生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

一面のどんぐり!

2009年10月31日 23時09分14秒 | 小平
小平に来て思うこと。それは、ここには、きっと、旧石器時代、人類が存在していたであろうことである。

小平は東京都の市町村でも、農業で上位に入ってくる都市である。しかも、この画像のように、秋口になると、どんぐりが道一面に転がっている。小平に来た当初は珍しくて、どんぐりを拾っていたが、目に付いたどんぐりを拾い集めたと仮定すると、きっと1日で部屋中がどんぐりだらけになるくらい、どんぐりに恵まれている。

玉川上水沿いには、イガイガのついた栗も落ちている。ちょっと、食べるには細っているが、ちゃんとした農家の栗園に行けば立派な栗がなっている。

無論、旧石器時代や縄文時代には「玉川上水」はなかったのだが、この自然における「どんぐり」の状況からすれば、きっと、人がいたんだろうな・・・と思うわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩の先は・・・

2009年10月31日 22時45分36秒 | 大学評価・学位授与機構
放送大学と学位授与機構のあたりをブラブラしてきました。

放送大学では面接授業をやっていました。そういえば、今回、論文にかまけて、面接授業を申し込むのを忘れていた!

半期に1科目~数科目申し込んでいるのですが、今回は見送りですね。

あと、学位授与機構。私の修士論文にも機構について触れています。指導教官に削除されなければそのまま残ることでしょう。

それにしても、大学評価・学位授与機構は私にとって大きな人生のターニングポイントだったのかもしれないですね。なんせ、機構の近くに住みたいということで、今の場所に引越ししたのですから。

最初に試験を受験したときは、「こんなに遠くて不便なところに機構があるなんて!」と憤慨していましたが、今や機構はご近所さんです。

あれから、わずか3年半で「文学」「経営学」「教育学」「商学」「社会科学」「社会学」「学芸」の7つの学位を授与されるとは、当時は思いもよらないことでした。

「学士ばっかりたくさんとっても仕方ない」というのは、仰せの通りなのですが、自分に足りない知識が身につく上に、学位としてそれが認められるというのは何物にも代え難い。なんというのか・・・そう、「人生の付録」というか、「大学院生の特典」というか、うーん、言葉としてなかなか言いづらいのですが、妙に、うれしいんだな・・・

修士の学位記を貰ったときも、それはうれしかったのだが、その喜びは時間を経るにつれ、右肩下がりに低下していく。それが、学位授与機構から、半年ごとに学位記を頂くと、うれしさが、また跳ね上がるような気持ちになる。

しかも、この学位、誰でも取れるのではなく「単位を積上げて」「論文書いて」「試験受けて」しかも、「現役大学生以外(ただし、大学院生はOK)」と言う条件をクリアしないと学位記は取れない。

加えて・・・なんと、大学院生って、過去の機構データによれば、意外と不合格になる確率が高いのです。色々なカテゴリーがあって、下から2番目に合格率が低い・・・

そんな中で、7連勝という実績は「凄い!」と思うのは自画自賛?かもしれませんが、いくつかポイントがあるのかもしれません。解答の書き方にも「ポリシー」があり、いつかブログで書いていきたいと思っています。

散歩の話が、何か思い入れの入った話になってしまいました。(1000字)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そういえば・・・

2009年10月31日 22時42分26秒 | 大学評価・学位授与機構
本日の昼の話。

病のため、出不精になっていたのですが、家から学位授与機構が見えたので、散歩にいったのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フリーズ・・・

2009年10月31日 22時30分36秒 | その他
PCの前に座っても、何も打てない。

やるべきことはいくつもあるのだが、今一歩というところで立ち止まってしまう。論文優先で、当面更新するはずもなかったブログに手を出していること自体、「負け」の証拠である。

「人生の敗北者」とまではいかなくても、「現状逃避の臆病者」ぐらいの称号はいただけるかもしれぬ。

こんな後ろ向きのことを、くどくど書き綴るっていうのは「うつ病」の兆候なのかもしれぬ。「どこぞに、カウンセラーはいないのか!」と思ったら、自分がカウンセラーですってオチで締めくくってしまう。

自分という存在が「フリーズ」してしまっているのであろう。困ったことである。

何とか、体調は復調しつつも、モチベーションまで比例的に復調はしないようだ。エンジンがかかるまで、それなりに時間がかかるのかしら?自分がエンストしている。というより、バッテリーが切れているのだ。充電するしか方法がないのだろうが、その術(スベ)がみつからない。

本当に困っているし、参っている。まあ、人間ってこんなもんです。生まれたときから、死ぬまでトップギアで突っ走ることなんてできない。山あり谷あり。

私なんぞは、新幹線のごとく駆け抜けているように見えて、実は、都電荒川線ぐらいのノロノロとしたスピードで走っているようなもの。

で、現状、車庫に入ってメンテナンス中ってところかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神無月の晦日に・・・

