虹色仮面 通信

神出鬼没なオッサンが毎日感じたことを取り留めなく書き連ねます

修復がベターか?

2017-04-20 07:33:08 | 社会

築地市場の移転問題について。

個人的には、築地を数年間かけて修復し、豊洲は別の用途に転用するのがベターではないか?と考える。というのも、築地はすでにステイタスを築いており、国内外から多くのお客さんが来る場所になっている。老朽化と狭隘により、移転するにはもったいない。加えて豊洲の場所は、かつて東京ガスの豊洲工場があり、当初から土壌汚染の心配もされていたところ。調査で二転三転したのも不思議だし、もし安全だと判断されたとしても。それまでの良くない結果が気になる。もちろんコストの問題やその後の維持管理費の問題も考えねばならない。

残るにしても移るにしても反対意見は出るし、文句や罵詈雑言はあるに違いない。ただ豊洲の汚いイメージは「生モノ」を扱う市場としては致命的。またアクセスも築地に比べると良くない。ならば馴染んだ築地をリニューアルするのが、いろんな意味で合理的だと思うし、都民の賛同を得られるのではないか?

そこで豊洲をどうするかだが…。2020東京五輪まではコンベンションなどの施設に転用するのがベターではないか?五輪関連でビッグサイトや幕張メッセは使われなくなる予定で、首都圏のコンベンション施設が不足するのは明らか。このようなコンベンション施設なら、卸売市場よりも環境面での影響やイメージの悪化は避けられる。また改修も大掛かりでなく済むだろう。

その後は都庁(本庁舎)とする。新宿の現都庁も、東京五輪開催時点で30年目を迎える。今の段階でもかなり老朽化しているとされる。聞くところによると、東日本大震災などの影響で、あちこちが水漏れしたり、壁のひび割れがひどいらしい。デザイン重視の建物ゆえ、簡単に改修とはいかないんだとか。

総合的に判断するタイミングはもうすぐだろう。小池知事がどう判断するか?この市場移転問題を政争の具にすべきではないと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 19haの広さ | トップ | 190億円 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。