LOVE - GOLDEN APPLE

投資とフィギュアスケート、映画とドラマに政治、その他諸々。
自分の興味ある事を勝手に綴っているブログです。

日本は違う、という不思議な感覚

2017-05-14 14:42:14 | 日記
この最近、日本周辺国が騒がしい。
中国、韓国、北朝鮮と。。。韓国に関しては、もう、理解不能度100%です。ムンちゃん、バリバリの左翼で北朝鮮とは対話路線で、それで国民は経済的飛躍を期待って、訳わかりません。一体これからどうするの❓という印象。

こんな何十年も繰り返された、韓国の日本に対する度を越した態度。中国もそうです。
どうしてなんでしょう。単に戦争の時にひどい仕打ちを受けたから、だけではないのではないのではないのか、と私は思います。第一、そんな理由だけで何十年も日本憎しでやってこれるのでしょうか。

これは私の全く個人的な感想ですが、以前、海外と良く往き来していた時、日本ってどうしてこんなに世界と雰囲気が違うのだろうかと常々不思議に思っていました。
それほどの多くの国に行ったわけではありませんが、アメリカに行ってもヨーロッパに行ってもそれほど感じるところに違いはありません。(厳密に言えばアメリカとカナダではかなり違いますが。)中国もその他多くの外国と大差ないように思えました。

が、日本って全然世界とは違うんです。全く違う感覚を受けます。説明が非常に難しいのですが。。
日本の周りには何かバリアがあってそれに守られているというか、他の国とは全く次元が違うというか、、日本みたいな国は他にはないというか。。。。

中国から帰国した時に感じた日本のみずみずしさは、忘れることができません。

折しも昨年あたりから、日本人特に縄文人の遺伝子は世界のどことも共通点がないというような研究結果が発表されています。中国人、韓国人など大陸の方々とはまるで違う遺伝子だということがわかってきたのだそうです。

NHK Eテレ サイエンスゼロでも放送されていました。



アジア人と言えども、日本人は彼らとは全くの別物。
このため、遺伝子から、日本人のルーツが全くわからなくなっているようです。

このような事から、日本こそ文明の発祥地などと言っている人もいます。
確かに、縄文時代は10000年以上も続き、火焔土器など今の技術を もってしても製作できないような素晴らしい土器を当時の縄文人たちは多く製作しています。

その真意は別にして、中韓やその他外国の人達は遺伝子からして日本は何か違うというような目に見えないところでの違いを本能的に感じていて、その違いを欲しているのではないのかな、とも思えてきてしまいます。
10000万年もの長い間、時代を繁栄させていた縄文人の遺伝子が導く世界を。

遺伝子のおかげであの方達はある程度仲良く、日本人は仲間はずれになっているのかもしれません。

遺伝子レベルでの話から考えると、今後も隣国と日本の状態に変化はないようにも思えます。

ではどうしたら良いのか。

他県から長野県に来た人が「長野県の人こそ長野県の良さをわかっていない」と仰っているのを多く聞くことがありますが、今の日本人も同じような状態かもしれません。

日本人こそが日本の良さを理解し、日本と世界の違いを感覚的に感じる事が出来るようになれば、物事が変化していくのかもしれません。

遺伝子に関しては、また次回に。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GOLD トレード記録 2017/5/14 | トップ | 5月14日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白い・・ (咲とその夫)
2017-05-14 21:07:21
 こんばんは!
 何と面白い話につい、つい引き込まれて読み切りました。
 実に面白く、へーそうだったのですか。
 なるほど。
 
 その話、また書き込んで下されば幸いです。
 面白かったです。
Re:面白い・ (長野のりんご)
2017-05-16 08:34:27
お返事が遅くなりました。
今回はあくまでも私の感じた事を書きました。でも、遺伝子のことは本当ですよ。また書いてみますね。
日本には知らない事がたくさん!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。