虹色仮面 通信

神出鬼没なオッサンが毎日感じたことを取り留めなく書き連ねます

名物を食す

2016-11-12 00:01:44 | 旅行
お寺があり、露店があり、小さなお店が並ぶ巣鴨地蔵通りは、古き良き日本の風景と、この地に根付いた文化だけでなく、人々の優しさや昔ながらの商人のおもてなし(心意気)が感じられる場所です。

おじいちゃん・おばあちゃんだけでなく、日本人なら何かを感じられる場所ではないでしょうか?

巣鴨地蔵通り商店街は、テレビを初めとする、さまざまなメディアで紹介され「おばあちゃんの原宿」と呼ばれ、今や全国的に有名になりました。

JR巣鴨駅から「とげぬき地蔵尊」の高岩寺を通り、庚申塚へと向かうこの商店街は、魅力に満ち溢れています。
都内屈指のスポットとも言えるのでは?

昨日記しました「日本一の赤パンツ」が目印の赤パンツ専門店「マルジ」や、根強い人気を誇る塩大福のお店やレトロな喫茶店など、人気店が軒を連ねます。
その中から定番の「塩大福」と「大学いも」を購入。

ファストフード感覚で、歩きながら(時々立ち止まりながら)食べます。
やっぱり美味い!記憶や味覚はしっかり覚えていたのだ。
美味いものを食べると、お茶も欲しくなったので、お茶もすすりながら味わいます。

朝からいろんなものを食べてばかりですが、何事もなく胃袋に入っていきます。
それだけ美味いということ。

約1時間少々、ここに居ますが、なんだかんだで、食べ過ぎの感は否めず。
長いこと居たら、いくらでも食べてしまいそうなので、そろそろ地蔵通りを後にします。
1日いたら、数kgは増えてしまいそう。

腹減らしのために、少し歩いて、この近くの日本庭園2か所を見て回ります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤のパワー | トップ | 融和と調和の庭園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。