生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

中国では・・・

2017年10月18日 22時03分54秒 | ちょっと立ち止まって・・・
中国は5年に一度の党大会!

テレビでは中国のニュースが流れます。時にはラッパの音とともに中国国歌も演奏されます。勇ましい、その国歌の名は「義勇軍行進曲」です。

>起て!奴隷となることを望まぬ人びとよ!
>我らが血肉で築こう新たな長城を!
>中華民族に最大の危機せまる、
>一人ひとりが最後の雄叫びをあげる時だ。
>起て!起て!起て!
>我々すべてが心を一つにして、
>敵の砲火をついて進め!
>敵の砲火をついて進め!
>進め!進め!進め!

この曲は、私が中国にいた際、毎朝、テレビでながれていました。そして、この曲の中の「敵」とは、いわずもがな・・・「日本」です。私が、不合格となった機構の「比較文化」のレポート(≒論文)には、このことを言及しております。日々、国歌、あるいは教育の中で、日本を「敵」とし、その認識を忘れない中国国民と接する際、我々日本国民は、そういう背景を認識せずに交流を行うことがどれほど危険なことか。

「同じ漢字を使っている国だから筆談で分かりあえる」なんて思っていると、いつまでも文化の交流はできません。中国人と対峙する際、卑屈になることはありませんが、相手の文化をリスペクトすることなく、軽んじているようでは、真の意味での文化交流はいつまでたっても困難です。

私はこの曲を中国語で歌えます。テレビでメロディが流れると、ついつい口ずさんでしまいます。中国で現地の行員が教えてくれました。「敵」の国民が、「義勇軍行進曲」を歌うのですから、現地の行員も驚いたことでしょう。

そして、この曲と「威風堂々」だけは、どうしても、聴いてしまうと、何故か、起立してしまいたくなるのです。
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恩師の退職記念パーティです... | トップ | 栗きんとん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ちょっと立ち止まって・・・」カテゴリの最新記事