生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

万国教授資格(ius ubique docendi)

2010年05月02日 18時37分48秒 | 資格
放送大学で借りてきた「大学の誕生と変貌」という図書。

p.46に、実に興味深い記述があった。それが「万国教授資格」である。内容は以下の通り。

学位の性格的な変貌に関して最後に触れておきたいのは、その通用の問題である。学位(教授免許)は1233年教皇グレゴリウス9世がトゥールーズの学位取得者に与えた特権が契機になって、「万国教授資格」(ius ubique docendi)となった。教皇や皇帝の設立勅許状をもつ大学の学位は、少なくとも論理的には、汎ヨーロッパ的に通用するものと見なされるようになった。

この話は、大学院でのゼミ(そう、例のマンツーマンで教えていただゼミ)にて、話の概略だけは知っていたが、修了後、なかなか学習しなかったので、そのままの状態になっていた。

「教皇から勅許を賜う」ということは、「資格」は神から与えられたものと同格

指導教官のこの一言が、私にとって「宗教学」を学ぶ引き金となった。本当は高野山大学がよかったのかもしれない。しかし、近所に人間学(宗教中心)を教えてくれる大学院ができたし、設立前からマークしていたので、武蔵野大学に行くこととした。

「資格」の権威付けとは、その昔、教皇や皇帝から勅許されたことに起因する。そう考えると、宗教や国家の権威を背景に資格は生まれ、また、その生まれた際の姿は「学位」であったのだ。

だからこそ、学校教育の中で、資格を付与するような形は一番自然だと考える。されど、規制緩和の際、その流れは断ち切られた。多くの資格で大学卒業者・大学院修了者の特権を廃止したのだ。

それで一貫していればいいのに、法科大学院や会計専門職大学院にて修了したものに、司法試験や、公認会計士試験の上で特権を与えることになった。

一体、この国の資格のビジョンは何なんだろう・・・

試験合格と教育機関卒業の2つのルート(あるいは実務経験を含めて3つ)を設定すればいいだけなのに、一貫性がないと思うのは私だけだろうか?
ジャンル:
学習
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸弁検定! | トップ | 郵便局へ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
資格ニュース20100501-20100505 (シカクロード別館)
大型連休の5日分まとめてドーン!!! っていうほどネタがあるわけでもないが(笑) 【資格(公式サイト)】 ◆第5回試験日が11月14日(日)...