Be Happy!
みて、たべて、あそんで、なんでもヨシ。




北海道で過ごすのもあと3泊。
今回の旅も終盤に近付いてきました。
全力で楽しみましょう!

朝起きて、まずは温泉へ。
熱いお湯で体をシャキッとさせました。
入り口には「十勝しんむら牧場」の牛乳です。

「ごめん、よろしく」
「はいよ。」
牛乳嫌いなので、飲んでもらいました。
「健康的やわ~」

しばらく部屋で休憩。
テレビを見ていると、驚きの文字が!
『きょうのうちに2日分の食べ物確保』

こんなの見たことないです。
台風は一体どうなるのか!

とりあえず、今日は大丈夫そうなので安心。
さあ、朝食です。

中村屋の朝食
は野菜たっぷりで美味しい~。

最高でした!

朝食後売店へ。
ここの売店は宿が見つけたいい物だけを販売しています。
気に入った物を購入。
ちょっと休憩して、チェックアウト。
すごくいい宿でした。
また、来ようっと

今日は北見で泊まります。
そんなに遠くないので、ぶらぶらしながら行きましょう!

まずは、中村屋お薦めの糠平橋梁へ。
駐車場に車を停めて、歩いて行きます。


トンネル跡がありました。


実はこの橋、通行可。
橋の上を歩いて見ましたが、当たり前ですが上からは橋はよく分かりません。
下に下りて、見上げてみました。

でっかいです!

川が美しいです。


蝉がいました。


ひがし大雪自然館の駐車場に戻ると、鹿がいました。

自然館の中を見学。

ぬかびら湖にも寄りました。


それから、今年は水没しているというタウシュベツ橋の展望広場へ行きました。

入口に水没していると貼り紙が貼ってあります。

完全に水没していますが、見える景色は美しいです。。

満足して戻る途中、出会った全員の人に、「タウシュベツ橋は全部沈んでる?」と聞かれました。
「完全に沈んでいますが、景色はきれいですよ。」と答えました。

車へ戻り、出発!
三国峠を上がって行くと、霧が出てきました。


もちろん、峠の展望台も真っ白でした。


そろそろお昼ご飯を食べる場所を決めなければいけません。
地元の情報誌を見て、決めました。

すずや食堂
です。

地元のお客さんいっぱいの食堂での食事に大満足!

ただ、汗をいっぱいかいたので、温泉に行くことにしました。

生田原温泉ホテルノースキングの冷泉で元気回復

ここから、北見に向かいました。

北見ハッカ通商に寄ることにしました。
行ってみると…

休みでした

仕方がないので、ホテルでチェックイン。
それから、北見土産を買いに、駅前のパラポに行ってみました。
定休日でした
隣の北見駅のキオスクをちょっと覗いて、ホテルに戻りました。


やっぱり北見といえば焼肉。
長定番の四条ホルモンに行くことにしました。
17:45にホテルを出て、歩くこと1分強。
着いた四条ホルモンは…

満席でした

でも、待つことに。
待っていると、お腹もいい具合にぺっこぺこになってきました。
そして、四条ホルモンで焼肉を満喫しました。

サイコー!

その後、セイコーマートへ行って、は冷やしラーメンを買っていました。


「こわ~い。」
私は腸のために、ヨーグルトを食べて休憩。
バトミントンのダブルス準決勝の勝利を見て、就寝。

幸せ



------------
1日目:出発→園原→茅野(8月6日)
2日目:茅野→車山→佐野→南会津→会津磐梯(8月7日)
3日目:会津磐梯→吾妻小富士→仙台→(フェリー)(8月8日)
4日目:(フェリー)→苫小牧→安平町→真狩→ニセコ(8月9日)
5日目:ニセコ→積丹→江部乙→旭川(8月10日)
6日目:旭川→富良野→上富良野→鶴居村(8月11日)
7日目:鶴居村→(トレッキング)→弟子屈→摩周湖→弟子屈(8月12日)
8日目:弟子屈→釧路川(カヌー)→川湯温泉→摩周→細岡展望台→釧路(8月13日)
9日目:釧路→浦幌→帯広(8月14日)
10日目:帯広→音更→鹿追→士幌→然別湖→糠平温泉(8月15日)
11日目:糠平温泉→三国峠→留辺蘂→生田原温泉→北見(8月16日)
12日目:北見→温根湯→層雲峡→旭川→神居古潭→滝川→札幌(8月17日)
13日目:札幌→中山峠→喜茂別→ニセコ→洞爺湖町(8月18日)
14日目:洞爺湖町→苫小牧→安平→千歳→苫小牧→(フェリー)(8月19日)
最終日:(フェリー)→敦賀→帰宅(8月20日)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 2016年・夏 ... 2016年・夏 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。