虹色仮面 通信

神出鬼没なオッサンが毎日感じたことを取り留めなく書き連ねます

札幌市内で鉄分補給

2017-04-29 06:43:18 | 乗り物

4月某日。

偶然、仕事もなく暇だったので、札幌市内で鉄分補給しようと考え、普段乗らない(沿線ではない)東西線に乗り、途中下車しながら観光気分も味わってみようということに。

平日だったため「地下鉄専用1日乗車券」(830円)を購入し、真ん中の(各路線の結節点である)大通駅をスタート。※土日祝なら「ドニチカキップ(520円)がお得です。

まず新さっぽろ方面へ。乗ること10分。南郷7丁目駅で下車。

この南郷7丁目駅は、札幌市営地下鉄で唯一の2面3線の駅で、2面の両ホームが中線を挟む形となっている。ホーム番号の振り方が変則的で、北側の本線が1番で新さっぽろ行、南側の本線が2番で宮の沢行となっている。中線は両方のホームに面しており、新さっぽろ方面のホームが3番、宮の沢方面のホームが4番ホームとなっているが、3番ホームは、可動式ホーム柵の設置に関連して現在使用が停止されている。

朝6時発の宮の沢行きのみ、この駅が始発である特徴もある。開通当時は(将来に)快速運転することを見据え、このような形にしたのだろうか?

画像:現在使われていない3番ホームから2番・4番ホームをみる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認定マーク | トップ | メトロ文庫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

乗り物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。