武士の山野草と花達

ハッスル老人、残された日々を記録として残したい

静岡の旅 ②

2017-05-05 16:14:34 | Weblog

 

  御前崎灯台で7:30頃の目覚め

  その後久能山東照宮目指し海岸通りを走る

  御前崎から久能山へ行くのは初めてで

  過ぎ去る景色を堪能した

   

  久能山に近ずくに連れて海岸端に

  イチゴ栽培農家のテントハウスがズラリ並んでいた

  途中にコンビニが有ったので休憩を……

 

  コンビニの兄ちゃんに久能山行きの道を尋ねた

  兄ちゃん曰く店を出て左に行けば駐車場が有ると案内してくれた

  その後オジサンが行くのですかと聞いて来た

 

  はいオイラが行くのですと言ったら

  ご老体には無理ですヨ 階段を登るのに大変です

  その御歳では1:00位掛かりますよ……(@^^)/~~~

 

  俺たちの会話を聞いていたサラリーマン風の2人連れが

  ロープウェイで行けば楽ですよと言っていた

  2人連れが今からロープウェイ方向に行くから

  後からついて来てくれと優しく言ってくれた

 

  15分位走ったらデカイ看板がロープウェイ乗場はこちらから……

  左折し少し走ったらロープウェイ乗場の駐車場に到着

  二人連れの方に感謝感激だ……

  真面に階段を登れは即救急車要請となるハメだった

   

  出発時刻スレスレでロープウエイに乗り込んだ

   

  10分弱で久能山に着いてしまった

   

  山頂からの展望も良くイチゴハウスが良く観える

   

   

  随分昔に来たままで昔の思影は無かった

   

  少し上ると桜門が構え建っていた

   

  家康の手形ダッテ

   

  更に階段を登るのデアル

   

  建物の色彩は日光東照宮と同じです

   

  こん盛りとした山頂に有り

   

  何か陰気臭さを感じる

   

  日光東照宮でも同じであるが

   

  建物の補修が至る所で行われていた

   

  建物色彩等々は日光東照宮と同じと感じた

   

  大きな違いは「眠り猫」「三猿」を観る事が無かった (有るのかな)

   

  建物にはそれぞれ名前が有ると思うが

   

  覚える気も無かった

   

  何しろ派手な佇まいだ

   

  何処を観ても同じように見える

   

  更に階段を   

   

  登り詰めると

   

  家康の墓が現われた

   

  しかも久能山の山頂に

   

  ドッシリ構えて居る

   

  観光客も4〜5名程度

   

  オイラノの独り占め

   

  ロープウェイ乗場の案内に英語・中国語・韓国語 ご苦労さんな事です

   

  次回は三保の松原に続きますが 連休明けから

  四国に車中泊の旅にてかけます 途中で四国編をポチするかも…… 

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡の旅 ① | トップ | 静岡の旅 ➂ »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。