LOVE - GOLDEN APPLE

投資とフィギュアスケート、映画とドラマに政治、その他諸々。
自分の興味ある事を勝手に綴っているブログです。

真田丸〜〜サウンド・オブ・ミュージックがスターチャンネルで放映されていました。

2016-10-19 09:44:47 | ドラマ


真田丸のおかげで一気にトレンド入りした映画、サウンド・オブ・ミュージック
以前のブログで、真田丸での逃走シーンと映画でのシーンがどのように似ているのか、「この映画を見て確認しましょう。」なんて書いていたら、なんと、スターチャンンネルで放送していることに気がつき、びっくり。
まるで、今回の騒動を見据えてような放送でした。

久しぶりに見たこの映画。
オーストリアとかドイツの風景がとっても綺麗。今でもこの映画の風景とあまり変わっていないのではないでしょうか。

映画に出演していた子役たちも可愛いですね。それに何よりも、主役のジュリー・アンドリュースの歌声が素晴らしいです。高音に陰りがなく、とっても音が伸びている歌声。聞いていて、素直な心になれるから不思議。
トラップ大佐を演じた、クリストファー・プラマー。若いですね。とても今の風貌とは似ても似つかない??ような感じです。83歳の今でも精力的に色々な映画に出演されているところがすごい。
兄弟姉妹役を演じた方の中にはすでに亡くなった方も多いです。長女のリーズル役を演じたシャーミアン・カーさんは9月に73歳で亡くなられたばかりとか。。
映画を製作してからの年月の長さを感じます。

トラップ一家の逃走劇に使用された「So long, Farewell」は、トラップ家で行われたパーティの「おひらき」の出し物として7人の子供たちが可愛らしい振り付きで歌う曲として映画の中には出てきます。英語,フランス語,ドイツ語で「さよなら」という言葉を順に歌っていきます。そして、映画の最終章、ザルツブルクのコンクールの場面でも歌われています。これはコンクールの出し物であると共に祖国への別れも意味している、ということです。

真田丸で歌われたのは雁金踊りというものです。結び雁金が正式なようですが、真田家の家紋から取られています。主に平時の幸せの時に使うものだとか。戦時には六文銭。サウンド・オブ・ミュージックのようにさようなら、などとは歌っていないと思いますが、真田家の今は幸せ、という気持ちを村人たちに表したかったかもしれませんね。

ということで、サウンド・オブ・ミューシック、

この映画を見て確認しましょう。


So Long Farewell



『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月18日(火)のつぶやき | トップ | ウチのジャック 靴下もお気... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。