LOVE - GOLDEN APPLE

投資とフィギュアスケート、映画とドラマに政治、その他諸々。
自分の興味ある事を勝手に綴っているブログです。

パククネおばさん、存在そのものが主義主張のないものでした。まるで操り人形。

2016-11-08 10:46:48 | 海外
韓国のパククネおばさん、大変なことになっています。

最近、これもまた、私が昔書いたブログがずーっと上に来ているので、どうしたのかと思っていたら、とうとう、という感じです。
このブログで私はパククネおばさんのファッションには主義主張がない、と書きました。

ドン小西、パククネおばさんのファッションをブッタギル!


最初に今回のニュースを聞いた時、一体全体どういうことかさっぱりわかりませんでした。それに、なんだって今頃、こういう事が暴露されるのかも不思議でしたし、どうやってわかったのかも不思議なところでした。

要するに、国家機密をごくごく一般人に漏らし、すべての決定をその人たちに任せていたということだと理解しています。それも、「ここで微笑む」とか「うなづく」とかのこと細かい注釈付きで。

そして、なぜこれが明るみに出たかというと、韓国のテレビ局が現在逮捕されている女性の事務所に行ったらパソコンが捨てられていて?その中に色々な書類があったということらしいですが、詳細はわかっていないようです。これって、以前から怪しいと色々と調べていたんでしょうか。

何しろ、パククネおばさん、就任当初から誰に相談して色々な物事を決めているのか、全くわからなかったようです。

「大統領は就任当初から、何を考え、誰と相談しているかわからなかった。大臣ともスタッフとも意思疎通が行われず、謎めいて”不通大統領”というあだ名ができていたくらい」

とは、産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏の言葉。

また、今まで政策などに関しても人と議論したこともなかったとか。

こういう事を聞いて、あの主義主張のないファッションにも納得。
要するに自分の意見というものが全くない大統領だったのですね
存在そのものが、主義主張のない操り人形のようだったのでしょう。

今後、マインドコントロールしてくれる後ろ盾がいなくなり、それこそ、政権運営は大丈夫なんでしょうか。

でも、唯一主義主張を出したファッションがあの謝罪会見で着た、お通夜のような洋服。
本人は、もう終わりだ、という気持ちなのかもしれません。




しかし、一体全体何だって、議論もできない人が党の党首となりさらには大統領になりえたんでしょうか?家柄?お金の力??
本当に不思議。

韓国の社会って、パククネおばさんを叩くのも良いですが、こういう人でも大統領になれてしまう、という社会の歪みを是正していく必要もあるのではないでしょうか。

(反日、反日ばっかり騒いでいるうちに自分たちの足元も危うくなってくると書いている人もいましたが、本当にその通りになってきています。経済も政治もボロボロ。)

ジャンル:
海外
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月7日(月)のつぶやき | トップ | 11月8日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
韓国とは・・・ (咲とその夫)
2016-11-08 13:00:11
 そうですね、朝鮮半島そのものが、長い歴史の中で大国の従属国家だったのでしょう。
 そのため、人を羨むことばかりだったような・・・。
 一方、直情型の性格で、じっくり物事を考えて進めるということが少ない国だったような気もします。

 今の大統領も頑ななまでに反日を唱えることだけが、自らの主張なのか。
 実態は親日で反日のポーズの方がやりやすかったのか。
 確かに操り人形だったようですね。
 
 北朝鮮問題が危機的になっている現在、韓国そのものがしっかりすべき時期ですけど、こんな体たらくで大丈夫ですかね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。