生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

お祭り!

2017年07月01日 05時44分09秒 | 名古屋
帰宅の道すがら、大人と子どもの家族連れや、子ども達の集団が、一つの方向に向かっていることに気が付いた!

帰宅経路から離脱し、そのあとをテクテクとついていくと、神社のお祭りに遭遇した。そうか、もうお祭りのシーズンなんだ。月末週で、結構、多忙でヘトヘトな状態だったが、ついつい、連なる露天を巡ってしまった。生き物系では「金魚すくい」があるぐらい。昔のお祭りでは、「ひよこ釣り」や「うなぎ釣り」「ミドリガメすくい」なんかもあったように記憶しているが、「ひよこ」はすぐに「ニワトリ」になるし、「ミドリガメ」も違法に放流されて、外来種として悪名を轟かせることとなるので消極扱いとなってしまったのかもしれない。

それに、「うなぎ」は、素人じゃ捌けないしね・・・

多いのは飲食系やおもちゃ系。ポテトが不作というわりに、「フライドポテト」や、グルグル巻かれた「トルネードポテト」なんかが売られていた。「綿菓子」や、「リンゴ飴」なんかもあった。「たこ焼き」「焼きそば」「お好み焼き」も定番。おもちゃは「スーパーボールくすい」や、紐を1本引っ張って、その先におもちゃが繋がっているといったものがあった。

そんな中、スーツ姿でブラブラしているのは私くらい。ほかに1人、帰宅中のサラリーマンも見つけたが、足早に立ち去っていた。氏子総代と名札を付けた方に頭を下げ、お祭りの元締めともいえる神社で5円を賽銭箱に入れてお参りする。心の中では、この神社も、ひょっとしたら古墳じゃないかな~と思いながら、土地の氏神様にご挨拶。神主さんにも頭を下げたところ、さすがに、スーツの会社員は皆無の状況なので、神主さんもペコリと頭を下げてくささった。

それにしても、単身で赴任して511日。愛知県を歩き続けているのだが、概ね、古墳の上に神社があって、その神社の多くでお祭りが開催される。氏子が土着しており、都心ほど人の出入りが激しくないので、おじいちゃん・おばあちゃん、お父さん・お母さんの時から、土地の氏神様と一体化し、お祭りが続けられている。それは、土地の有力者の墓守としての仕事、地域の氏神としての仕事をバランスよく維持してきた結果なのかもしれない。

といいつつも、古墳というお墓の上で露店を繰り広げ、ワイワイ騒ぎ立てるといった「罰当たり」なことをしていると誰も思っちゃいない。されど、意外と、太古の豪族の霊も、喧噪かつにぎやかなお祭りの光景を楽しんでいるかもしれないのだから。

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 健康診断の結果を見直してみ... | トップ | 半年終了~♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名古屋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。