太陽が見てるから<初代>

プロレス話を中心に日々思う事を書き留めます。
現在は主に2代目(2013年4月20日から開設)で更新しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ネット・プロレス大賞2011」に投票しました!

2012-01-06 01:39:39 | プロレス
プロレスブログ界の中でも高名な「ブラックアイ2」さんが開催した「ネット・プロレス大賞2011」に投票しました!
過去、我がブログは2006年、2007年に投票を行ないましたが、ここ3年は忙しさにかまけて投票せず…。
ですが、2011年は意欲がわいてきましたので、4年ぶりの投票を行なったのです!

ひとまずコメント欄に個人選考を書き込みました。それでは、各賞の意見を記してみます。

☆MVP
1位 KENTA
2位 杉浦貴
3位 秋山準
ノアに偏っていますのは…基本、生観戦での印象から選んでみましたので、ノアの観戦数が多いからですね。秋山に関しては全日本での三冠奪取がでかい。過去から見てきた者として重大な出来事だといえました。
それでもノアで沈滞ムードを打破すべく動き、頂点まで近づくことで盛り上がりを起こしたKENTAの奮戦にMVPです!王座を守り続け、無冠に落ちても試合で凄さを見せ続けた杉浦の志にも唸らされました!

☆最優秀試合
1位 杉浦vs佐々木(ノア7・23大阪)
2位 杉浦vsKENTA(ノア11・13大阪)
3位 武藤&小橋vs飯塚&矢野(ALL TOGETHER8・27武道館)
基本、生観戦での印象から今回の対象を選んでいます。
小橋復帰戦の日に行なわれた杉浦vs健介は肉体が闘争心が”衝突”したといえる試合で、こういう試合こそ他の何でもない「プロレスの力」だと思う!
杉浦vsKENTAは10・10ディファ有明でも熱闘!生で観た大阪での試合は、短い試合時間の中に2人の闘争心と力と、ここに至るまでの感情が「リーグ戦」という星取り争いの中で火花となった試合。殺気が足りない現状プロレス界に楔を打った試合にも見えた!

☆最優秀タッグチーム
1位 バーナード&アンダーソン
2位 武藤&小橋
3位 飯塚&矢野
タッグチームと言われて印象強いのが今、ほとんどいない!そんな中でもチームを大事にしてタッグ王座を守り通して新日本&ノアを渡り歩いたバーナード&アンダーソンが”唯一”といっていいタッグチームではないでしょうか!?
2位と3位は「ALL TOGETHER」の影響ですね。あの試合はプロレスの基本ベースの”善vs悪”が表れた理想のタッグ戦だったと思います!

☆新人賞
棄権
パッと浮かぶのは橋本大地なんですが、まだ早いかなあという印象だったので、棄権と決めました…。

☆最優秀興行
1位 ゼロワン3・6両国
2位 ALLTOGETHER8・27武道館
3位 ノア11・27有明コロシアム
最初は「ALL TOGETHER」を1位にと思ったのですが、ゼロワン10周年の両国国技館の熱気を忘れずにいたい。「プロレス」と銘打たれた大会の客席で燃えて怒って涙した、多くの人達との一体感を忘れずにいたい。
ノア11・27有明Cは、KENTAを中心に線を紡いできたひとつの集大成的な熱気があった。2012年もそういう部分に期待したいです。

☆最優秀団体
1位 新日本
2位 ゼロワン
3位 SMASH
新日本は1回しか観戦してませんが、その1回である6・18大阪は大成功といえる大会!試合の白熱もあり、展開の決着や伏線もあり、興味を引き付ける能力に優れていることは、6・18大阪をみただけでも充分に感じました!
ゼロワンは4月以降観戦できなかったのが残念だったのですが、各地で震災チャリティー試合やフリーライブでプロレスの凄さ面白さを伝播しようとしている活動に、ただただ拍手ものです!お金を払うのはもちろん、イオン等でのフリーライブでもゼロワンの熱い試合を観たい!
で、1回も観戦していないSMASHがなんで?というと、ネット等での評判で面白そうに映ったのです。サムライTVで1度見たのですが気付けば寝る前まで画面を見てしまう程でした。ガイジン選手などに幻想を持たせるのが巧い。昨今のプロレス界が失いつつあったハッタリの効用というか…D・フィンレーはそんな期待に応えた強い男だった。色んな味で楽しめるSMASH。2012年は生で観たいと思いました。

☆最優秀マスメディア
1位 東京スポーツ
2位 テレビ朝日系「ワールドプロレスリング」
3位 週刊プロレス
甚だ平凡な選出というか…でもこの3大メディアが全盛期を思えば縮小しつつも粘り強くプロレスを報じてくれる。”世間との命綱”なんですよ!
東スポはプロレス面以外にもプロレス熱を報じてくれますからね。原監督がタイガーマスクと撮影したり、倖田來未のだんなさんが棚橋のファンとか、健康相談に大谷などの選手が出てたりとか…東スポはプロレスを広く伝えてくれますね。

…というわけで、これが個人的に選出したネットプロレス大賞です。意見は人それぞれですから、他の投票された方々の意見も楽しみですね。
2012年もなるべく生観戦を繰り返して、投票したくなるように、と思いました!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新日本プロレス21回目の”1・... | トップ | 1月9日(月・祝)の大スポプ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ネプチューンマン)
2012-01-10 00:22:31
ばーにんぐKさんが選んだらこうなる!・・・を全く裏切らなかった選出ですね(爆)
私も杉浦vs健介戦はベストバウトでした。もっと取り上げられるべき試合だったと思います。小橋の復帰戦より、いい意味で問題作ですよ(爆)
ノア主軸で観戦してましたから… (ばーにんぐK)
2012-01-11 00:13:08
>ネプチューンマン様
裏切ってやろうかという気持ちもありましたが…でも生観戦の興奮を忘れないように選出したつもりです。

この試合で改めて杉浦がノアを支えている男だと強く感じさせました。そして小橋復帰の日に燃え上がった健介の意気。この試合も2005年の小橋vs健介と同じく言葉不要の真っ向勝負でした。この再戦を8・27武道館の「ALL TOGETHER」でやってもいいと思えたほど、「プロレスの力」を感じました!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL