バスターミナルなブログ

全国のバスターミナルやバス旅の紹介(※ブログ内のデータは原則として撮影時のものです)

・池袋サンシャイン発着の始まった「どっとこむライナー」

2016年12月31日 | 気の向くままに、、


2016年12月10日より、昌栄交通が運行する「どっとこむライナー」に新路線が開通しています。

新路線は、池袋サンシャインバスターミナル<池袋駅東口>~長野間で、毎日2往復を設定。これまでの東京・新宿系統と合わせ、計6往復の「どっとこむライナー」が運行されるようになりました。

これにより、東京都内~長野市内間の高速バスは2往復が増えましたが、12月1日からトラビスジャパンが金土日+繁忙期の運行になったために、トラビスジャパンが運行する日は38往復、しない日は37往復の体制になりました。


2016年12月10日現在
「東京都内~長野市内間 高速バス」

京王・アルピコ 15往復(夜行0.5往復)
西武・長電 6往復
アルピコ・成空 1往復(夜行1往復)
ウィラー 9往復(夜行2往復)
トラビス 金土日+繁忙期1往復
昌栄 6往復

計38往復(トラビスジャパンが運行しない日は37往復)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【定点】浜松町バスターミナ... | トップ | ・2017年になりました »

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長野線 (ぽん)
2016-12-31 21:38:09
おや、また競合路線が増えましたねー
今度は長電と西武の池袋線と同じですか
しかし、トラビスが平日運休となるとこの区間
は最近元気が少ないようですね。
こんばんは。 (雲羽百三)
2016-12-31 21:46:07
 今年は楽しい記事をありがとうございました。

 また、私のブログとのリンクを許可して頂き、ありがとうございました。
 来年もまた楽しい記事を楽しみにしております。
 良いお年をお迎えください。

 追伸、厚かましいお願いがございます。
 もし今後、機会があれば、こちらのブログに掲載されている写真を私のブログでも使わせて頂くことはできませんでしょうか?
 もちろん、引用元は明記致します。
 管理人様の撮影技術には脱帽しました。
 厚かましいとは思いますが、どうか御一考のほどをよろしくお願い致します。
ゆく年くる年 (あきつしましらせ)
2016-12-31 23:07:24
こんばんは。
あと一時間以内のことですが。
バスタ新宿にいったらNHKゆく年くる年の取材をしていました。お客様の邪魔にならないよう気をつけて放送するそうです。

バスタ新宿ができて細かい情報を知ろうと思い、「バスタ新宿 ブログ」で検索したところ このブログを知りました。沢山の情報ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
長野線 (バスターミナルなブログ管理人)
2017-01-01 00:10:17
>ぽんさま
東京都心~長野間の高速乗合バスは、また記録更新です。
「どっとこむライナー」が東京側からの乗客もターゲットにしているのに対し、トラビスジャパンは主に長野側の乗客をターゲットにしています。これだけ便数が増えてくると、新しい層を開拓していく事が必要なのかもしれません。

>黒羽百三さま
こちらこそ、ありがとうございました。
画像使用については構いません。事後でいいので、コメント欄に使用の旨を書いていただけると助かります。
それでは、2017年もよろしくお願いします。

>あきつしらせさま
NHKを見ながら、ブログを更新していましたが、思いっきりバスタ新宿から中継していましたね。それも結構時間を使って(^^)

こちらこそ、ありがとうございました。2017年もよろしくお願いします。
管理人様へ (雲羽百三)
2017-01-01 12:38:54
 本年も良い年になるよう、お祈り申し上げます。

 写真使用の許可を頂き、ありがとうございます。
 使用の旨の件の書き込み、了解しました。
 今年もよろしくお願い致します。
Unknown (バスターミナルなブログ管理人)
2017-01-02 23:45:27
>雲羽百三さま
こちらこそです。今年もよろしくお願いします。
開拓 (みどり)
2017-01-03 18:32:56
バスターミナルなブログ管理人さま

