虹色仮面 通信

神出鬼没なオッサンが毎日感じたことを取り留めなく書き連ねます

形を変えて復活

2016-09-18 06:41:05 | 乗り物
少し前のResponseの記事より。

JR東日本は9月6日、訪日客の取り込みを目指した簡易宿泊施設「Train Hostel 北斗星」を総武本線の馬喰町駅(東京都中央区)近くに設けると発表した。
12月中旬のオープンを予定している。

発表によると、ジェイアール東日本都市開発が開発し、千葉県などで宿泊事業を展開しているR.project社が運営。
馬喰町駅付近にある地上7階建ての既存ビルを取得し、6階までを簡易宿所に用途変更した。

客室は2段ベッドタイプと個室タイプの2種類で、料金は1泊2500~4000円。
上野~札幌間の寝台特急『北斗星』(2015年廃止)の寝台客車で使われていた部品を再利用し、「限られたスペースで細部にまでこだわった寝台列車の空間づくり」を取り入れるという。
また、全てのスタッフが英語で案内できるようにするなど、訪日外国人旅行者に対応する。<了>

こりゃいいなぁ。
人気が出そうな簡易宿泊施設が年末誕生します。
場所が微妙な気もするけど、これが目的ならば気にならないのかも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の乗り放題パス | トップ | 誤差 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。