バスストップから基地ストップの会

2015年6月以前の記事は http://www.geocities.jp/stopfromstop/ へ。

2016年12月定例デモと申し入れ書

2016-12-20 22:52:21 | 日記

 17日は12月定例座間デモの日、オスプレイダメのTシャツで参加。17名という小さなデモですが、11年続いています。キャンプ座間の正門では、申し入れ書で、オスプレイ墜落事故の抗議をしてきました。受け取る米兵と、自衛官は緊張気味でした。デモ後の交流会の〆は「明日がある」の大合唱。来年もあきらめず、がんばるぞ! 仲間がいるからがんばれるのだ。

オスプレイ名護墜落事故で怒り心頭のデモでしたが、サンタの帽子に子供も注目、沿道や車から手を振ってくれる人たちが。さざ波のように広がる怒りを、もっと大きなうねりになることを願う本年最後のデモでした。


                                                             

                                 

 

              申し入れ書

 在日米軍司令官・米陸軍第一軍団前方司令部司令官    ジェームズ・パスカレット少将様

陸上自衛隊中央即応集団司令官                   小林 茂 様

座間駐屯地司令                             豊田 真 様

 

大変な事故が起こりました。今までも何度も死亡事故を起こし、危険が明らかな殺人欠陥機オスプレイが沖縄で2機相次いで事故を起こしました。

1機は集落から400メートルの名護市の海上に墜落。11年前の沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落した時と同様に、日米地位協定に阻まれ、まるで植民地のように、海保も警察も近寄れず、沖縄県警は抗議の市民を近寄らせないように米軍を守っている。市民の命を守れない、原因究明の捜索もできないとは植民地支配下の警察ではないか。この墜落事故の規模は「クラスA」で、被害額は95億円で、オスプレイの機体価格85億円をはるかに上回っている。

この殺人欠陥機オスプレイの事故で国民が恐怖に包まれているというのに、この国の首相はプーチンと金もうけ話以外意識にない。

殺人欠陥機オスプレイを今すぐ本国に引き上げ廃棄してください。もう2度と日本上空を勝手にとばさないこと。高江のヘリパッドなど今すぐ元に戻しなさい。


最近親しい人から聞きました。

死んだ人は生きている。死者は死んでない。生きている人の背なかに乗っかって生きている。

死んだ人は私たちの背中に乗っかって生きています。

私たちは、1945815日を敗戦の日として、第二次世界大戦後の戦後を生きてきたつもりでいました。この戦争でどれだけの人たちが、殺されたのでしょう。殺された人がいるのだからそれだけの人を殺した人たちがいる。そこで、第二次世界大戦の死者をインターネットで検索すると死者数のあまりにも膨大なことに気が遠くなる。正確な数字などわかるはずがないが、日本人の犠牲者300万人、日本が侵略した国のうち中国だけでも1000万人を殺している。祝福されて生まれた人たちが、飢え死にや爆撃、玉砕、原爆などありとあらゆる悲惨な死を迎えて犠牲になっていく。命を断ち切られた人々の思いが、憲法の中に凝縮されて、戦争に加担しないでここまでやってきた。

今の安倍政権は、人の命の大切さなど、全く考えられない。命より経済だ!金だ!

殺人欠陥機オスプレイが墜落しても、今後民家に落ち命が奪われる(私の家の上空も飛んだ)危険に国民がおびえても、金儲けのための外交に飛び回っている。命を守ろうとしない安倍政権に、沖縄の県民の命を守ることなど考えもしない人間に、この国を勝手にさせてはなりません。

在沖縄米軍のニコルソン地域調整官は「県民に被害を出さなかった。感謝されるべきだ」と発言。まさに沖縄差別、占領軍意識丸出しの発言に怒りを禁じえません。

〇今すぐ欠陥機オスプレイは配備撤回しなさい。

〇命より金、大企業の利益のために国民の命を売る安倍政権はやめてもらいましょう。

〇日本政府は、30億ドル(3600億円)の税金を使って、殺人欠陥機オスプレイを、17基も買うなど狂気の沙汰である。(1機の値段は米国の何倍もの211億円ともいわれ、セットで購入)

〇世界に二つとない生き物の宝庫、やんばるの森を破壊して殺人欠陥機オスプレイの訓練のためのヘリパッド工事を止めて元の自然に回復させるように。

〇辺野古の海、生物多様性の海、大浦湾の破壊による辺野古の新基地をつくるな。

〇一家族の四人に一人が悲惨な沖縄戦で殺された沖縄の県民の後ろには亡くなった家族の命が連なっているのだ。先祖を大切にする人たちが米軍基地内に取り上げられて墓参りもできない悔しさがわかりますか。

人の命に代わるものはありません。

司令官殿は殺人欠陥飛行機オスプレイとともに日本から撤退し、基地の汚染を除去して、元のきれいな土地にして返還してください。

 

自衛隊司令官殿

武力で平和が来るなどと本気で考えておられるのですか。自衛隊がこの狂気の安倍政権によって戦争に巻き込まれ相手国にも自分たちにも犠牲者が出ることを許しますか。今まで戦争で殺されていった人たちの犠牲の上に保たれてきた憲法に守られてきたこの戦後(沖縄の人たちの犠牲の上に)を、失ってしまってからでは遅いのです。

〇南スーダンPKOの自衛隊に駆け付け警護の任務は憲法違反です。

〇来年度、陸自中央即応集団の改変により、陸上総隊を新設、日米共同部を座間に置き、自衛隊と米軍の一体化に突き進むことは決して許されないことです。

〇厚木基地の爆音をまき散らす飛行訓練をを止めてください。

私たちは100回以上の申し入れ書を送りましたが返事をもらったことがありません。

お返事を待っています。

最後に自衛隊の皆さん、冷静に考えて安倍政権のために殺し殺されては絶対にいけません。

200161217日                                                                     バスストップから基地ストップの会とデモ参加者一同


    

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年11月の定例デモ... | トップ | 2017年1月定例デモと申... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。