命の獄

130キロから30キロ痩せるブログ。別名、腹壁瘢痕ヘルニア闘病記。

カラオケの練習に新戦力!アーティストの口の動きが3D表示される!リップシングル【企画ID0018】

2016年10月12日 04時21分57秒 | 企画・アイデア
カラオケどころか、英語の発音練習も劇的変化!!リップシングル



カラオケの練習方法に実際の歌手の口の動きを見て、そこから、ブレスやどのタイミングで

どう歌っているかを知るというものがあったのだが、今回の【企画ID0018】リップシングルは

実際のアーティストの口の動きをモーションキャプチャしてしまい3Dデータにして、バンドスコアが

曲にあるように、歌唱用の直感的なアプローチとして、口の動きをパッケージとして発売してしまおうと

いうもの。

また、これは、ネイティブの外国語を話す人、自分と全く違う人の口の動きをパッケージにしてしまうことで

外国語の発音の練習や、関西弁、東北弁、関東弁、なんでもござれの口の動きに関する新しいアプローチとして

大注目だ。インターフェイスとして、まだ、VRが普及の勢いを見せる段階では、時期尚早だが

将来的には、自分の口の動き、もし今述べる端末が出るときには、口の動きだけではなく様々なものが

対象になるだろうが、ハンディタイプの3Dスキャナーというか、リアルタイム3Dリップシングルは

自分の口の動きが、購入したパッケージのリップシングルと同調、リップシンクしていると、同調の度合いのサインが

全く違う動きをしている時は、ターゲットアウトのサインを出してくれる。

また、これは飛躍的な発想で、話自体がずれてしまうかも知れないが

口の動きにリハビリを必要とするする人たちにも、リハビリテーションツールとしても展開していけるのではないか。

とにかく、世の中、世界、数多の口の動きに関する全てを網羅した、僕らの得る新しい単位。リップシングル。

あなたは、松田優作と同じ様に叫びたくはないか?

ジャンル:
スキル
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モンスターは、もはや狩る時... | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL