Craft Beers!/クラフトビール主義!

"ビアハンター"マイケル・ジャクソンに憧れる
記者ただけんのレポート

ビアジャッジ1日目 / Beer Judge seminar 1st day

2017-08-05 | クラフトビール
ただけんです(^^*)

今日と明日の2日間、
新宿で実施中の
「ビアジャッジ認定講習会」を
レポート!

初日の今日は、9:15から始まり、
最初に、日本地ビール協会の
山本祐輔理事長が

「ビールを審査する上で
大切なことは、すべての審査員が
同じ基準で評価することです。

実際の審査では、
3~7名でチームを組み、
ディスカッションを通じて
入賞ビールを選出します。

お互いの意見に
耳を傾け、理解し合うためには、
ビールの審査に必要な
共通言語を覚える必要があります。

今日と明日の2日間、
皆様には田村講師の下、
座学で必要な知識を、そして、
本番に近い形の官能審査を
学んでいただきます。

なお、明日の夕方に実施する
認定試験に合格された方には、
9/14・9/15に横浜で開催します
インターナショナルビアカップの
審査員として、公式に
招聘させていただく予定です。

既に海外からは40名のジャッジが
エントリーし、日本からも30名の
ジャッジが参加を予定しており、
ぜひこの機会をご活用下さい」と
挨拶した。

同協会・田村功統括講師による
座学セミナーでは、
審査の対象となる
下記5つの項目について
公式テキストを活用しながら紹介。

・外観印象
・アロマ
・フレーバー
・ボディ
・全体印象

クラフトビールの主原料である
モルト/ホップ/酵母/水に
どのような種類があるのか?

その違いや組み合わせにより、
どのような変化が生じるのか?

各ビアスタイルに合致した
香り(アロマ)/味わい(フレーバー)
とは?

また、実際の審査会は、
どのようなプロセスで
行われるのか?

そして、15:00頃からは、
全12名の受講者が2組に分かれて
グループ形式での官能審査に突入。



課題となるビアスタイル
(35.ジャーマンピルスナー)
について、

最初に、審査の手引書となる
「ビアスタイルガイドライン」の
記載事項を読み込み、
書かれている内容について
本番と同じスコアシートへ記入。

→同テキストは、
 表現を意図的にぼかしている
 箇所もあり、それを踏まえて、
 審査の基準を「正確」に
 理解することの大切さを学ぶ。

次に、実物のビールに対する
官能審査を行い、その結果を
テキストの内容と照合することで
審査対象のビールが
「テキストの内容にどこまで
 忠実に造られているか」を判断。

そして、2回目の審査では、
グループ6名の結果を
ディステッションを通じて
1つの見解に集約する、
本番さながらの審査に挑戦。
(86.アメリカン・ペールエール)

なお、3回目の審査では、
グループ各人が要領をつかみ、
課題ビール(42.シュヴァルツ)
について、2回目の半分の時間で
審査を完了。

※それぞれが意見を主張しつつ、
 最終的に全員の合意の下で
 1つの見解をつくっていく。
→僕は、本業の新聞記者で
 このような摺り合わせ作業が
 ほとんどないので貴重な体験!

このように、初日は
座学セミナー&模擬審査を行い、
18:45に解散。

【発見】
ビールは生き物。

1つ目の課題ビール
(35.ジャーマンピルスナー)が
酸化していたため、ホップの
アロマ/フレーバーが衰退し、
その分、モルトの甘みが
「強く」感じられた。

本来、モルトよりもホップの
ニュアンスが明快なスタイル。
しかし「状態」によって
キャラクターが逆転する可能性も
あり得る、という実例を目撃し、
改めて、審査員/ジャッジの
存在意義を認識できた。

【すごい】
僕たち12名の受講者と共に、
(田村講師も含めて)同協会の
ベテランジャッジさんたちも
課題ビールを審査。

素人集団2組の見解に対し、
ベテランジャッジさんたちも
審査結果を発表。
その際に「なぜそう思うか」
判断の根拠も説明。
めっちゃ勉強になるー!!

以上、ただけんでした(^^*)

【付記】
なお、先日の「宿題」を
山本理事長にお聞きしたところ、

現在、日本地ビール協会の
認定ビアジャッジは約200人、
(※マスターBJは約10人)。
ビアテイスターの合格者数は、
累計6,000人とのことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビアジャッジに挑戦! / Call... | トップ | ビアジャッジ2日目 / Beer Ju... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クラフトビール」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。