お気に入り いろいろ

古いもの、新しいもの、気ままに…

呉器茶碗

2016-10-12 10:33:33 | 古いもの

  

地味ですが、手取りがよく、静かで品のある茶碗です。
日本の茶人の注文で、釜山で焼かれた御本茶碗のひとつで17世紀頃のものです。
見込みが深く、こんもりとして端正な姿形です。
口辺には、つまみ込みが二か所、釉薬は薄くかけられ、釉かけの際の指跡も、呉器茶碗の約束通りです。
ただ、典型的なタイプとくらべると、釉薬の発色がびわ色ではなく灰青色で、高台もややおとなしめです。
お茶の表舞台に登場することはなかったようですが、個人で楽しむには贅沢で使い勝手のよい茶碗です。
ニュウが数本あるだけで、保存状態は良好です。
江戸時代の元箱が付いていますが、箱書きはありません。

 (口径13,5センチ、高さ8,3~8,6センチ、高台径5,8センチ)
  <売約済みになりました>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桃山時代の小さな洋櫃 | トップ | 室町時代の行器(ほかい) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。