ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

~昔の風景と生き物の宝庫~ 沼代・里山の植物と野鳥観察会

2017-05-14 00:15:14 | ブリ里-農業コーナー



~昔の風景と生き物の宝庫~
沼代・里山の植物と野鳥観察会

主催;NPO法人小田原山盛の会 共催;サシバプロジェクト実行委員会

5月20日(土)
講師;田代道彌さん
現地レクチャー; 野鳥の会西湘ブロック頼ウメ子(サシバプロジェクトと沼代の生き物) 小田原山盛の会; 天野忠明 (竹の活用について)

一年中地下水が染み出る沼代は、今では貴重となった棚田の残る地域です。
トンボや水生生物の宝庫でもあり、かつては営巣していた猛禽類のサシバの復活を願って野鳥の会が棚田の再生を行い、山盛の会が里山で拡大中の竹林を整備しています。
昔懐かしい風景の中には辻々に石仏があり、雑木林やコナラ林からはいろいろな野鳥のさえずりが聞こえてきます。
奇跡的に残っていた里山の生き物は、どのような環境の中に住んでいるのでしょうか。
身近な自然を観察するとたくさんの発見があります。是非ご参加ください❢

【集合】小田原駅西口 早雲像前出発AM 8:20 (桜の馬場集合8:50)
【受講料】1500円(保険代・資料代含む) 
【持ち物】 筆記用具・お弁当・飲み物・敷物・軍手・雨具・折りたたみ傘

【当日の行程】
小田原駅西口早雲公像前、乗用車に分乗し8:20出発 ===沼代桜の馬場9:00出発・・・竹林整備地(天野)・・・・棚田再生地(野鳥の会)・・・・周辺棚田里山観察・・・六本松・・・・忍石・・・・コナラ林など・・・・桜の馬場15:30===小田原駅西口16:30頃(全行程7~8㎞。農道などの歩きやすい道が多いです。観察しながらゆっくり歩きます。)
※終了後、魚がしにて懇親会があります。費用3500円位。

【お申し込み・お問い合わせ】 住所・氏名・電話番号を明記の上、
小田原山盛の会事務局 川島まで。
携帯090-9349-7014
メールnorako.k@nifty.com  
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4回「森で遊ぼう!」大盛況... | トップ | 箱根山地のシカ問題を考える... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む