LOVE - GOLDEN APPLE

投資とフィギュアスケート、映画とドラマに政治、その他諸々。
自分の興味ある事を勝手に綴っているブログです。

大川小学校 津波訴訟 控訴について思うこと

2016-11-07 11:41:40 | 日記
大川小学校の津波訴訟、結局市も県も控訴という結果になりました。

「亡くなった先生たちに責任を負わせることは辛い」ということだそうです。

この裁判、判断がとっても難しいと思います。第一、自然災害に責任を求めての裁判、って可能なのかどうかと当初は思っていました。それも今まで経験したことのないような津波による災害。
たとえ、事前にアナウンスがあったとしても、果たして多くの子供達を抱えてのとっさの避難は可能だったのかどうか。。

ですが、報道によると、ご家族の皆さん、単に賠償金を求めての裁判というわけではなく、あの日実際に何が起こったのか真実を知りたいという気持ちの方が大きいようです。
確かに、地震があってから1時間以上も校庭にいただけですから、その間なぜ逃げなかったのか、何があったのか、という切実な気持ちがご遺族の中にはあるのだと思います。

大川小学校以外はほとんど犠牲者もなく助かっているわけですから、なぜ、河口から4kmも離れているこの学校でこんな大きな被害が出てしまったのか、という憤りが強いのではないでしょうか。

真実を知りたい、という思い。このことから、生き残った一人の先生からの言葉を直に聞きたい、という気持ちがご遺族の間では強かったように聞きました。
ですが、その先生、精神衰弱が激しいという理由で今回の裁判では証言をしていません。
また、津波後の聞き取りでこの先生が述べたことと、あの日、実際にこの先生と生き残った子供たちを助けた方々との証言がかなり違っているということも報道にありました。

今後、控訴になったら、この先生、証言台に立つのでしょうか。

親として子供の最後はどうだったのか知りたい、という切実な気持ちはよくわかります。
この生き残った先生、あの日に一体何があったのか、本当のことを話されたらどうなんでしょうか。そうしなければ、ご自分もご遺族もさらには亡くなった子供達、先生方もずーっとモヤモヤした気持ちを抱えたままとなるのではないでしょうか。

また、石巻の市長さん、亡くなった先生方に責任を負わせるのは辛いということだそうですが、この裁判、先生方だけに責任を求めているわけではなく、市や県の防災に対する責任を求めているものだと思います。あの津波では、石巻だけが突出した数の被害者を出しているということもだそうです。市や県の防災に対する意識レベルが低かったのではないのか、という意見も目にします。
また、大川小学校も津波が来た場合の避難所に指定されていましたが、津波が起きた時の二次避難場所を大川小学校だけ「高台」と曖昧な表現しか使っていなかったのに、それに対しても適切な指導を行っていなかったというのは、市の責任かもしれません。「高台」としか書いていない、ということは、日頃から小学校自体も防災の意識がなかったのかもしれません。

現に同じ石巻市でも、海岸側の学校は、あの日、以前から指定してあった場所に間一髪脱出し全員が助かったということだそうです。

あの幼稚園の送迎バスが地震後、高台にある幼稚園に残るのではなく、海岸の方にある自宅に送迎していて園児が多数亡くなった事故も、この石巻市です。
この時もやはり、ご遺族の「真実を知りたい」という気持ちで裁判を起こされています。
みんなが上へ上へと逃げている最中に高台から降りてくる一台のバス。そのバスに乗っていた園児5人が亡くなってしまっています。

控訴審でご遺族の真実を知りたい、という気持ちは果たされるのでしょうか。









ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月6日(日)のつぶやき | トップ | 11月7日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大川小訴訟の控訴について (福岡在住)
2016-11-07 13:06:21
 大川小訴訟で宮城県と石巻市が控訴した本当の理由は、教師とその遺族を守るためだと思います。国賠法1条2項は「公務員に故意又は重過失がある場合、国又は公共団体は公務員に求償できる」とあり、県や市はこの規定に基づき、通常は、条例や損害賠償規程で「公務員が故意又は重過失で損害を与えた場合、公務員に求償しなければならない」と定められています。
 この事件の判決では、教師に予見可能性も注意義務違反も全面的に認められており、教師に重過失が認定されています。したがって、14億円は、最終的には宮城県と石巻市から教師とその遺族に対し請求されることになります。そうなると新たな悲劇が生じることになるから、控訴したのではないかと思います。
難しい問題 (咲とその夫)
2016-11-07 16:24:39
 こんにちは! 
 確かにこの問題は、極めて難しい問題かと思います。
 海岸付近の学校は、海が近いということで、平素からの危機意識が強かったのでしょう。
 それに比べて、海岸から離れている学校では、危機意識は海岸付近と比較するとかなり低かったと思います。
 あの震災の津波による関東以北の被害、専門家が「想定外の出来事・・」と、云ったことが物議を醸していました。
 
 しかし、まさに想定外のこと、大川小学校の教師たちもその意識だったと思います。
 結局は、市教委・市当局、県教委・県当局全体の危機意識不足だったのではないでしょうか。
 はるか昔に津波被害があったけれども、現在発生しても大丈夫だろう・・・。
 その程度だったのかもですが、いずれにしても非常に難しい問題と思います。

 遺族ならなぜあの時適切な対応を・・・と、思うことは当然でしょうけど。
福岡在住さんへ (長野のりんご)
2016-11-07 21:19:34
コメント、大変ありがとうございました。
この判決に対して、本当にいろんな意見がネットで見受けられます。福岡在住さんがおっさるように、賠償金が教師とその遺族に請求される、ということは初めて知りました。このような災害での責任は個人に行くものなのでしょうか。市とか県とかが支払うものだと思っていました。
また、この裁判に参加していないご遺族もいらっしゃいますし、判決の時のご遺族の態度や横断幕に違和感を覚えたような人もいるようです。本来「真実を知りたい」と願っているご遺族の気持ちを離れて、何か別の方向に向かってしまっているような裁判で、残念な部分も多いですが、大川小学校の悲劇を忘れない、考えられないような災害が起きても、正しい判断を下すことができるように、防災への意識が高まれば良いのに、と思っています。
咲とその夫さんへ (長野のりんご)
2016-11-07 21:24:17
コメントありがとうございました。
本当に難しい判断ですね。また、いろいろな情報がネットで溢れていて、私自身分からないことも多いです。裁判に参加していないご遺族の方はどう思っていらっしゃるのか、とか。。。
でもこのような悲劇をきっかけに、防災に対する意識が個人、行政の両方の強くなれば良いと思っています。
Unknown (たま)
2016-11-12 10:40:36
お邪魔します

辛い事件、辛い裁判
辛い控訴
どこを切ってみても辛さしか残りません
子供たちは戻ってこないという辛さです

ps_トプ画はバルーンフェスタでしょうか?
自宅でです。 (長野のりんご)
2016-11-12 12:23:25
コメントありがとうございます。
実際にあのような災害で身内を亡くしてしまったことはないので、もし、ご遺族の立場に自分が立ったらどのような行動をとるのか考えてしまいます。裁判を起こすだろうか、など。また、裁判を起こさなかったご遺族の気持ちもどうなのでしょうか。災害後の役所の様々な対応などから、不信感や軋轢が生じてしまったのでしょうか。いずれにしろ、誰のため、何のための裁判なのか、原点を忘れないでほしいと思います。
なお、バルーンの写真はバルーンフェスタではなく、家の近くまで飛んできたバルーンを写真に取りました。あれだけ宣伝しているバルーンフェスタ。実は一度も行ったことがないのです。
行かれましたか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。