天使と姫物語~自閉症児と家族の歩み~

自閉症という障害をもつキララと、バレリーナを目指す姫子。二人の娘を育てながら日々思うことを気まぐれに。

勉強会②

2017年04月04日 | キララ
☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..

そのお陰で、キララは新しい環境にも崩れることなく、

崩れるどころか、かえって学校の時よりもずっと落ち着いて過ごすことができました。

心配した作業だらけの日課にも、

分かりやすい目で見える量をあっという間にこなして、褒められる。というサイクルにハマって、

「じょーずねー!できたね!」と自分でも言いながら、楽しみながら人一倍稼いでくれるようになりました。



Iさんが言っていました。

キララにとってオウム返しはただの遊びではなく、

普通の会話がなかなか難しいキララにとっての大切なコミュニケーション方法なのだと。

キララは同じことを繰り返しながらも、自分の気持ちや状況を伝えてくれているんだと。

今日はとっても楽しいよとか、

ちょっとやる気ないのだわとか、

お話ししてくれているんです。


そんな言葉に私は本当にそうなんです!と思いました。


だから、キララの言葉に反応しなかったり、返してあげなかったりすると、

キララは自分を受け入れてもらえてないと感じ、凄く不安になるんです。

そこに気づいてくれたこのIさんは、本当にキララと心から向き合ってくれたんだと思います。



キララのように障害が重くても、

自分を受け入れてもらえる場所があり、自分を理解してくれる人がいて、毎日褒めてもらって生活していると、

こんなにも成長するんだなって改めて思いました。


この作業所にしてよかった。

ここならキララのこれからの人生を任せられる。

心からそう思います。



そんな安心感からか、

私は長い間ずっと、キララがいつパニックを起こすか、人に危害を加えるんじゃないかとかばっかり心配して、

ずっとずっといつでもどこかで緊張して生きてきたんだけど、


その緊張がすーって解けて、

毎日ホケ~っと過ごせるようになりました。



勉強会の最後に、そのことをお話させてもらいました。

本当にありがたいです。

キララの名前は、『周りから可愛がられて幸せが舞い込んでくる』という意味かあります。

キララの人生、まさしくそんな感じになってきました。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強会① | トップ | トークショー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キララ」カテゴリの最新記事