お気に入り いろいろ

古いもの、新しいもの、気ままに…

室町時代の行器(ほかい)

2016-10-13 11:10:19 | 古いもの



引き込まれるような漆黒が魅力のオブジェ。とても大きいです。
これは、儀礼の際に食料を運ぶ道具であり、アイヌの人たちにとっては神にささげる酒を醸造し、ふるまう容器でした。
古い行器は、意外なほど残っていません。見かけるのは、江戸初~明治頃までの蒔絵で家紋などが描かれたものばかり。
写真の黒漆の行器は、室町時代にさかのぼるものです。
これと同手のものは、明治大正頃のアイヌのひとたちの写真・絵葉書でいくつか見ることができます。
アイヌの人たちにとって、漆器は一番の宝物。とりわけ行器が重要視されました。
そして、古い時代のものほど尊ばれました。
「蝦夷道中記」によれば、1801年トンベツ(十勝郡浦幌町)の長は鎌倉時代の行器を保有していたという記録があります。

 (径38センチ、高さ45センチ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 呉器茶碗 | トップ | アイヌの人たちと行器(ほかい) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。