ブリキ星会場 展示会のご紹介

ブリキ星のスペースをお貸した展示会です。

幾一里 東京展 「祈りと遊び」

2010年02月27日 | 2010年

5年ぶりです。 おこしやす。

京都・壬生 幾一里 東京展

特集出品 「祈りと遊び」

展示即売

特集出品(紙雛、面型、民画、版木、石仏など)のほか、
木・鉄・土・布などの古民藝からジャンクまで多彩に品揃え・・・。

[日時]
4月16日(金)~18日(日)
11:00~18:30

[会場]
ギャラリーブリキ星
東京都杉並区西荻北5-9-11
(JR西荻窪駅から北銀座通を北へ約9分直進、西側)
会期中のTEL 03-5938-8106

[主催・問い合わせ先]
座辺の骨董 幾一里 いくいちり
〒604-8805
京都市中京区坊城通後院通下ル壬生馬場町19-1
TEL 075-811-8454

幾一里・東京展は2001年から2005年まで、年一回開催してまいりましたが、
その後はじっと我慢(?)しておりました。
今年、5年ぶりの開催になります。

出品の主たるテーマは「祈りと遊び」としていますが、
このほかにも民藝好きの幾一里の目で集めた、
木のもの、鉄のもの、土のもの(陶磁器)、布のもの等、
古民藝からジャンク、雑貨ものまで多数ご披露したいと思っています。

特集テーマの「祈りと遊び」は、小生の大好きなテーマです。
祈りでは、民間信仰の護符の版木、厨子、木彫仏、石仏等々、
遊びでは、かるた、お細工人形、紙雛、茶ノ木人形、浮世絵版木、
張子面木型、千代紙、民画等々、
味わい深く、心に迫ってくるものをとの思いで東奔西走集めてまいりました。

「祈り」は人々の願いと感謝の心でした
「遊び」は人々の和と明日への糧でした

いずれも今は流行らない時代遅れのもの(骨董)かもしれません。
でも古(いにしえ)の人々が、山の神、田の神に敬虔な祈りを捧げ、
子供の健やかな成長を願い、親から子へ引き継がれたもの等々、
現代に生きる我々にもその精神性は必ずや共感するものがあるかと思っています。
座右にそんなものを一つでも置いてみませんか・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幾一里○展示品○ 石仏(高さ14.2センチ)

2010年02月27日 | 2010年

こんなにシンプルで象徴的な石仏に
お目にかかったのは初めてである。
丸がお顔で長方形が胴体なのであろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幾一里○展示品○ 宝珠形桐材入れ物(高さ18.8センチ)

2010年02月27日 | 2010年

このデザイン力に感嘆。
グッドデザイン賞ものである。
用途は薬入れなのか、煙硝入れなのか・・・
不明である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幾一里○展示品○ 紙雛一対(男雛の高さ38センチ)

2010年02月27日 | 2010年

江戸前期のものと思われる。
衣裳の文は松に藤撫子。
雛人形には、立雛と衣裳雛があり、
立雛は紙製の衣が本儀で、
衣裳雛は坐姿が普通だそうである。

(参考文献/吉川観方編「日本の古人形」)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幾一里○展示品○ 牛若丸、弁慶張子面木型一対(牛若丸の高さ20センチ)

2010年02月27日 | 2010年

笑みを浮かべた牛若丸、いかつい顔の弁慶。
「京の五条の橋の上・・・」唱歌でもうたわれた名場面を
彷彿とさせる迫力ある面型である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加