お気に入り いろいろ

古いもの、新しいもの、気ままに…

合鹿椀

2017-07-13 10:56:27 | 古いもの


 

合鹿の豪快なイメージとは違って、一見平凡。しかし、手にすると楚々として味わい深い姿形が見えてきます。
力強い高台が魅力的です。
ロクロによる木地の仕上げは薄手で、手斧によるハツリ目を残しています。布着せや高台内の漆が省略されています。
内側の漆は茶褐色に変色しています。
柳田村発行(平成5年)の『合鹿椀』では、合鹿椀の流れを一期~八期に分類していますが、
それによると、この合鹿椀は後期~末期に当たります。
しかし、近年の研究では、この分類の大幅な見直しがすすめられて、時代判定が逆転しているとも聞いています。

 (口径 約13センチ、高さ8,5センチ、高台径7センチ)
  <売約済みになりました>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糸島出土の土器 | トップ | 宮本恒平の油絵 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。