2009年10月31日 09時18分22秒 | ちょっと立ち止まって・・・
人生、うまくいかないときにはうまくいかないものである・・・

修士論文の追い込みをするべきタイミングに体調を崩し、刻一刻と期限に追われるが、やる気が全く起こらない。

付箋だらけの参考文献の山、放置されたままの論文の山・・・それぞれ、秋のハイキングコースのごとく、山、山、山のオンパレードである。

積みあがった本の一山を数えたら、39冊だった。よくもバランスを保っているものだ。机の上にも、参考図書の尾根が繋がる。

生涯学習って、こんなに苛酷なものだったかしら?そういう気持ちに憂鬱になる。

修士論文書きあがったら、やりたいことがいっぱいである。語学とか、資格とか、会計の勉強とか、旅行とか、母校の産業能率大学大学院で特別聴講生として、講座を履修するのもいいかな~と思っている。

もう、10月も終わり、そう神無月の晦日である。

自分の論文に、「生涯学習とは、やりたい学習だけをやればいいのだろうか」という類の文章を書いたが、まさに、やりたくない論文をやっている状況である。

生涯学習について明確な定義はない。すべての人ごとに、色々な形の生涯学習があるはずである。ややもすると、生涯学習は「自発性」が求められるため、自分の好きな学習だけをやっていればいいような論調になりがちである。

しかし、社会人の生涯学習は結果が求められる。何故なら、生涯学習振興法の第二条にかかれるように「学習に関する国民の自発的意思を尊重するよう配慮するとともに、職業能力の開発及び向上」が求められるからである。「職業能力の開発」が、すべて、和気藹々とした楽しいものであるわけがない。

つまり、社会人の生涯学習とは「自律」が求められるのである。自発的に目標を設定し、その目標に対して結果をださなければならない。それが、能力開発であり、子どもが健康のために「ニンジン」や「ピーマン」を食べさせられるがごとく、嫌と思ったことでも、自己の能力開発のために取り組まなければならない。

そう、自分のできない仕事から逃げるのではなく、果敢に立ち向かって、それを乗り越えなければならぬのと同義である。

って、かっこいいこと言っても、自分の論文が完成していない以上、負け犬の遠吠えと同じである。

やっぱ、修論を完成させた諸先輩方は偉大だな・・・と考える今日この頃である。(1000字)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出勤停止と体調不良のハザマ・・・

2009年10月30日 23時20分07秒 | その他
インフルエンザの影響が我が家にも・・・

水曜日と木曜日は出勤停止ということになっておりました。木曜日には、近所のお医者さまへ行ってきたのですが、新型インフルではありませんでした。しかし、家族が2名も新型インフルの状態で、風邪で弱っている私の状況を鑑み、ドクターストップがかかりました。で、水曜、木曜と一日中寝ておりました。

本日は、午前休を取って、午後から出勤。月末のお仕事を片付けてまいりました。

風邪にうなされながらも、最低限の役割を果たしております。

それにしても、新型インフルについて、検査の結果「シロ」でよかった・・・もし、職場で蔓延でもしたら、私の責任になってしまうから。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早退・・・

2009年10月28日 12時42分00秒 | その他
今朝起きたときから、どうもフラフラして仕方がない。

熱はないので会社に行ったが、やはり不調なので会社の近くの病院へ。熱が、ちょっと高くなり始めていて(1度ちょっと)インフルの疑い濃厚とのこと。

なんせ、家族が2名罹っていますから・・・そういわれても仕方がない。本日、一般の風邪の薬をいただき、これを飲んでも高熱が出たらインフル確定とのこと。

会社で蔓延したらまずいので早退。とりあえず、自宅で安静にしておきます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

次男も・・・

2009年10月27日 21時51分39秒 | その他
新型インフルに罹患しました。

さて、私ですが、フラフラしています。熱は出ていませんが、この大事な時期に罹患してしまったかもしれません。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凄いぜ!

2009年10月26日 22時12分29秒 | 産業能率大学大学院
なんと、わが母校、日経キャリアの「通ってみたい国内ビジネススクール」の第二位(東日本編)に選ばれたそうです。

う~ん。。。なんでこんな結果になったのか?私も、本日、国分寺駅前の小さな本屋でこの本を探したのですがありませんでした。原因を調べてみたいと思います。

私が不思議に思うのは以下の点です。
1.本学に関係する院生はそれほどおらず、歴史とかカリキュラムを知らないはず。
2.慶応や早稲田、青山のMBAと違って、それほど有名じゃないはず。
等々・・・

しかし・・・私は、本学を修了し、そのすばらしさを知っている。前にも書いたかもしれないが、私が学生の間に本学に招聘された上場企業の役員は20名を超える。加えて、経営コンサルタントである実務系の先生が山のように集まっている。しかも授業料は私立MBAでは最低クラス。

はっきり言って、2年間で150万円にも満たない授業料(当時:146.5万円)は安すぎると思っていた。ただ、それを知る人はそれほど多くはないが。

とりあえず、めでたい話に喜んでいる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長男が新型インフルに・・・

2009年10月26日 22時10分55秒 | その他
長男が新型に罹ってしまいました・・・

いずれ、私もダウンすることでしょう。大変、困っております。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加