昌栄交通、路線の開拓に熱心になっていますね。ドミナント戦略が功を成してくれれば良いと感じます。

長野県は、高速路線に参入しやすい土地ですから、地元の事業者にも頑張って欲しいとエールを贈りたいです。
長野線 (バスターミナルなブログ管理人)
2017-01-04 22:31:48
>みどりさま
たまに「どっとこむライナー」を見かけますが、結構乗ってる時がありますね。
美味しいところだけでいいのでしょうか? (京帝117)
2017-01-04 23:54:33
トラピスに関しては「やっぱり」って言う感じです
従来の定期路線バス事業者は美味しくないところも呑むのと引き換えに美味しいところも得ることができた歴史があるだけに、「乗る日」「乗る時間」だけ参入するというのには、今だに不公平感と違和感と憤りを感じます
利益が上がらなければ民間企業として成り立たないのは理解しますが「公共」交通機関として果たさなければいけない義務もあると思うのですが…
クリームスキミング (バスターミナルなブログ管理人)
2017-01-07 21:40:32
>京帝117さま
長年、ずっとバスに近いところで仕事をされていた立場から、あまりの大きな変化に戸惑いもあると思います。

規制緩和によって、クリームスキミング(美味しいところどり)を規制する仕組みも出来ましたが、定期観光やリムジン、高速バスは対象にはなっていません。その理由はわかりませんが、日常生活路線とこれらは別物という考えなのかもしれません。

逆に、特定の日しか運行しない事は、利用者との関係が希薄になるので、それなりのリスクも背負うことになり、美味しいがずっと持続していけるかは微妙なところとも思えたりもします。
移動のサービス業 (みどり)
2017-01-08 14:49:00
高速バスは、都市間を移動するサービス業なのです。路線バスの部類に入りますが、公共交通とは言うに難しいでしょう。対価を払って移動を受ける商品と見て良いでしょう。

認可制になり参入する事業者は、リスクを意識しなくてなりません。
空気を運んでいる状態を避けるのは、自然の事です。

従来組の事業者もある程度の時を見ながらダイヤ改正などの改善をしていますね。
Unknown (バスターミナルなブログ管理人)
2017-01-08 23:36:15
>みどりさま
何をもって「公共」と定義するかによっても異なりますが、私は高速バスも公共交通と思っています。
Unknown (Unknown)
2017-01-09 00:20:52
みどりさん

時刻表が有って、フリで行っても
空席があれば誰でも乗ることができるのが
公共交通機関ではないでしょうか
高速「路線」バスの高速道路通行料が
貸切バスと異なる「2」が適用されているのも
その責任があるからです
乗客がいるから運行する。いないから運休する。
それは「路線バス」ではありません
貨客(客貨)混載 (ももいわそう)
2017-01-13 08:50:03
詳細はヤマト運輸のホームページをチェックして頂くとして。この流れは止まることはないでしょう、全日空や日本航空では当たり前のように行われています。バス事業者の利用者減少とヤマト運輸のドライバー不足にて双方が悩んでいた問いに対しての答えが「貨客混載」なのです。
岩手県内の例であげれば、盛岡〜宮古線「106急行」と宮古〜重茂車庫までは岩手県北自動車のバスにて運ぶというもの。ヤマト運輸では幹線輸送の便削減やセールスドライバーの現地滞在時間が伸びてキメ細やかな応対が実現出来る上に、排気ガスも減少できて「地球に優しい」ことをPR出来る。岩手県北自動車にしてみれば貨物の輸送により空きスペースの活用にもつながる上に、輸送に際しての手数料が入るので路線維持にも有効な手段となっている。
賛否両論はあるでしょうが路線バスや高速バスも公共交通機関として維持・運営していくための取り組みのひとつとして、「貨客(客貨)混載」だと愚考しますが。
客貨混載 (バスターミナルなブログ管理人)
2017-01-13 23:04:09
>ももいわそうさま
ヤマトのHPを見ました。これから労働力人口が減っていくと予想される中で、連結できるものは、つなげて効率化していこうという流れは加速していくのかもしれませんね。

昭和30年に運輸省が、乗合バスでの「郵便物の配送」に協力するよう通達を出して、これが今も生きているのですが、このあたりが客貨混載の先例でしょうか。