対話の可能性

雑文タナベ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

坊や哲

2008-06-12 21:28:04 | 黄昏
色川武大のエッセイを読んでると
春風亭柳朝のことが書いてある
この頃は柳朝が脳梗塞かなにかで倒れてて口座に上がれない状況
50代でまだ元気な雰囲気の武大
口座に上がれない柳朝を気にかけ元気づけようと思うが
自分がその状況だと単に励まされてもどうだかなーと感ずるので
頑張れとは言いたくない
でもがんばれみたいな
しかし武大の方が先に亡くなるんだよね
(色々略)
夜、酒を飲みつつこのエッセイ読んで柳朝伝の内容を思い出すと
何故だか無性に泣けてきた
倒れてもまだ生きている
思い出す故人
生と死の差
ほにゃらほにゃら
非常に頭が重い
(気が滅入るので略)
思考回路的があれでこれだからそろそろ鬱に落ちるのかなぁ・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近の愕然 | トップ | 夏色のダイアリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
坊や哲 (哲さーん、打ちにいきましょうよ)
坊や哲ご存知、阿佐田哲也こと「坊や哲」 マガジンの頃から読んでましたが、本当に面白いですよね。 今日は23巻。 ドサ健との死闘。 読み出したら途中で止められなくってね。
坊や哲 (哲さーん、打ちにいきましょうよ)
坊や哲が倒せない坊や哲が倒せない 「エアーマンがたおせない」を「坊や哲が倒せない」したものです。坊や哲の設定6 実践記つーことで、坊や哲(否、哲也)の設定?(確定台ではないが、ほぼ間違いなし)を打ってきたッス。。。 仕事帰りにお店に着いて1時間。打ちたい台(...