Be Happy!
みて、たべて、あそんで、なんでもヨシ。




きらの宿すばるで宿泊の予約をした時に、スノーシューも申し込んでいました。
オーナーがスノーシューのガイドをして下さり、近場を案内してくれるというものです。
とりあえず天気が良ければ、美幌峠に行こうかということだったのですが、
昨日から雪が降っていたので、とりあえず屈斜路湖で少し体験することに。

まずは、摩周湖の伏流水を汲みに。


こんな所で水が汲めるとは知りませんでした。

この水が美味しかった。
クリアな味。

釧路川です。

この源流で夏にカヌーをひっくり返して、落ちたのもよい思い出です。

さあ、スノーシューのスタートです。
朝、マッシュの散歩で履いたスノーシューとは違って、山登り用のものだそう。
軽くて、裏のギザギザ感がすごい!
雪をしっかり噛みそうです。
道路を渡り、スノーシューを履きます。
これが、履きにくい!
何が大変って、スノーシューを履くためにいい場所へ行こうとして、雪に埋まる。
太ももまで埋まる場所もあるので、要注意。
やっといい場所を見つけ、履こうとするものの、なかなかきちっと締まりません。
オーナーに助けてもらって、やっと履けました。
これで、もう体はぽっかぽか。
息も上がる勢いです。

さあ、出発!

まずは、湖の方へ歩いて行きます。
スノーシューを履くと、さっきまで埋もれていた所も、浅く踏み込む程度になります。

新雪なので、ふかふかのさらさら。

すっごく気持ちいいです。

登る時には、スノーシューのかかとの金具を上げると…かなり楽になります。
湖に到着。


結構波があります。

雪なのか霧なのか、遠くまでは見えません。

龍のように見える気があります。

下の方が龍の顔に見えるそうです。
分かるでしょうか?

また、雪を踏みしめ上へ。

途中、表面がダンボールの中みたいな木がありました。
こっちも分かるでしょうか?

駐車場に戻りました。
降る雪の量は増えているのですが、美幌峠に行ってみることにしました。


着くと、大雪。

風も強く、吹雪いています。
とりあえず、道の駅で休憩し、様子を見ることに。
2階の休憩室でコーヒーを頂き、ほっと一息。
ただ、吹雪が収まりそうにないので、これで終わりに。

これだけ吹雪いたら仕方ありません。


オーナーはすごく恐縮されていましたが、天気なので仕方ありません。
また、次の機会に楽しむことにしましょう。
スノーシューにもはまりそうです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« きらの宿すば... 焼鳥専門ぎんねこ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。