上の酸素が
血液のヘモクロビンと結合することによりpH値が7.5を超えるよう
になってきます。
この状態を軽度のアルカローシスといいます。血液が通常よりアル
カリが亢進する結果になります。

こうなってしまうと先ず、血液の粘度が上昇するとともにヘモクロ
ビンに結合した酸素の結びつきも必要以上に強くなってしまいます。

その結果、本来は酸素を必要としている細胞組織のところにこの赤血
球がやって来てもヘモクロビンと酸素の結びつきが強いために組織
へ酸素を受け渡すことが出来なくなってしまうのです。


上記は、近年(20世紀初頭)デンマークの生理学者のボーアによ
り発見されました。

更に、余分な酸素は体内で活性酸素(様々な病気の90%が活性酸素が
原因だと言われている)になります。

腹式、鼻呼吸は呼吸の基本です。更にビューテイコ呼吸法は酸素を効率
よく取り入れ、肺の機能を向上させる呼吸法です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑い日とガソリンの上昇 | トップ | 呼吸で活性酸素を無くそう!... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (つばめ)
2006-08-13 00:54:14
最近話題?の酸素水について独り言を言っちゃいます!

流行につられて酸素水飲んでみました。



↓遊びに来てね♪

http://blog.kuruten.jp/tubame/991

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
活性酸素と抗酸化作用 (体臭対策ドットコム)
現代の日本では、さまざまな生活習慣病に悩む人が増えています。 この生活習慣病に深くかかわっているものに、私たちのからだの中の「活性酸素」があります。 活性酸素は、不規則な生活やストレス、アルコール摂取、喫煙、脂質の多い食事、紫外線などにより、過剰に発...