LOVE - GOLDEN APPLE

投資とフィギュアスケート、映画とドラマに政治、その他諸々。
自分の興味ある事を勝手に綴っているブログです。

長野県防災ヘリ墜落 痛恨の極み。

2017-03-07 12:34:18 | 社会
テレビを見ていたら、突然テロップに流れてきた今回の事故。
天気のいい日になぜまた、と思っていました。墜落事故といっても、たいしたこともないのではという希望的観測も持ってしまいました。

でも、その後のニュースで流れてきた画像を見ると、墜落したヘリコプターはひっくり返しになって原型をとどめていない形です。これでは生存は絶望的な状況に思えました。。
そして搭乗員は二人ぐらいかしら、と思っていたら、何と9人もの方が搭乗。そしてその全員の方が亡くなってしまわれました。まだ30代とか40代の若い人たちです。仕事も一番脂が乗っている時期だったのではないでしょうか。





救助する側が救助される側になってしまうとは。
まさに痛恨の極みでしょう。
今回、捜索にあたった消防隊員の皆様も、本当にやるせない気持ちと思います。

離陸してすぐに墜落というような憶測も飛び交っていますが、一体全体何が起きたのか。

隊員の一人の方がヘルメットにカメラをつけていたということで、離陸から墜落までが映されているということ。それらから墜落原因を調べるようです。

長野県では山岳救助が欠かせません。
夏山、冬山。
SANPO(コミックの主人公)のような人物を思い浮かべてしまいます。

今回のような事故が起きてしまうと山岳救助にも支障が起きてしまうのではないのか、とも危惧してしまいます。
長野県の山岳救助の体制も万全なものであり続けて欲しいと思います。

ご冥福をお祈りいたします。




『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月6日(月)のつぶやき | トップ | 3月7日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。